ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

クビナガリュウ発見!―伝説のサラリーマン化石ハンターが伝授する化石採集のコツ  

クビナガリュウ発見!―伝説のサラリーマン化石ハンターが伝授する化石採集のコツ
宇都宮 聡




日本の恐竜図鑑:じつは恐竜王国日本列島」(レビューはこちら)、「日本の絶滅古生物図鑑」(レビューはこちら)の著者の一人である、化石ハンターの宇都宮聡氏による化石発見記。
これらの2冊に挿入されている発見記に心がときめいた方には、強くお勧めである。

本書はより個人的な内容となっており、
宇都宮氏がいかにして化石に出会い、各地の化石を探したか、
そして九州初のクビナガリュウの化石をいかに発見し、どのような経緯で発表したか等が綴られている。

恐竜等の生態を知りたいという人には向かないが、
化石発掘という行為に興味がある方には、またとないバイブルになるのではないだろうか。
本書を読むと、化石を探しに行きたくなること間違いなしである。

それにしても、宇都宮氏とは3歳違いで、
香川県の五色台が最初のフィールドとのこと。
同世代・同場所で過ごした人間として、氏の化石発掘史は羨ましい限りである。

香川県の化石がこれほど魅力的だとは知らなかった。
僕も化石を見つけたいところだが、
既に出遅れること20年。
すでに産出のピークも過ぎており、宇都宮氏のような感動を得ることはなかなか難しいだろう。

それでも、本書はまだワクワクする気持ちを伝えてくれる。
僕の子供にもいつか読ませて、おそらく出ないにせよ、一緒に化石を探しに行きたいと思った。



【目次】
化石の虜になる―徳島県上勝町
化石の師匠に出会う―香川県さぬき市多和兼割
海に潜ってアンモナイト採集―兵庫県西淡町(淡路島南部)
化石修行の学生時代
なんと四国最古のサメの歯化石だった!―愛媛県西予市魚成田穂上組
実はめずらしいアンモナイトが採れる場所―愛媛県宇和島市保手
念願のニッポニテス!―北海道芦別市幌子芦別川
日本最大級のアンモナイトだ!―北海道夕張市白金沢
西日本最古の新種サンゴ化石発見―宮崎県五ヶ瀬町鞍岡~祇園山
サンゴ化石に自分の名前がついた!―宮崎県五ヶ瀬町鞍岡~祇園山
クビナガリュウ見つけた!!―鹿児島県長島町(旧東町)獅子島幣串
クビナガリュウの基礎知識



関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 恐竜

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 3   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/245-ac0f2639
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/10 08:43)

夕張市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント | 2013/09/10 08:43

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/10 08:51)

さぬき市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント | 2013/09/10 08:51

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/10 08:52)

宇和島市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント | 2013/09/10 08:52

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム