ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

今週のまとめ(先週のまとめ)  

再びの三連休でした。皆様いかがお過ごしでしょうか。
僕はあれをやろう、これをやろうと思っていましたが、
なかなか捗りませんでした。

とりあえず、気になっていた家の片づけは、少しだけやりました。

不要と思われる箱とか服とかを、どんどん処分しました。
断捨離とまではいきませんが、少なくとも不要なものをずっと持っておくというのは、
やはり経済的にも精神的にも良い状態とは思えません。
寒くなったら動きたくなくなるので、ここ2カ月が片付けの勝負と思っています。

さて、合間を見て少し家の周辺を散策しました。
シオカラトンボの雌に遭遇。よく見ると、羽根がボロボロでした。
シオカラトンボ 雌
頑張って生きてきたんだな、と実感。
でも最近、越冬のために自宅周辺にかなりの数のモズが渡来して来ています。じきにその餌になるのかもしれません。
残酷なようですが、現在いるモズも、今年生まれた幼鳥がほとんど。
いい縄張りと十分なエサがなければ、冬を越すことはできません。

夏に繁殖した昆虫が疲れ、死んでいく時期に、
越冬のための野鳥が増加する。
当たり前とはいえ、生き物は日本の四季をうまく利用しているなあと思います。

こちらは3羽いたトビの幼鳥のうち1羽。分散時期なのかもしれません。
鳴き交わしながら飛び回っていたら、ハシブトガラスに怒られてた。こっちも頑張れ。
若いトビ

■今週のBOOKS
非常に身近な物質、炭素。それがどれほど人間に役立っているのか、
とても具体的に教えてくれます。
炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす (新潮選書)

荒俣氏の好奇心は、すごい。
各ジャンルの第一人者も、すごい。
すごい人のすごい話

よくみかけるダンゴムシ。
その全てがここにあります。変な生き物好きにはお勧めです。
ダンゴムシの本 まるまる一冊だんごむしガイド ~探し方、飼い方、生態まで

■今週のMUSIC
僕はビートルズより、ビーチボーイズが好きな人間なのです。
最初期のもいいですが、高校の頃見つけたアルバムが、
「ザ・ビーチ・ボーイズ '85」 (The Beach Boys)。
ビーチボーイズ特有の美しいハーモニーが楽しめる一枚です。
お勧めは、She Believes in Love Again 。
ブライアン・ウィルソンではないですが、切ないラブソングです。


ついでにもう1枚。
大学の頃、ウィンダム・ヒル・レコード(Windham Hill Records)が流行りましたが、
その陰でひっそりあったレーベル、ナラダ・プロダクション(Narada Productions)。

そのコンピレーション・アルバムとして、「NARADA Acoustic」がありました。
その中でも、一際リリカルな音色だったのが、David LanzのNocturne。
秋から冬の夜に、ぴったりの一曲です。
>


関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:今週のまとめ

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/271-e9a7ac30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム