ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

書店員が本当に売りたかった本  

書店員が本当に売りたかった本
ジュンク堂書店新宿店

書店員が本当に売りたかった本書店員が本当に売りたかった本
(2012/07/11)
ジュンク堂書店新宿店

商品詳細を見る


ジュンク堂書店新宿店が閉店するに伴い開催されたフェアにおいて、
店内に掲げられた本のPOPを集めた本。

また、新宿店閉店記録でもあり、こうした本が成立することじたい驚きである。

それだけたぶん親しまれた書店なのだろうが、
そもそもこのような大規模チェーン型書店の進出によって、
多くの「町の本屋」が記録にも残らずに消滅している。

僕は、そういう大規模店の進出によって閉店した書店を間近で見ているし、
また、現実に父が経営していた本屋も消滅した。
(その後祖父が古本屋として再開した。)

そりゃ「愛着のある書店」が消えるのは悲しいが、
閉店した理由はテナントビルの都合によるものだし、
ちょっとセンチメンタルに騒ぎすぎではないかな、と感じるのはひがみである。

さて、POP。
誰かの書評や感想を知るのは、本選びの手段のひとつとして有益である。
けれど、
これが踊りまくっている本屋は何だか雑貨屋のようであり、
僕は節操がないように感じる。

本書では、閉店フェアとして「売りたい本」を紹介している。
ざーっと見て、本選びの参考にすることもできるだろう。
そういう目論見で僕も読んだのだが、
残念ながら読みたいな、と思ったものはなかった。
これは多分に、僕の対象カテゴリと合わなかっただけである。
だって生物科学はないんだもの。

下記に目次を引用しておくので、こういうジャンルが好きな人は
参考にされたい。

【目次】
第1章 ありがとう
 ―新宿店スタッフが感謝をこめてお客様におススメしたい一冊
 売り場担当より “ありがとう"がいっぱいです。(文芸書担当・村尾啓子)
第2章 本音を言えば、この芸術書が売りたかった!!
 売り場担当より 本音を言えばこの本を売りたかった!!(芸術書担当・松岡千恵)
第3章 わたしたち、本にはいつも片想い? ―書物に対する欲望と快楽、その時代的考察
 売り場担当より 最後のラブレター(児童書担当・兼森理恵)
第4章 さようなら新宿 ―社会科学担当者が本当に売りたかった本 
 売り場担当より 20年目にして分かった手描きポップの大変さ(社会科学書担当・伊藤美保子)
第5章 2012年3月31日 ―その日を忘れない
巻末特集 すべてのお客様に、ありがとう(新宿店元店員さん座談会)
あとがきにかえて(旧新宿店店長・毛利聡)
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: その他

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/153-15534bd7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム