ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

土のコレクション  

土のコレクション
栗田 宏一



子どもの自由研究の付き合いで、児童書コーナーを歩いたら、かなり面白そうな本があって驚いた。
本書もその一つ。

土、である。何気なく足元に踏みつけている土。

これを全国津々浦々・各地で集めて、
パウダー状の細かい粒子のみにする(乾燥させて細かいアミでふるうだけ)。

それがこれほど魅力的なコレクションになるとは!
これは実際に見てもらうほうが良いと思う。
ぜひGoogleで「栗田宏一」(著者)の画像検索結果を見ていただきたい。


見慣れた土であっても、実は全国各地で全く異なる。それを簡単に実感できるのが色だが、
こうしてみるといわゆる茶色だけでなく、
ピンク、オレンジ、緑、白、黄、青、そしてそれぞれの中間色と、
その多彩さに驚かされる。

旅行とか、各地に行く機会が多いナチュラリストは、この楽しみを知っておく良いかもしれない。

本書では、著者が全国で集めた土が地図上にプロットされている。
自分の住んでいる都道府県での採集結果を見ながら、
著者が紹介していない地域の土に思いを馳せるのも楽しい。

僕の住んでいる香川県でも、いくつか紹介されている。
けれどもすぐに、赤土のところ、白っぽい土のところを思いつく。
ぜひ拾いに行きたいと思った次第である。

いや、たぶんやるよ、これ。ホントにおもしろそうだもん。

【目次】
土集めにいこう!
全国の土を見てみよう
めずらしい色の土
土のコレクションをつくろう
紙をそめよう!
絵の具をつくろう!
土は自然の芸術家
土から学ぼう
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 地学

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/256-795bb965
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム