FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

偽のアイデンティティーを、否定せよ。「椿井文書―日本最大級の偽文書 (中公新書 (2584))」  

椿井文書―日本最大級の偽文書 (中公新書 (2584)
馬部 隆弘



偽書、というのは厄介である。

いかに胡散臭い内容であろうと、それを求める者にとっては真実になる。
そして、その内容が流布されると、あたかもそれが真実のように思われてくる。
そうすると、その(偽書を元にした)噂を聞いたものが、逆にその偽書に出会い、
「やはり真実だったのだ」というスパイラルに陥ってしまう。

一度流布してしまった偽書を否定するのは非常に労力を要し、
その事例の一つが「偽書「東日流外三郡誌」事件 (新人物文庫 さ 1-1)」(レビューはこちら)である。

「東日流外三郡誌」は、まあ雑誌「ムー」でも昔からお馴染みだったので、
或る意味その胡散臭さは折り紙付きであった。

だが、本書が指摘する「椿井文書」は、違う。

主に、ある地域-村々の争いを有利に進めるために作成されたのだが、
昨今の町起こし、郷土史ブームを背景に、
いつしかその地域の歴史を丸ごと作り変えてしまったのだ。

「椿井文書」とは、現在の京都府木津川市山城町椿井で生まれた椿井政隆が、
江戸時代後期に作成した古文書類だ。

その特徴は、「歴史上、どちらか分からない事実」について、
一方に肩入れする偽の文書を作成し、しかも、その複数の偽文書を有機的に作成する点にある。

これにより、その側の人間は有利な立場に立つ事ができる。

本来は、こうした争訟を有利に進める意図で(おそらくは依頼を受け)作成していたのだが、
これらの偽書が各家や神社に遺されると、後代の人間はそれが事実と思ってしまう。

実際に文書を精査すると、
・改元の直前の年月日が記載されている
・正式な文書の様式に則っていない
などの特徴があるのだが、一度市町や(専門外の)研究者に認識されてしまうと、
否定することは難しくなってしまう。

本書は、郷土史を研究する立場からこの椿井文書に出会い、
それが事実として流布されている現状を打破すべく、
地道に、着実に積み上げた精査の結果を纏め上げたものだ。

なかなかに専門的な箇所、また事実の列記のような場所もあり、
それなりの知識がないと全てを読みこなすのは難しいだろう。

だが一方で、それだけの内容を新書で刊行したという事実は、
この「椿井文書」の問題を、出来るだけ一般化しようという著者の気持ちの表れでもあるだろう。

椿井文書で得た誇りを、否定することは難しい。
だが、本書が刊行されたこの時点で方向修正しなければ、
その地域、家、神社の真実の歴史は、二度と誰も研究しないだろう。

椿井文書という偽書による輝かしいアイデンティティーか、
それを失くした地味なアイデンティティーか。

当事者にとっては難しい問題だろうが、
素直に考えて後者が正しいのは、言うまでもない。

関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歴史

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/1209-05cb5133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

ジャンルランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム