ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

深海生物学への招待 (NHKブックス)  

深海生物学への招待
長沼 毅
【わくわく度】★★★☆

深海生物学への招待 (NHKブックス)深海生物学への招待 (NHKブックス)
(1996/08)
長沼 毅

商品詳細を見る


ちょっと前に「ナダールの穴」というTV番組でも有名になってしまった、
「科学界のインディ・ジョーンズ」こと、
深海生物というか極限生物の研究者である長沼氏の著書である。

本書では、特に深海生物のチューブワームとりあげる。
長沼氏らしく、随所に様々な生物学的知見が散りばめられており、
楽しめる一冊である。
もう1冊、「形態の生命誌―なぜ生物にカタチがあるのか 」の方が、
かなり生物としては普遍的なテーマを扱っており面白いのだが、
こちらもいつか紹介したい。

【目次】
はじめに 深海に新たな生命観を求めて
第1章 深海アナザーワールド
第2章 深海の多様な住人たち―深海砂漠での生き残り戦略
第3章 謎の深海生物チューブワーム
第4章 熱水性生物の楽園「深海オアシス」
第5章 化石となったチューブワーム
終章 チューブワームは時空を越えて
付章 深海へのあくなき挑戦の物語

【メモ】
【P20】
日本語の「赤い・黒い」は「明るい・暗い」に源があるというが

【P20-21】
■深海で赤い生物が多い理由
海では深いほど青の優先度が高くなる。海が青いのではなく、海の中が青い。
赤色の物体は青色光を吸収するので、青い世界では、赤い物体は黒く見える。
→深海では、エビ、カニ、ナマコ、イソギンチャクなど赤い生物が多い。
また、黒色も多い。
いずれもできるだけ黒くなり、暗い世界に隠れるためのカムフラージュ。

■生物発光(バイオルミネッセンス)
海中では光が散乱する。入射光より散乱光の方が優勢。
深いところでは、入射方向にかかわらず、天頂が一番明るく、周囲が暗い。
このような場所で物体を下から見ると、明るい背景上でシルエットができ、目立つ。
これを隠すため、
ある生物は体を透明に近づけ、
ある生物は下方に発光器を備えた。生物発光(バイオルミネッセンス)。

■生物発光による餌探し
海中では青色光がよく透過する。よって、生物発光も青色光が多い。
しかし、生物発光をサーチライトとして餌を探す場合、青色光では赤い物体が見えない。
そこでエソの仲間は、発光器に赤色化フィルターを備え、眼も赤色をよく感知するよう発達している。

【P77】
■カラヌス類が赤い理由
■生物にとっての赤いカロチン系色素
海の代表的な動物プランクトンであるカラヌス類(エビを真っ直ぐにして体長1mm以下にしたようなもの)
→赤いものが多い →青い世界への適応
また、
カラヌスの赤はカロチン系色素の赤。
これは青色(波長450~470ナノメートル)をよく吸収する。
「生物にはこの波長に感受性のある(何らかの悪影響を受ける)種類が多く、
カロチン系の色素で「青い光」をブロックするような工夫をしている。」

【P78-79】
■紫外線 ニューストン
紫外線は海中では急速に減少し、水深数十メートルでほぼ無影響になる。
ただし表面は別。
水の表面張力が問題になるような表層にいる種々の生物を総称して、「ニューストン」という。
ニューストンには波長310ナノメートルの紫外線を吸収する物質が多かった。

■紫外線 貝
海洋バイオテクノロジー研究所の丸山正博士らによると、
浅いところの二枚貝=紫外線ブロッカーをもつ
深いところのシロウリガイ=もたない

【P79】
■食う-食われるものの大きさの関係

1/10 10倍
餌 天敵
珪藻 カラヌス ヤムシ、小魚
0.01~0.1mm 0.1~1mm 1cm~数cm


比重で考える
餌 人間(体重60kg)
直径5cm 直径 50cm程度の球

【P104】
■共生バクテリアの伝播 ミトコンドリアの母系遺伝
チューブワームには共生バクテリアがいる

・卵や精子にバクテリアがいて、親から子に伝播
→「上下伝播」
・幼生初期には口や消化管があるので、生後にイオウ酸化バクテリアを得る
→「水平伝播」

チューブワームの卵等にバクテリアは観察されていない
だから水平伝播と考えられるが、決め手もない

シロウリガイも共生バクテリアをもつ
卵細胞内にバクテリアがいる上下伝播
これが母系遺伝、→ミトコンドリア、葉緑素

関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 環形動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/108-d93a7fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム