ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

地球全史の歩き方  

地球全史の歩き方
白尾 元理


最近よく進化史の本を読む。
様々な進化史上の事件があるが、まずは酸素を大量に放出したシアノバクテリアの話は欠かせない。
このシアノバクテリアの骸が集積したのがストロマトライトだが、現在はオーストラリアのハメリンプールのものが有名だ。写真もよく掲載されている。

しかし、その周囲はどんな環境なのか。人跡未踏の地なのか、人が近くに住んでいるのか。
交通の便はどうなのか。
そういう現実的な情報は眼にしたことが無かった。
これでは具体的な位置も、環境も、交通手段もわからない地点なんて、極言すれば月面と同じである。

さて、僕は知らなかったのだが、著者は地球における地質学上の重要な地域を訪れ、そこを撮影した「地球全史――写真が語る46億年の奇跡」という写真・解説集を出している。


この舞台裏ともいうべき、それぞれの地点への旅行記でありガイドブックが、本書である。

とにかく辺鄙な場所が多くて、トラブルも多い。その一方、美しい地質構造の写真も多数収録され、手ごろなパードカバーである本書は、旅行記としても楽しい一冊である。

実際に現地にいけるのか。ガイドツアーは実施されるのか。天候は大丈夫か。高山病はどうか。
時には徒歩で、時にはラクダで、筆者は最果ての地を巡る。

本書のおかげで、こうした場所が「行ける場所」(難易度はかなり高いが)ということがわかった。
また、個人的にはバージェス頁岩の産地であるステファン山化石産地と、
始祖鳥の発見地であるゾルンホーフェン採石場の様子が見られたのは嬉しかった。


【目次】
1 太古の海をめぐる
2 カンブリア大爆発をハイキング
3 エディアカラの園と地質の宝庫
4 エベレスト街道を歩く
5 砂漠で古代クジラを探す
6 雨のアファー三角帯をゆく
7 巨大クレーターと星空
8 露頭をめぐってヨーロッパ縦断
9 地質学の歴史が刻まれた大地
10 火山と氷河とスノーボールアース
11 世界遺産になった地質構造
12 さあ、地球の歴史を見に行こう
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 地学

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/182-5e6e1b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム