ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

私説 ミジンコ大全  

私説 ミジンコ大全
坂田 明

私説 ミジンコ大全私説 ミジンコ大全
(2013/01/17)
坂田 明

商品詳細を見る



ミュージシャンの坂田明氏がミジンコを好きなことは聞いていたが、
その氏による、ミジンコ本である。

最初の「ミジンコ入門」は、「ミジンコ道楽」(1997)を底本として、
改稿したもの。
坂田氏独特の語り口でミジンコに対する愛が語られ、なかなか楽しめる。

「ミジンコ」図鑑では、坂田氏が撮影した各種ミジンコの写真が掲載される。
掲載種は以下のとおり。
こんなマニアックな生物の写真は、他で見るのはなかなか苦労しそうである。
カブトミジンコ
ミジンコ
タイリクミジンコ
エゾハリナガミジンコ
オオミジンコ
オカメミジンコ
ニセネコミジンコ
スカシタマミジンコ
オナガミジンコ
ナガマルミジンコ
カブトエビ
ホウネンエビ
ミスジヒメカイエビ
ケンミジンコの仲間
ヤマヒゲナガミジンコ
ヒゲナガミジンコの仲間
ソコミジンコ
ヒョウガソコミジンコ
カイミジンコ

以下の章は対談だが、ちょっと坂田氏が聞き手にまわりすぎており、
新しい知見はいくつか知ることができるものの、第1章のような楽しさには欠ける。

なお、本書には坂田明のCD「海」が同梱されている。
収録曲は8曲。

これでこのお値段。坂田明ファンであれば、お買い得な一冊である。


【目次】
ミジンコ入門
ミジンコ図鑑
ミジンコと地球環境(対談:花里孝幸)
ミジンコ研究、今昔(対談:遠部卓)
ミジンコのDNA(対談:山形秀夫)
あとがき

【メモ】
p18
浮遊生物:プランクトン
遊泳生物:ネクトン
底生生物:ベントス

p110
海外の論文で、湖沼地帯の丘の上にプランクトンネットをしかけ、
それを水につけたらミジンコが出てきたというものがある。
ミジンコの休眠卵(耐久卵)は、乾燥して土埃と一緒に飛んでいるものがあるらしい。

p112
ゾウミジンコ:35年前の地層から出た耐久卵が孵化した事例がある
ケンミジンコ:400年前(ネイチャーか何かに載っていた)

ベルギーの研究者:
湖底の泥を柱上に抽出、10cm単位でミジンコの耐久卵を孵化、
20cmと30cmで性質に違い、遺伝子変異が起きている

p132
マガキの幼生:生後2週間はプランクトン生活、その後付着するが、
競争相手にフジツボの幼生がある
フジツボが先につくと、マガキはつけない
よって毎日プランクトンネットを引き、
カキの幼生が増えてフジツボが減った時に採苗した(実習)

p142
海産のミジンコの種数が少ない
そもそも海産のミジンコは、陸のミジンコが二次的に海に戻ったもの

また、ミジンコは通常単為生殖(生存に厳しい状況だと両性生殖)なので、
遺伝子変異の機会が海では少なく(干上がるとかの環境変化がないため?)、
種分化が進んでいないのではないか

p155
船舶のバラスト水でミジンコが運ばれる可能性がある

一方、ウスカワミジンコが北海に進出して定着した事例があるが、
これは温暖化の影響で表面水温が上昇したため、
通常は熱帯や温帯に分布する種が進出できたのではないか

p176
人間のヘモグロビン:
酸素分子1個を結合するポリペプチド(アミノ酸が連結されて生じる物質)が4本集まった構造

ミジンコのヘモグロビン:
酸素分子1個を結合するポリペプチドが直列に2本つながったポリペプチドが、さらに
12本や16本集まった構造。

→人間の6~8倍の酸素分子を、タンパク質1個あたり結合できる。

関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 甲殻類

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/156-f6b7b1ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム