ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

今週のまとめ  

 昨日はまだヒバリがさえずっていましたが、モズの高鳴きも賑やかでした。春と秋が同居したひととき。
 しかしこういう時期は、あっという間に過ぎてしまう。
 本日は雨。明日から、また寒さが進むでしょう。
 そうそう、自宅近くの池に、オオバンが若鳥2羽つれて滞在中。いつまでいてくれるのかな。

 今週は、昼が仕事でつぶれることが多く、なかなか読書の時間がとれませんでした。しかも「放浪の天才数学者 エルデシュ」が淡々として、いや興味深くはあるけれど、実際疲れる読書でした。でも分厚い読書を経て、最後、エルデシュなきあとに皆が偲ぶシーンには感動するものがありました。

 「強い者は生き残れない」は二度目の読書。前回は流し読みだったので、今回はメモを取りました。進化論は面白いけど難しい。ゲーム理論を丁寧に勉強したいものですが、なかなか歯が立ちません。また実際にいろいろ調査したいけれども、その時間は本当にない。残念。
 「南極越冬記」は、ぜひお勧めしたいと思い、再読。これからの時期にぴったりです。


その他
・「生命と記憶のパラドクス 福岡ハカセ、66の小さな発見
・「生協の白石さん 学びと成長
・「世界でもっとも美しい10の物理方程式

----------------------------------------------------------------------
今週のSong 山下達郎「潮騒」
----------------------------------------------------------------------
視聴
※リンク先はYOUTUBEです。

いつの間かクリスマスの人になってしまいましたが、僕の若い頃、達郎といえば夏だった気がします。
この唄は、過ぎ行く夏を感じさせる名曲。
山下達郎も崎谷健次郎も、ポップ・センスが良すぎて、ちょっと時代が早すぎたな。
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:今週のまとめ

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/32-c7cdf931
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム