FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

ヒトとしての暮らしが、甦る。「南の島のよくカニ食う旧石器人 (岩波科学ライブラリー)」  

南の島のよくカニ食う旧石器人 (岩波科学ライブラリー)
藤田 祐樹



旧石器時代。日本では今から約1万数千年~4万年前程度。
日常的に人間が意識しているのはたかだか2000年程度の歴史なので、
1万年前は遥かに遠く、
3万年以上続く長さは、想像し難い。

だが、その痕跡は確実に「どこか」に眠っている。
日本本土は主に酸性土壌のため旧石器人骨等が失われがちと言われ、
現時点では、日本旧石器時代の人骨は沖縄で多く発見されている。

その中でも、近年新たに発見され、
豊富な史料から当時の暮らしが視えつつあるのが、本書の舞台、
沖縄南部のサキタリ洞である。

本書は、沖縄で旧石器人遺跡(そして旧石器人骨)を探していた著者による、
サキタリ洞遺跡の発見、
そして発掘で視えてきた、旧石器人の「豊かな暮らし」を紹介するものだ。

この遺跡では、とにかく当初、モクズガニやカワニナばかりが発掘されたという。
その意味も分からず、淡々と発掘を続ける中、
ついに1つの骨片を発掘する。目当ての旧石器人だ。
そして更に発掘を続ける過程で、これまで出続けていたモクズガニとカワニナの意味が判明する。

すなわち、食料だ。
数万年にわたって、旧石器人が食べ続けていたカニの残骸。それが文字通り山となっていたのである。
そして、同時に発掘されていたカワニナ、これも食料だが、
その分析から食べていた季節まで推測できた。
それが「いつか」は、ぜひ本書を読んでいただきたい。

様々な発掘の苦労と楽しさ、
発見した遺物の分析、
そして見えてくる数万年前の世界。

上質な推理小説のように、
謎が解かれては新しい謎が生まれ、
ついに目の前に、旧石器人の豊かな暮らしが拡がっていく。
この「岩波科学ライブラリー」には良書が多いが、
本書もこれまで刊行されたものに負けず劣らず、
オリジナリティ溢れる、研究の醍醐味を伝えてくれる一冊である。

【目次】
1 むかしばなしの始まり―人類誕生、そしてヒトは沖縄へ
2 洞窟を掘る―沖縄に旧石器人を求めて
3 カニとウナギと釣り針と―旧石器人が残したもの
4 違いのわかる旧石器人―「旬」の食材を召し上がれ
5 消えたリュウキュウジカの謎
6 むかしばなしはまだ続く
関連記事
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 歴史

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://birdbookreading.blog.fc2.com/tb.php/1070-b192c778
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

ジャンルランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム