ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

今週のまとめ(先週のまとめ)  

本日は五色台とか中讃を走り回りました。
かねてから行ってみたかった国分寺東奥の凝灰角礫岩の白い崖と、
まんのう町木戸の馬蹄石(カキの化石)です。

あいにくの曇りで「白い」崖の写真にはなりませんでしたが、
見事な凝灰岩。
白い崖 遠景
香川にもこんなところがあったんですね。

堆積した層が水で削れて、
さながら香川県のThe Wave。おおげさか。
白い崖 近景


ここでは0.5mm程度のガーネットの小粒も出るそうですが、
残念ながら見つけ出すことはできませんでした。

一方は、旧琴南町の土器川にある馬蹄石。
看板も出ていてわかりやすいです。
馬蹄石看板

香川県指定の自然記念物ですから、削り取るとかはできません。
馬蹄石 刻
近づいてみると、刻印のようになっているもののほか、化石だなと実感するようなものもありました。
馬蹄石
すぐ近くで見られますので、通りがかりに一見の価値はあるでしょう。


さて、本です。
粘菌は、いつか自分で見つけたい生き物の一つです。
森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん」にあるようなメタリックなのに出会えれば最高ですね。

辞書を編む」は、辞書作成の裏側がわかる楽しい一冊。
古い辞書は思い切って処分して、新しい辞書を購入しようと思います。

重要な問題提起がなされているのは「未盗掘古墳と天皇陵古墳」。
日本の考古学界はこれからどういう方向に行くのか。
「未知のもの」に挑む体制が構築されるのか、事なかれ主義に陥ってしまうのか。
様々な分野に共通の問題が、ここにもありました。


森のふしぎな生きもの 変形菌ずかん

BIRDER (バーダー) 2013年 08月号 高山・高原で涼感バードウォッチング/真夏の天使 アジサシ類を見に行こう!

未盗掘古墳と天皇陵古墳

辞書を編む

国境なき医師が行く (岩波ジュニア新書)

関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:今週のまとめ

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/241-db8ae234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム