ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

今年の山へは、スキルを持って。「山岳遭難は自分ごと 「まさか」のためのセルフレスキュー講座 (ヤマケイ新書)」  

山岳遭難は自分ごと 「まさか」のためのセルフレスキュー講座 (ヤマケイ新書)
北島 英明



山岳遭難や救助の事例集が多々刊行されているとおり、
楽しみの山を悲しみの山にしないよう、様々な方が啓発に努めている。

それを読むだけでも役に立つだろうと思うのは、
遭難は誰にでも起こり得ることであるだけでなく、
一度起これば、人生で最後の試練と成り得る可能性があるためだ。

例えば香川県では、1,000mを超える山は竜王山と大川山の2座しかない。
それでも残念ながら本書を読み終えて幾日も経たない2017年3月23日、
香川県内の五剣山(標高375m、ただし崩落の危険があるため山頂までは行けない)で、
滑落による死亡事故が発生した。

また、標高が低くとも、道迷いはいつでも起こり得るし、
一人で散策中に足首を捻挫することも有り得るだろう。

そうしたトラブルに、どこまで落ち着いて対処できるかが、
「遭難」になるか否かの分岐点だろう。

そして、トラブルへの対処能力は、様々なトラブルに対する知識と経験が左右する。

本書は、そうしたトラブルに対する知識、セルフレスキューに関するテクニックを、
東京都山岳連盟遭難救助隊隊長・日本山岳協会遭対常任委員会委員・日本レスキュー協議会委員という肩書を持つ著者が丁寧に誌上でレクチャーしてくれるものだ。

どのような装備が必要かといった基礎知識から、
助けを求める際の優先事項や伝達事項、
負傷者の搬送方法、補助ロープの使い方、
熱中症・低体温症に対する山中での対処法など、
多くの図と共に解説がなされている。

そしてそこで語られるのが、「一度やってみておけば良いだろう」という点。
本書によって知識は得られるとしても、
それがスキルになるまでには、やはり経験が必要だ。
それには実践あるべきだが、その本番が遭難時ともなれば、やはり事前に試し、
自分にできるスキルを高めると共に、何ができないかも見極めておく必要があるだろう。
それによって、正しい状況判断が可能になる。

本書では、実際の遭難事例が随所に挿入されており、
セルフレスキューを身につけていなかったことによる悲劇が痛感される。

上記のとおり、日本一小さく、山も低山が多い香川県でも、死亡事故は起こる。
それを踏まえ、ぜひ多くの方が本書を手に取ることを願う。

【目次】
第1章 山行計画
第2章 搬送法
第3章 補助ロープの使い方
第4章 救急法
第5章 ビバーク
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

オリーブオイルは、本当はもっと素晴らしい!! 「エキストラバージンの嘘と真実 スキャンダルにまみれたオリーブオイルの世界」  

エキストラバージンの嘘と真実 スキャンダルにまみれたオリーブオイルの世界
トム・ミューラー



小豆島でオリーブを生産しているため、香川では「オリーブ」という言葉が身近だ。
その視点で店に行くと、多種多様なオリーブオイルがある。
そのほとんどが「イタリア産のエキストラバージン」であることに、
いつも引っかかるものを感じていた。

そもそも、「エキストラバージン」って何だ?
ある程度の等級を示すもの、しかもその語からは、最も新鮮で価値が高いものと感じられるが、
どうして「どれもこれも」エキストラバージンなのか。
そして、安い。
他の食品では、当然高級グレードほど少なく、高価だ。
それなのに、なぜオリーブオイルの高級グレードだけは大量かつ安価に提供されているのだろうか?

その疑問の答えが、この一冊だ。

ところで初めて知ったのが、オリーブオイルは他の植物油とは一線を画すものである。
他の植物油(大豆油、キャノーラ油、ヒマワリ油等々)が種子を絞って得られるものに対し、
オリーブオイルだけが、果実を絞って得られる。

種子から油を効率的に絞るには、一般的には工業的な過程(溶媒による抽出、中和、脱色・脱臭等)を経る必要がある。
そのため、種子油は良くも悪くも均質であり、多くはほとんど「油っぽさ」以外は無味・無臭だ。

だが、オリーブオイルは違う。
最もベーシックな方法は、果実を潰し、新鮮な果汁を絞り、自然に分離した水と油分から抽出するだけだ。
(そのため、ある程度の実が採れれば、自宅でも採油は可能。
我が家にもいつかを夢見て、オリーブの木が植えてある。)
そのためオリーブオイルには、元となったオリーブの品種、育った気候、採油の温度や手法によって、
多種多様な風味が本来備わっている。
本来、それを最も楽しめるのが、「エキストラバージン」という等級である、筈だ。
ところが、そうではない。

その理由を考える上で、本書で示された最も分かりやすいを例が、ワインだ。
実は、風土と品種、手法により異なる果実のエッセンスという点で、
オリーブオイルとワインは、全く同じ立場にある。
そしてヨーロッパ圏(南欧)において、日常的な食事に欠かせない液体として、どちらも大量の需要がある。

ただ、ワインは熟成によって価値が高まる。
一方、オリーブオイルは、新鮮さが最も重要である。
いずれにしても、需要を満たすほど、大量の供給を安定的に行うのは困難だ。

そこでなされたのが、偽装である。
例えばワインでは、1986年にイタリア北西部でメタノールが混ぜられ、26人が死亡、20人以上が失明する事件が発生した。
これによりイタリアはワインの規制を強化し、ワイン業界は大打撃を受けた。
だがこれによってワインは量から質に転換する。
ワインは常に産地と生産者が明らかとなり、ラベルと中味の不一致は無い。
そして現在のように、それぞれのレベルに応じた価格で、多種多様なワインが提供されるようになった。

一方、オリーブオイル。
その偽装は、低質な油や他種の種子油に、少量のエキストラバージン・オリーブオイルを用いるものだ。

混ぜる油は、例えば真のエキストラバージン・オリーブオイルを絞った残滓から、
工業的に抽出した「オリーブ・ポマスオイル」や、上記の種子油だ。
いずれもほぼ無味無臭であることから、そのオリーブオイルの風味が変質するほどではない。

また、「エキストラバージン」という等級も、かなり古く、幅広い。
具体的に制定されたのは1960年。
オリーブの果実から機械的に搾油されたのが「バージンオイル」で、
「エキストラ」という等級は、
不快な臭いがないこと、
例えば遊離化したオレイン酸の割合が0.8%以下であること、
過酸化物価が20以下などが基準とされている(数値は本書時点)。

ところが真面目なオリーブ生産業者に言わせれば、
「地面に5か月転がっていたオリーブでも遊離化したオレイン酸の割合が0.8%以下」で、
「本当のエキストラバージンを扱うなら、過酸化物価が12以上なら見向きもしない」という。

しかもオリーブオイルの難しいところは、偽装が最も進んでいるのが本家イタリアであり、
過去のしがらみの無い新興国(例えばオーストラリア)の方が、より真っ当な生産をしているという点だ。

上記の偽装についても、オーストラリアではDAGSやPPPと言われる検査方法により、
混ぜものや長期保存の有無をチェックできる、と主張している。
だが世界のオリーブオイルの基準を決めるべきイタリアが、その検査方法を採用しなければ、
偽装を根絶することはできない。

その結果、様々な国で、様々な時代に、様々な者が市販のオリーブオイルをチェックした結果、
真の「エキストラバージン・オリーブオイル」は1割以下、という事態に陥っている。

ワインはタンカーであちこちに運ばれるようなことはない。
瓶詰め前のボルドーワインがタンカーの液槽に入れられるなんてあり得ないし、
シングルモルトウイスキーだってそうだ。
それなのに、同じくらい上質で傷みやすいエキストラバージン・オリーブオイルだけは、
3000トンもまとめてタンカーに積み込まれて地中海のあちこちに輸送される。

それどころか、アメリカから輸出された種子油が、
イタリアで少量のエキストラバージン・オリーブオイルを混ぜられ、
「Made in Italy」のエキストラバージン・オリーブオイルとして戻ってることさえ、日常茶飯事という。

オリーブオイルは体に良い、というイメージが日本でも先行している。
また、既に食事の選択肢にイタリアンも定着しており、
外食・内食問わず、オリーブオイルの需要は極めて高くなっている。

だが、店で販売している「エキストラバージン・オリーブオイル」を、そのまま信用して良いのか。

オリーブオイルは、長い人類史において、他の動物性油脂とは異なる位置にあった。
特に地中海文化圏では、食だけでなく、まさに衣食住の全ての分野に必要なものだった。
ノアに元に戻ってきたハトが加えていたのは、オリーブの枝。それは単なる比喩以上のものを持っている。

それを正しく愛し続けることができるかどうか。
生産者や流通者の問題だけではなく、
「誰かが良いと保証してくれたものを、出来る限り安価に」というを消費者の姿勢にも問題がある。

日本では、 一般社団法人日本オリーブオイルソムリエ協会において、正しいオリーブオイルの知識の普及に努めているようだ(公式ホームページhttp://www.oliveoil.or.jp/)。
(ただし、僕はその活動実態を何らしらないので、興味がある方は自身で確認していただきたい。)
また同協会代表理事の方も、本書と同スタンスの著書を刊行している。
(「そのオリーブオイルは偽物です」)。
興味のある方は、どうぞ。

【目次】
プロローグ エッセンス
第1章 世界一の産地の苦悩
第2章 汚れた業界
第3章 聖なるオイルと悪魔のオイル
第4章 体が喜ぶオリーブオイル
第5章 工業生産されるオリーブオイル
第6章 オリーブオイル革命の萌芽
第7章 オリーブオイルのニューワールド
エピローグ 神話
オリーブオイル用語集
良いオリーブオイルを選ぶために
解説 オリーブオイル偽装は「対岸の火事」ではない
写真で見るオリーブオイル史


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ノンフィクション

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

「苦しい 疲れた もうやめた」では、人の命は救えない。 「海難救助のプロフェッショナル 海上保安庁 特殊救難隊」  

海難救助のプロフェッショナル 海上保安庁 特殊救難隊
第三管区海上保安本部



海猿」で有名となった海上保安庁 特殊救難隊、略所はSRT(Special Rescue Team)。
実際に「海猿」と呼ばれることはないらしいが、その存在は事実である。

潜水による救助や、危険物・毒物等を積んだ船舶事故への対応といった、
通常のスキルでは対応しがたい「特殊海難」に対応するために昭和50年に隊員5名でスタート。

以降、様々な事故に直面しながら、その守備範囲を広げて行き、
現在は全国1万3千余の海上保安官のうち、 150名程度しかいない海上保安官の潜水士から、
さらに選抜された精鋭36人。

その実情を知る機会など滅多にないが、
本書は実際の隊員や隊員OBが、その活動・訓練の様子や隊の歴史、
各事故における対応状況などを、自身の手で綴っている。

一人の取材者の手によるものではなく、
普通の「書き手」である隊員の手記を構成したものであるため、
どうしても視野・視点・深さに差がある。
その点で通常のノンフィクションの読みやすさや分かりやすさは無いが、
一方で現実の厳しさはひしひしと伝わってくる。
特殊救難隊という非日常の世界で命を懸けている方々の話なのだから、
むしろこちらの方が良かったかもしれない。

さて、手がけた主な事故として紹介されているのは、次の通り。
あの事故も、この事故もと、記憶に刻まれた大きな事故が並んでいる。
・海王丸座礁海難
・鹿島灘沖、鉱石運搬船座礁・連続海難
・タンカーー「サニー・ブリーズ」号火災海難
・ケミカルタンカー「マース・グサール」号爆発・沈没海難
・自動車運搬船「ファル・ヨーロッパ」号座礁海難
・羽田空港沖、日本航空機墜落事案
・潜水艦「なだしお」・遊漁船「第一富士丸」衝突海難
・タンカー「ナホトカ」号重油流出海難
・LPGタンカー「第三十八いづみ丸」衝突・座礁海難
・瀬渡船「栄福丸」転覆海難
その他にも、東日本大震災や海外での救助活動など、その活動範囲は幅広い。

これらの海難事故に際して、隊員はどう対処したのか。
もちろんベテラン隊員もいれば、初めての任務だった方もいる。
訓練通りにできた方もいれば、
訓練通りにできず、あわや二次被害という状態に陥った方もいる。

だがどの手記でも、そこに通底するのは、
「これを教訓として次に生かす」という信念だ。

一歩間違えれば命を落とす現場において、
最後の砦は自分たちしかいないという自負。
それを支えるのが、日々の努力と、こうした事故に対する謙虚さなのだろう。

特殊救難隊のスローガンは、

苦しい
疲れた
もうやめた では
人の命は救えない


であるという。
この言葉を、その通りに日々貫き通しているのが、特殊救難隊だ。
こうした人々が日々安全を守ってくれているという事実を、
やはりもっと多くの方が知るべきだろう。

ところで本書、読む場合はまず第3章の事例を読むことをお勧めする。
その上で各隊員の手記を読むほうが、より実感が湧くというもの。

ところで、本書を読みつつ、以前野鳥の重油汚染防止対策の講演会で
一般財団法人海上災害防止センターの方のお話を聴いたことを思い出した。
こちらの団体は、海難事故時の防災処置(油等の防除や消火などを実施)を行う、
いわば海の消防隊としての立場かと感じているが(違っていたらごめんなさい)、
そのお話もまた、非常に衝撃的であり、大変なお仕事であると驚いた記憶がある。

海に囲まれている日本。様々な組織の人々が、日々尽力されていることを知っておきたい。





【目次】
第1章〈退職OB編〉
SRTの隊員たちが振り返る
特殊分野への進出と、人的資源の充実
第2章〈現職OB編〉
SRTの隊員たちが振り返る
あの日の苦難、そして達成感
第3章 〈出動事例編〉
SRTの隊員たちが振り返る
困難を極めた救助活動、瞬時の現場判断
第4章〈羽田特殊救難基地編〉
SRTの隊員たちが語る
日々続く、訓練の工夫と発展
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 事件・事故

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

猟師というスキルの素晴らしさと、日本の限界。「ぼくは猟師になった」  

ぼくは猟師になった (新潮文庫)



野鳥観察や野鳥保護に関わっていると、狩猟には断固反対と思われることがある。
人それぞれだろうが、僕は狩猟には狩猟の価値があるし、
その技術や伝統も尊重されるべきと思っている。
ただ、それは当然ながら現行法の範囲であり、伝統があるからといって法を逸脱して良い筈はなく、
また現行法の制限範囲を拡大するのであれば、それなりの根拠が必要だろう。

なお平等を期するために書いておくが、
昨今では野鳥観察愛好者・撮影者もマナーを守らない―というか、
道交法を守らなかったり、不法侵入や器物損壊を平気で行う輩も出だしている。
ハンターも観察・撮影も、当然ながら法を守って活動すべきだ。

では、法を守って狩猟を行うとき、その実態はどのようなものなのか。
アジア圏では率先して野鳥保護が進んだ(実効性は別だが)日本では、
マタギなどの伝統猟はともかくとして、
日常的な趣味としての狩猟は、長らく日蔭にあった感があり、情報もなかった。

そこに現れたのが、おそらく本書と、「山賊ダイアリー (イブニングKC) 」である。

本書では特に、ワナ猟をする際の技術や、捕獲した獲物の処理方法(トドメから精肉まで)がつぶさに記載されている。
また、解体に必要な場所や保存方法など、
著者自身がそうした情報が得にくかったという経験からだろうか、
次に目指す人にとっては、かなり有用な技術手引きとなるだろう。

また、スズメやカモ類といった、野鳥観察愛好家からすると眼を剥くような獲物もあるが、
それも現行法で認められた範疇の話である。
これについても、単純に毛嫌いして否定する(単純に言えば「かわいそう」とか「残酷だ」という感情論)のではなく、
各種について、狩猟を制限して保護する必要があると認められた場合にのみ、
堂々と反論するべきだろう(と、ぼくは考えている)。

ということで、本書は真っ当・真面目なハンターの物語であり、
動物保護を志す人でも、読んで損は無い。
むしろ、その動物の生態を見る眼の確かさや真摯さは、
珍鳥ばかりを追い求める鳥屋が範とすべきほどである。

だが一方、本書でも様々な課題が提示されている。
例えばシカの増加だ。
現在も沈静化する様子はないほど増加しているシカだが、その対策としてハンターの育成が行政により推進されている。
しかしながら、本書では食材としての価値はイノシシの方が上であり、また販売する場合もイノシシの方が高いことが指摘されている。
ハンターが増えても、シカを積極的に狙うことはないという事実がある。

似たような話で、僕も「ハンターが減ったからカラスが増えた、ヒヨドリが増えた」と言われることがたまに有るが、
ハンターも野鳥で獲るならまずカモ類だろう。

すなわち著者も指摘しているが、「ハンターを増やすこと」と、「有害鳥獣の駆除が進むこと」は直結しない。

「有害鳥獣駆除の実働部隊になる」という目論見があるのかもしれないが、
果たして趣味のハンターに対して、そこまで期待したり、背負わせて良いものか。

そしてもう一点気になるのは、ハンターの質である。
本書において、カモ猟の手伝いを始めた頃の著者自身が、
夕暮れの中、「双眼鏡を覗くと、薄ぼんやりとなんとかカモのシルエットが確認できますが、僕にはカル(マガモ)とアオクビ(マガモ)の区別などまだまったくつきません。」と記している。

シルエットというハンデがあること、
マガモもカルガモも狩猟鳥獣だから結果オーライかもしれないが、
やはり鳥屋からすると、「種類の識別もできないのに、なぜ狩猟免許がおりるのか」という疑問に至る。
これはハンターの問題というより、法制度の運用の問題である。

例えば香川県の狩猟鳥獣のうち、カモ類は11種。
ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモ
一方、香川県で一度でも記録があるカモ類は、29種。
個体数が少ないとはいえ、例えばトモエガモやオカヨシガモは上記の群に混じっていても不思議ではない。
特に雌だと、条件によっては識別が難しい。
また、アメリカコガモ・アメリカヒドリなんて、もうサイズも雰囲気もコガモ・ヒドリガモだ。

イノシシやシカといった哺乳類とは違い、野鳥はかなり識別が難しい筈なのだが、
この識別能力が未熟なまま狩猟免許が出れば、錯誤捕獲は避けられない。
もちろん経験によって識別できるようになるだろうが、
そもそも「識別できるから」狩猟免許が出るのではないのかというのが、
一人の鳥屋から見た素朴な疑問である。

現在の「ハンター育成推進」という旗振りは、実のところ、
有害鳥獣の駆除には協力せず、
無法にワナ猟を実施し、錯誤捕獲しまくるような質の悪いハンターを濫造するだけではないかと、
危惧するものである。

ただし改めて書いておくが、本書著者が質の悪いハンターだと言っているのではない。
本書も「山賊ダイアリー (イブニングKC) 」の著者も、
初心者がまず目指す手本となる、善きハンターである。

【目次】
第1章 ぼくはこうして猟師になった
第2章 猟期の日々
第3章 休猟期の日々



 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

自らを尊重し、受け入れること。「ファインマンさん 最後の授業」  

ファインマンさん 最後の授業
レナード ムロディナウ



人生において大切なのは何か?
どのようにすれば、それを見いだすことができるのだろう?

普遍的な問であり、古今東西、様々な教えが在る。
人類の経験智を元にすれば、今更そんなことで悩む必要もなさそうだが、
実際には一人一人が、多かれ少なかれこの問題に直面する。

人間が生きる、ということは普遍的でありながら、
極めて個人的な営みだ。

そのうえ、「人生において大切なのは何か?」という問いに対して、
明確に答えが得られる保証はない。
ある人は悩み続け、ある人はその問いを保留したまま人生を終えることもある。

本書著者は、前途有望の物理学者のタマゴとして、
破格の待遇で1981年、カルフォルニア大学に招かれた。

だがそれ故に、成果を出さなければならないプレッシャーは、並大抵のものではない。

当時、同大学には、
1965年にノーベル賞を受賞したリチャード・P・ファインマン、
1969年にノーベル賞を受賞したマレー・ゲルマンが在籍し、二人はクォークを巡って反目しあっていた。

著者のレナード・ムロディナウは、この二大巨頭と接しながら、自身の次の研究テーマを模索する。
だがその中で、次第にファインマンの人柄に惹かれ、
いつしか問いかけは
「物理学者として大切なのは、何か?」となり、
最後には「人生において大切なのは何か?」という究極の命題に到達する。

プレッシャーに押しつぶされそうな若い物理学者の葛藤、
ノーベル賞を受賞した物理学者の日常。
ファインマンに惹かれるだけに、かなりマレーの言動に対しては辛辣な筆致であるものの、
当時のカルフォルニア工科大学の雰囲気をよく伝えてくれる。

さて、ファインマンは著者に対し、明確に指導したわけでなない。
著者の様々な問いかけに対し、正直に(そして無配慮に)思うがままを答えただけだ。
だがその誠実な言葉は、著者の心に刻み込まれていく。

本書帯でも要約されているが、ファインマンは著者に次のように問いかける。

デカルトが虹を数学的に分析しようと思ったのは、虹にどんな特徴があるからだと思う?

これに対して、著者は虹の物理的な特徴等を挙げていくが、ファインマンは一言告げる。

デカルトがその気になったのは、虹を美しいと思ったからだよ。



目の前の自然への感動。それは、それに心を動かされたという自身を受け入れる。
だからこそ、解き明かしたいという欲求が生まれる。

それがファインマンが思う正しいプロセスであり、
理論研究が先にあるのではない、ということだ。

本書は、ファインマン自身の著作ではなく、また物理学の本でもない。
ここに描かれているのは、一人の老教授と若者の物語だ。

「人生において大切なのは何か?」
著者は、次のように書いている。

本当の答えを見つけるためには、自分自身をよく知らなければならない。
そして、自分に正直にならなくてはいけない。また、自分を尊重し、自分を受け入れる必要もある。


生きることに真摯に悩んでいる人には、ヒントになるかもしれない。

【目次】
おとなりは、ファインマンさん―ガンと闘うノーベル賞受賞者
ファインマンとの出会い―イスラエルの小さな図書館にて
カルテクへの招待―僕はフリーエージェント
電子的なふるまい―バビロニア人タイプVSギリシャ人タイプ
知恵くらべ―「サルにできるなら、君にもできる」
科学の探偵―誰がシャーロック・ホームズになれるのか?
物理とストリップ―「強い力」から逃れろ!
想像の翼―ファインマンは、いつだってインコースを走る
世界を変えるひも―目には見えない六つの次元
空腹の方程式を解く―結婚披露宴には平服で
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ノンフィクション

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム