ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話  

博士と狂人―世界最高の辞書OEDの誕生秘話
【おすすめ度】★★★★
10月3日開始、10月4日読了




英語辞書の最高権威であるOED-Oxford English Dictionary、その作成にはあるドラマがありました。
タイトルでもうバレてますが、
関係者は「博士」と「狂人」。
二人がこの困難にミッションにどう関わったか、いや、全く知らない話でした。
この本、もっと知られてもよいと思います。

日本ではOEDじたいがあまり知られていないので、仕方がないのかなあ。

それにしても、こういう地道な作業って大変ですね。
先のエントリでの「日本鳥類目録改訂第7版」も、こうした地道な努力の積み重ねです。
さすがに「狂人」は関わっていませんが…まあ、ある程度鳥屋はマニアックですが…

なお本書の著者が、もう一人の関係者であるG.Mに対して、的確で優しいまなざしであることに、
感銘を受けました。

関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ノンフィクション

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/12-c97407c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム