ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

BIRDER (バーダー) 2013年 10月号 キュートなカラ類  

BIRDER (バーダー) 2013年 10月号 キュートなカラ類



初めて野鳥を見るためだけに行動したのは、大学1年生の時だった。

まだ経験者にも出会ったこともなく、ただ1冊の図鑑を手に、
歩きなれた坂出市笠山へ登った。双眼鏡も持っていなかったと思う。
笠山は100mあまりだが、香川に多いおむすび山で、北から見るときれいな三角形をしている。
よく人が歩く割に、登山道はさほど整備されていなくて(木道などはなくて)、
山を歩いているという感覚が楽しい。
東斜面から登ると、すぐなだらかな丘にでる。
そこには鉄塔があり、下が少し裸地になって開けている。

そこで、エナガに出会った。

エナガはものすごく小さなカラ類で、体のみだと成人男性の親指くらい。
そこに長い尾が付いた、とてもキュートな鳥だ。
それが10羽くらい、視線と同じ高さの灌木に降りて、しばらく目の前で採餌していた。

肉眼でもエナガとわかったが、その小ささと、こんな鳥が生きていることに驚いた。

それまでにも、エナガという野鳥の存在は図鑑で知っていた。
しかしそれが自分の身近に生息しているということは、全く結びついていなかった。
この世界には知らない生き物がたくさんいる。野鳥なら、自分でそれを見つけていけるんじゃないか。そう思ったことが、野鳥の世界に入っていくきっかけの一つだった。

本号では、そのエナガを初め、カラ類を特集している。
主なカラ類は一年中日本国内で生息し、街中でも出会えることができるから、
野鳥に軽く興味がある方は、ぜひカラ類だけでも知ることをお勧めする。
日常の楽しさが増すこと間違いなしである。
また特集では混群など、カラ類ではお馴染みの生態も説明されている。初心者の方でも楽しめるだろう。

さて、本号では他に、
埼玉県で出たズアオホオジロの記録がある。貴重な記録である。
それにしても毎号毎号、どこかしらで何かが良く出るものだ。
というよりも、鳥屋が増えたこと、デジタルカメラで記録が容易ななったこと、携帯で情報が飛び交うようになったから、見つけられやすくなったのだろう。他にも埋もれた記録はたくさんあるのだろう。
きちんと記録化されれば、日本の野鳥分布の知見はずいぶん進むと思う。

また面白かったのは、千葉県で部分白化らしい「白いエナガ」が複数繁殖しているらしいこと。
こういう個体変化がどのように蓄積されるのか、継続して見てみたいものである。

お馴染み・期待のYoung Gunsの野鳥ラボは、
ショウドウツバメと、最近別種扱いされだしたウスショウドウツバメの識別。
香川県では役立つシチュエーションは少なそうだが、細かい識別点が整理されており、
今後にかなり有用と思う。資料としてはこれだけでも買いと思った。

【目次】
特集 キュートなカラ類 この秋、彼らと出会えば「ほっこり、ほのぼの」
・BIRDER GRAPHICS[読者が撮影したキュートなカラ類たち] 写真・文●読者の皆さん 寸評●植田睦之、志賀 眞、中村忠昌、BIRDER
・カラ類はなぜ“カワイイ”のか?  文●秋山幸也 写真●堀本 徹
・カラ類(シジュウカラ科+α)のプロフィール集 文●大西敏一
写真●井上大介、江口欣照、大西敏一、大橋弘一、國友靖彦、神戸宇孝、谷 英雄、戸塚 学、西村光真、西村美咲、野村 明、福丸政一、本若博次、山田芳文、吉田 巧、BIRDER
・オールシーズン「美声」が楽しめる鳥たち カラ類の声を聞き分けよう!  文・写真●松田道生
・カラ類の混群観察  文・写真●石塚 徹
・猛禽類やヘビの襲撃から身を守るカラ類たちの「防衛戦略」  文●植田睦之
・千葉県北西部に出現する「白いエナガ」の謎  文●柴田佳秀
・世界カラ類化計画〜“普通”の姿形に隠された真相〜  文・写真●川上和人
・樹幹を歩く鳥、キバシリとゴジュウカラの歩きかたの違いとは?  文●藤田祐樹
・なぜ、こんなところに?! 街なかにある風変わりなシジュウカラの巣  文●柴田佳秀
・東京の街なかでエナガを追う  文・写真●川内 博
・カラ類と「四季」を一緒に撮ろう! ベストシーンをモノにするための撮影術  文・写真●中野泰敬
・特集別体 ヤマガラの芸はいまどこに?  文・図●小山幸子

ENJOY BIRDING
・Field Report[秘密のフィールド] イラスト●水谷高英
・Young Gunsの野鳥ラボ[ショウドウツバメとウスショウドウツバメ] 構成●Young Guns
・鳥の形態学ノート[オオコノハズク足] 文・イラスト●川口 敏
・私のケッサク!“鳥”写真  写真●読者の皆さん 選評●叶内拓哉
・Bird Tracking[ハクセキレイ(雛)] イラスト●赤勘兵衛
・ぶらり・鳥見 散歩道[晩秋の多摩川中流域をのんびり歩く(東京都多摩市)] 文・写真●♪鳥くん
・野鳥圖譜[ヤマガラ] 画・文●佐野裕彦
・どこでもバードウォッチング[緑の多い公園] 文・写真・イラスト●神戸宇孝
・伝説の翼[文魚(Bunyougyo)] 画●長島 充 文●斉藤ヒロコ
・唐沢流・自然観察の愉しみ方[夜の奄美、アマミノクロウサギに出会う] 文・写真●唐沢孝一

BIRDER NEWS
ヤンバルクイナたちの今!
文・写真●戸塚 学 取材協力●NPO法人 どうぶつたちの病院 沖縄
埼玉県志木市で観察された本土初のズアオホオジロ
文●BIRDER 写真●森 秀一 考察●五百沢日丸

関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 野鳥

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/266-907c91ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/16 09:04)

多摩市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント | 2013/09/16 09:05

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム