ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

野鳥観察会を開催しました。  

冬ですが、野鳥は賑やかでした。

昨日は、栗林公園(高松市)で野鳥観察会を開催しました。

残念ながら小鳥類は少なかったのですが、ミサゴ(魚食性のタカ類)をはじめ、
オオタカ幼鳥、ノスリなどが入れ替わり現れて、豪勢な観察会でした。
中でもノスリがミサゴを追いかけてたのですが、初めて見ました。
(ミサゴを追うノスリの写真は、守る会のホームページで紹介しています。なかなか出会わないシーンと思いますので、ぜひご覧ください。)

さて、園内で出会った野鳥をいくつか紹介したいと思います。

栗林公園内では、あちこちでマガモがいます。冬鳥。
一年中いるのは家禽化されたアイガモか、アイガモとの雑種です。栗林公園にも少しアイガモがいます。
ここでは年によって、ヨシガモやオシドリが混じる時があります。
写真では、奥に雌がいます。
マガモ201401

人が少ない芝生でいることが多く、見過ごしがちなのがビンズイ。セキレイの仲間で、スマートな体形です。
香川県では冬鳥で、四国では剣山などで繁殖します。シックな色合いがお気に入り。
ビンズイ201401

山近くの水場では、キセキレイが出現。一年中いる留鳥ですが、普通は山間部の渓流に多く、冬に平地に降りてきます。
この個体は、皆が観察しているところに、どんどん近寄ってくるサービスぶりでした。
キセキレイ201401

栗林公園での観察会は、観光客の方々も「何だろう」と食いついてくれるのが楽しいところ。
本日も多くの方に、ミサゴをご覧いただけました。
皆さんが野鳥(と言うか身近な自然)に興味を持っていただけると嬉しいのですが。




関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:日々のこと

thread: 今日の出来事 - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/326-fef2706d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム