ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

水月湖に刻まれた、素晴らしき記憶。「人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか (ブルーバックス)」  

人類と気候の10万年史 過去に何が起きたのか、これから何が起こるのか (ブルーバックス)
中川 毅



温暖化の進行や氷河期の到来等、近年の気象変化に対しては、
様々な理論と主義主張が在る。

ここで、気象問題に対して「主義主張」が在るということは、
日常的に「気候が変化している」と感じていることが一因だろう。
身近に感じるからこそ、多くの人々が「自分が知り得た範囲」で状況を推測し、
個々人の主義主張に発展している。

だが、当然ながら「気候」は科学的なものだ。
現代科学の限界があるとしても、だからといって科学的な方法論を捨ててよいことにはならない。

問題は、「気象」とは実験による再現性の確保が困難ということである。
そのため、過去のデータをきめ細かく収集・分析し、気象決定のメカニズムを明らかにしていくことが、
何よりも重要となる。

福井県・若狭湾にある「水月湖」(三方五胡の一つ)は、世界的にも稀な、
過去の気象のタイムカプセルだ。

様々な幸運な条件が重なり、水月湖には毎年、周囲の環境からの堆積物が湖底に溜まっている。
それは美しい縞模様を描く。
「年縞」(ねんこう)と呼ばれるそれは、実に厚さ45m。
7万年以上をカバーする古記録である。
(明瞭な年縞がない層も含めれば、15万年の堆積物がある。)

本書は、この水月湖の年縞を研究している方が、
水月湖の研究を縦軸に、そこから得られた研究成果を横軸として、
過去の地球の気象記録の復元と、今後に対する考え方を整理したもの。

例えば現代。
僕も含めて、当然今(正確には、自分が最も多く経験した)の気象こそが「普通」であり、
これがそのまま続くだろう、と予測している。
これに反して、「温暖化」が進むというから問題だ、と感じがちだ。

だが水月湖の記録は、最近の80万年に限っても、現代は例外的に温暖な時代であることを示す。
現代と同等かそれ以上温暖なのは1割程度しかなく、
近年における正常な時代とは、氷期であると示している。

実際のところ、地球の公転軌道の離心率と自転軸の傾きの周期的な変化、自転軸の歳差運動という周期的な変動に伴って日射量も周期的に変動し、地球の気候に大きな影響を与えているというミランコビッチ理論でから推測すれば、
氷期は既に到来していてもおかしくはないという。

(ただしミランコビッチ理論に反し、 現代は温暖な時代である。
これについては、アジアでの水田農耕によりメタンが5000年前、ヨーロッパの森林破壊により二酸化炭素が8000年前頃から増加しており、これらによる温暖化が氷河期の到来を遅らせているといバージニア大学のウィリアム・ラジマン教授の説がある。)

温暖化という人為的な影響については推測は困難であるとしても、
氷期と間氷期の転換というサイクルは、地球で過去何度も繰り返されている。

これについて、水月湖や、氷床から同様のデータが得られるグリーンランドのデータを比較した結果、
12000年の不安定で寒い時代から、11500年前頃から現代までの安定で暖かな時代への変化は、
長くても3年程度で、しかも全地球規模でほぼ同時期に切り替わったらしいと考えられるという。

たった3年間以内で、全地球規模で気象か激変する。

このような体験はもちろん記録に残る人類史にはなく、
もしこの激変が起これば、我々の生活も大混乱となるだろう。

著者による水月湖の研究、
特に植生景観の最も直接的な証拠である花粉化石の研究は、
こうした「来たるべき未来」の道しるべとなりうる。

水月湖という奇跡的な湖が日本に在り、
その研究の第一人者が日本語で解説してくれる本書は、
気象問題に関心がある人々にとって、多くを学ばせてくれる一冊だ。

水月湖の年縞について、
ネット上では、福井県里山里海湖研究所
http://satoyama.pref.fukui.lg.jp/feature/varve
がコンパクトに説明している。

なお、更に古い時代の気候を知る手がかりとして、珪藻化石がある。
これについては、「0.1ミリのタイムマシン―地球の過去と未来が化石から見えてくる (くもんジュニアサイエンス)」(レビューはこちら)に詳しい。


【目次】
第1章 気候の歴史をさかのぼる
第2章 気候変動に法則性はあるのか
第3章 気候学のタイムマシン―縞模様の地層「年縞」
第4章 日本から生まれた世界標準
第5章 15万年前から現代へ―解明された太古の景色
第6章 過去の気候変動を再現する
第7章 激動の気候史を生き抜いた人類


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 環境

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム