ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

BIRDER (バーダー) 2013年 09月号 極める!! ハイタカ属  

BIRDER (バーダー) 2013年 09月号 極める!! ハイタカ属



秋、ワシタカ類の渡りの時期である。
また冬も近づいてくるため、鳥屋としては上空のワシタカ類が気になるところである。

そこで問題となるのが、迷いがちなハイタカ類。
香川県だとツミはめったに見ないので(私見)、オオタカかハイタカかということになり、かなり楽になる。
しかし全国的にはツミを含めて識別は難儀であり、BIRDER誌でも時折り識別記事が掲載される。

近年では、「ハイタカ属を見極めよう!」という3回連載があった。
・2009年 8月号 1 ハイタカの齢の識別
・2009年 9月号 2 ハイタカとオオタカの識別 
・2009年10月号 3 ハイタカとツミの識別
僕としては、結構これが有用だったのだが、
3年を経て今月号の特集も「極める!! ハイタカ属」である。

今回の特集としては、様々な種の特徴について、それを確認できれば例えばオオタカであると「○%」の確率をもって言えるか、といういわば信頼度の目安を導入しているところ。
とはいえ、60%と50%の違いは何かというと難しいわけで、
まあ一般的に、先達がどのくらい重視している特徴か、という意味で受け止めるべきかと思う。
そう考えると、図鑑に羅列された特徴の識別における軽重がわかるので、有用である。

ただ識別図鑑的なページは少ないので、この一冊でもちろん極められるものではない。
興味がある方は、前記の連載も参考にされたい。

さて、注目のYoung Gunsの野鳥ラボは「タカの換羽を読み取る」。
取り上げられた種はオオタカ成鳥、チュウヒ雄成鳥である。
雌雄による換羽の違い、また子育てによる換羽への影響など、野鳥を見る際にいい着眼点となりそうなテーマが紹介されている。

なお囲み記事として、緊張するオオタカとリラックスするオオタカそれぞれの写真を掲載し、
観察・撮影圧をかけないよう呼びかけている。同感である。
度を超えた観察・撮影圧はいかなる野鳥にもかける必要はないと思うが、
特にワシタカ類の場合、発見した「一個体」が長い間注目されやすい。
同じエリアで生息する個体であれば、生息シーズンを通して観察・撮影者が入れ替わり訪れることもある。
「皆も見ているから自分だけ我慢しても同じ」ではなく、
「皆も見ているからせめて自分だけは我慢しよう」と考えた行動を心がけていただきたい。
野鳥がいなくなればそれまでである。
(そう言うと、「いなくなるまでに撮っておけ」という人がいる。つまらない思考回路である。)



【目次】
特集 極める!! ハイタカ属
キャッチ:飛んでいるオオタカ、ハイタカ、ツミの違い、わかりますか?
解説:大きさや体の形、色などから、どこまで種を特定できるのか? といった「識別術」を中心に、詳しい観察地情報や、謎に満ちたハイタカ属の渡りルートの話なども紹介する。

・ひと目でわかる、ハイタカ属の大きさ比べ  構成●BIRDER
・ハイタカ属の識別〜初級・中級編〜[脱!初心者、ハイタカ属の識別に挑戦] 文・写真●伊関文隆
・ハイタカ属の識別〜上級編〜[ハイタカの個体変異を観察しよう] 文・写真●山形則男
・ハイタカ属とは、どんなタカたちなのか?  文・写真●若杉 稔
・完全ガイド 白樺峠、伊良湖岬、龍飛崎[3大「聖地」でハイタカ属の渡りを満喫しよう!]
・白樺峠〜「識別の基本」はここでマスターしよう!!  文・写真●久野公啓
・伊良湖岬〜ハイタカ属と小鳥の渡りが同時に楽しめる  文・写真●戸塚 学
・龍飛崎〜広い視界で、海を渡るタカをしっかりとキャッチできる!  文・写真●吉岡俊朗
・オオタカが推進した野鳥と生息地の保護  文●金井 裕
・エルニーニョ現象がアカハラダカを減少させる?  文●馬田勝義
・羽毛からハイタカ属の識別に挑戦!  文・写真●藤井 幹
・〈特集別体〉まだまだある! 特選ハイタカ属観察地ガイド  文・写真●川口 誠、古田慎一、本若博次

ENJOY BIRDING
・BIRDER Graphics[アオサギの子育て〜北の大地でとらえた知られざる姿〜]文・写真●内海千樫
・Field Report[カッコウが鳴く我が家]イラスト●水谷高英
・Young Gunsの野鳥ラボ[タカの換羽を読み取る]構成●Young Guns
・鳥の形態学ノート[オオコノハズク羽]文・イラスト●川口 敏
・私のケッサク!“鳥”写真[第14回募集 入賞作品] 写真●読者の皆さん 選評●叶内拓哉
・Bird Tracking[スズメ(雛)] イラスト●赤勘兵衛
・ぶらり・鳥見 散歩道[海を渡るノスリが間近で見られる島(三重県神島)] 文・写真●♪鳥くん
・野鳥圖譜[アナドリ] 画・文●佐野裕彦
・どこでもバードウォッチング[石の多い河原] 文・写真・イラスト●神戸宇孝
・伝説の翼[タカ(Hawk)] 画●長島 充 文●斉藤ヒロコ
・唐沢流・自然観察の愉しみ方[すばらしい奄美の海、森、そして固有種] 文・写真●唐沢孝一

BIRDER NEWS
・バンガード「エンデバー HD 65S」インプレッション  文・写真●神戸宇孝
・野鳥を身近に感じる! 根室のハイドは、ここが違う  文・写真●♪鳥くん 協力●根室市観光協会
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 野鳥

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/257-fe45d507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム