ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

思考のヒントとしてはいいのだけれど。「99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)」  

99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
竹内 薫



なかなかキャッチーなタイトルである。
著者はNHK「サイエンスZERO」のナビゲーターなども伝えるサイエンスライター。
科学的知識に裏付けられた主張としての「99・9%は仮説」、非常に興味深く読んだのだが、
正直なところ、ちょっと思い付きに引っ張られた感がある。

冒頭、「飛行機が飛ぶ仕組みは、実は分かっていない」という記述。

飛行機が飛ぶ仕組みとしては、かってはベルヌーイの定理という単純な理論で説明されていたが、
現在は翼の周囲に空気が循環する渦が発生し、その結果として翼の上面・下面の通過速度に差が生じ、揚力が発生するという説が定説になっている(理解が誤っていたらすいません)。
ただ、その渦が生じるメカニズムや細かな挙動については、まだまだ未解明な点が多い。

正確な言うと、定説と思われていたのが技術の進歩によって否定され、新しい仮説が立てられたが、
細かな部分についてはまだ解明されておらず、絶対的に正しい理論とまでは言えない、というものだ。

これを「分からない部分がある」と言うか、「分かっていない」というかは、もちろん個人の自由である。
もちろん自然科学的には「分かっていない」というのが正しいスタンスなのだが、
その「自然科学的に正確な物言い」と、「社会的な説明」は完全一致する必要があるのか、というのが疑問の第一。

申し訳ないが、社会はそこまで「自然科学的正義」を求めていないのではないか。
むしろ、
竹内氏のような「科学に詳しい人」が「飛行機が飛ぶ仕組みは分かっていない」というのだから「間違いない」。
なのに飛行機を飛ばして事故が起きたら、それは整備不良などではなく、
「飛ぶかどうか確実ではない飛行機」を飛ばしたからだ。
という、短絡的な主張に利用されることの方が多いのではないか、と思ってしまう。

絶対的な解明がなされていないというのはいくらでも在ることで、
それこそ宇宙の成り立ちも解明されていない。
極めて詳細な振る舞いまで完全解明された事象の方が少ないのではないだろうか。
そういう意味で、本書の主張はごく「当たり前」のことなのだ。

本書でムムっと感じるのは、そうした自然科学的正義による物言い、
「分からない部分がある」と言っても良い点を、「分かっていない」と断言する正義を、
その他の事象や社会的事項にまで適用するというところ。

例えば気になるのは、冥王星が惑星か否か、と言うテーマ。
今は準惑星という位置づけだが、その位置づけの変更は話題となった。
本書ではそれについて大部分を割いて事例とて挙げているのだが、

それは「『冥王星は惑星だ』という、多くの人が信じていた事実も『実は仮説だった』から、変わり得るのだ」というもの(本書執筆時にはどういう扱いになるか決定していない)。

だが、「冥王星が惑星か否か」という問題は、「惑星」という定義の問題である。
定義とは人間が決定するものであり、そこに仮か真かなどはない。

すなわち冥王星の件は、
「『冥王星は惑星だ』と判定し得る「惑星の定義」が妥当ではないので、変更する」ということに過ぎず、何かの仮説が崩壊したのではない。
こういう、変更しうるもの、明らかに確定していないものまでも「仮説」と位置付けて、
「だから全て変わって当然なのだ」という主張に結び付けられている感が、どうしても否めない。

こうした自然科学的正義を、
歴史史料の正当性や人間関係や会話の成立にまで適用して解釈されると、
ちょっと行き過ぎかな、という感が否めない。

もちろん、僕の読み方が偏って誤解しているかもしれないので、気になる方はお読みいただきたい。


【目次】
プロローグ 飛行機はなぜ飛ぶのか?実はよくわかっていない
第1章 世界は仮説でできている
第2章 自分の頭のなかの仮説に気づく
第3章 仮説は一八〇度くつがえる
第4章 仮説と真理は切ない関係
第5章 「大仮説」はありえる世界
第6章 仮説をはずして考える
第7章 相対的にものごとをみる
エピローグ すべては仮説にはじまり、仮説におわる
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

秒速8kmの壁を超えて。「女房が宇宙を飛んだ」  

女房が宇宙を飛んだ
向井 万起



君について行こう―女房は宇宙をめざした」(レビューはこちら)の続刊である。
前著では向井千秋氏と万起男氏の出会い、そして千秋氏が宇宙飛行士を目指し、
1994年にスペースシャトル・コロンビア号での飛行を果たすまで、が描かれていた。

本書は向井千秋氏が登場したスペースシャトルの発進から帰還、
そして千秋氏が全てのミッションを完了するまでの日々が、万起男氏の目線から描かれている。

前著同様、万起男氏の本シリーズの特徴は、その立ち位置だ。

宇宙飛行士の家族という、プライベートでは最も身近な存在。究極的には最も内部の人間である。
ところが、NASAのミッションにおいては、明らかかつ完全に部外者であるという、異質性。

これをうまく両立させ、独自の視点で記録化しているのが、本書である。
千秋氏と万起男氏という不思議な夫婦の愛と信頼の記録とも読めるし、
また千秋氏に密着したルポとも読み得る。

また同時に、今は終わってしまったスペースシャトルというミッションにおいて、
宇宙飛行士にいかなる役割分担が有り、苦労が有り、努力があったのかという記録として読むことも、可能だ。

「飛べるかどうか分からない」という不安な時期があった前著と比して、
既に飛び立っている本書では、基本的に明るさの度合いが異なる。
その分、どうしても万起男氏個人の不安が多く描かれるが、それはやむを得ないだろう。

ところで、地球に帰還した千秋氏が最も不思議に感じたのが「重力」の存在であるという。
この点については、もしかすると他の宇宙飛行士の手記やインタビューで書かれているかもしれない。

だが、千秋氏が重力を一日一日実感していく様子、
そして帰還から4日後の夜、ぽつりと
「私の体は、もう、まったく重力を感じなくなってしまった」(=重力が当たり前になった)という言葉を漏らすシーンなどは、
夫婦という立場にある者でなければ知り得ないシーンであり、
この一言を知れただけでも、本書の価値はあるというもの。

こうした立場になり、しかも文章化できるという人は、今後たぶん出てこないだろう。

そう考えれば、本書が極めて得難い一冊であることが理解できる。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

打ち上げは、1月18日(木)、6時6分!「イプシロン、宇宙に飛びたつ」  

イプシロン、宇宙に飛びたつ
森田 泰弘



読了後調べてみたら、タイムリーなことに3号機の打ち上げは来週。
 1月18日(木)、6時6分である。
(JAXAのホームページはこちらhttp://www.jaxa.jp)/
これまでイプシロン・ロケットの打ち上げなんて全く気にしていなかったが、
本書のおかげで一転、楽しみなイベントになった。

「はやぶさ」の快挙は記憶に新しいが、
その物語が素晴らしかっただけに、今後打ち上げられる衛生・探査機には関心がある方も多いだろう。
だが、それらを打ち上げるロケットにもまた、ワクワクする物語とチャレンジがある。

イプシロン・ロケットは、日本のロケット開発の黎明期に創られた、
伝説のペンシル・ロケットの流れを組む固体燃料ロケットの最先端機である。

正直なところ、液体燃料と固体燃料のロケットの推進剤としての違いなんて考えたこともなかったが、
本書によると、それぞれ大きくメリット・デメリットがあるという。

単純に言えば、液体燃料はそれをエンジンで爆発燃焼させるため、
その出力の調節が容易である。車のガソリンエンジンをイメージすればいい。
一方、固体燃料は、その構造がシンプルであるため開発コストが少ないこと、
短期間での製作が可能である等のメリットがある。
ただ、一般に液体燃料より小型であるため、重い探査機等を搭載することは難しい。
しかも、細かな調整も困難だ。まさに、打ち上げ花火である。

衛星や探査機を狙った軌道上に投入するには、ピンポイントの精度が必要である。
そのために打ち上げの日時も極めて限定されるし、打ち上げ後にも微調整できれば、なお良い。
だから世界的には液体燃料が主流となっている。日本のHⅡA型も液体燃料だ。

だが上記のとおり、「構造がシンプルであり、開発コストが少ない」というメリットは、
激化する宇宙開発競争の中では大きな武器に成り得る。

そこにチャレンジした結果が、実は「はやぶさ」を打ち上げた固体燃料ロケット、M―Vだった。

「はやぶさ」も凄かったのだが、M-Vも世界最先端の固体燃料ロケットであり、世界最高性能の推進剤や、伸展ノズルといった技術的到達点は誇るべきものだったのである。
(こうした物語を知らずにいたのがもったいない。)

ところが国は、突然、次世代機の展望もないまま、M-Vシリーズの終了を告げる。
その理由は液体燃料に比して、最先端の固体燃料ロケットはコストパフォーマンスが悪いというものだった。

この逆風の中、筆者らが見出した活路が、徹底した低コスト化による、
「誰でも容易打ち上げられる身近な固体燃料ロケット」の実現である。

HⅡAロケットとの部品・技術の共通化、部品点数の減少、そして点検方法の自律システム化。
多数のマンパワーを必要としていた部分を省力化することにより、
低コストで、かつ支障なく打ち上げられる固体燃料ロケットだ。

これこそが、イプシロン・ロケットである。

この方向が発展すれば、大小様々な衛星・探査機を打ち上げることがより日常化する。
それは先進国だけでなく、自前でロケットを開発できない中小国にとっても大きなメリットとなる。

本書は、M-Vを経てイプシロン・ロケットを開発するに至る、プロジェクトチームの中心人物である著者による記録。
誰よりも固体燃料ロケットの魅力を知っている人物によるもので、読後の満足感は大きい。

そして何より、この物語をリアルタイムで追える、というのが良いところだ。
再度書いておくが、3号機の打ち上げは
 1月18日(木)、6時6分頃。
実は1度の打ち上げ延長を経ている。

見逃したとしても、YOUTUBEには打ち上げ映像が後日アップされるだろうし、
JAXAのホームページhttp://www.jaxa.jp/にも情報が満載である。

日本が誇る技術チャレンジ、ぜひ本書と共に今後も追いかけたい。

【目次】
1 世界の常識を変えろ!宇宙少年が目指したロケットへの夢
2 一度は辿りついた、「M‐V」という名の頂点
3 突然のM‐V引退 新しい時代の幕開け
4 だれでもロケットを飛ばせる時代へ…宇宙への敷居を下げる!
5 ロケット革命!イプシロンの目指す革新
6 イプシロンにみんなの夢をのせて
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

宇宙飛行士の家族に対する、アメリカの配慮がすごい。「君について行こう―女房は宇宙をめざした」  

君について行こう―女房は宇宙をめざした
向井 万起男



スペースシャトルが退役したのが2011年、もう6年が経つ。
現在のISSしか知らない世代には分からないと思うが、
80年代から90年代に若い時期を過ごした人間の多くは、
宇宙探査とはスペースシャトルのことだった。
(同様な感慨を、もっと上の世代はアポロに感じているのだろう。)

また、1985年には毛利衛氏、向井千秋氏、土井隆雄氏の3人が宇宙飛行士に選抜され、
これから日本も宇宙探査の一員として今後活躍するのだという未来が見えつつあった。

それだけに、1986年1月28日のチャレンジャー号の爆発事故は、衝撃だった。

スペースシャトルのプロジェクトは一旦停止。
再開するのか。人類の宇宙探査は再び無人探査に戻るのか。
漠然とした不安が続いたが、2年8ヶ月ぶりの1988年9月の再開には安堵した。

その安心感がしばらく続いた後、いきなりの伏兵秋山氏、
毛利氏と宇宙飛行が続くが、そこで一旦日本人の搭乗はストップする。

やっぱり日本人は無理なのかなと思い始めた頃に、久しぶりの日本人宇宙飛行士として注目を浴びたのが、向井千秋氏だ。
1994年にスペースシャトル・コロンビア号での飛行を果たした同氏は、また日本初の女性宇宙飛行士でもある。
その夫の向井万起男氏の独特の風貌もあって、
明るい話題として報道されることが多かった記憶がある。

本書はその向井万起男氏による著書として、当時とても話題となった一冊。
向井千秋氏との出会い、向井千秋氏が宇宙飛行士になった経緯も興味を引くが、
なにより、搭乗が決定して以降、「宇宙飛行士向井千秋氏」の「(NASAの定義による)直系家族 」として万起男氏の境遇が、として面白く、興味深い。

搭乗が決まった宇宙飛行士はどう過ごすのか、というのは多分類書もあるだろう。
だが、その「家族」ともなれば、別だ。

最も宇宙飛行士に近い素人が、否応なくミッションに組み込まれていく。
そこには多大な不安もあるだろうが、それに対しるNASAの手厚い配慮が、とても興味深い。

家族を支援するために宇宙飛行士を配置したり(「家族護衛宇宙飛行士」という)、
留守宅を見回るスタッフ。
宇宙飛行士が憂いなくミッションに集中するためには、家族の心配をしなくてすむようにすべきだ。
だから家族に対するケアを十分に行うというシステマティックな考え方と対応は、
日本ではなかなか難しいのではないだろうか。

かと思えば、クルーの家族同士が交流を含めるパーティや、次に控える家族によるパーティなど、
宇宙飛行士というスペシャルな立場にある人の家族だからこそ抱く不安を分かち合える場を設けている。

「ミッションを成功させるために出来ることなら、何でも行う」という、
アメリカの徹底した姿勢には驚くばかりだ。

だがこうした現実も、本書、すなわち万起男氏という人が宇宙飛行士の家族であったからこそ、
伝えられたもの。
これが別の人なら、こうした事実を文章化することもなかったろう(というか、現実にされていない)。

こうした万起男氏による著書を、
宇宙飛行士である妻に便乗したものという受け取り方もあったやに記憶している。
正直、僕もそんな感覚をもっていたが、全くの誤解であった。

全編に貫かれているのは万起男氏と千秋氏の愛情と信頼、
宇宙飛行士という夢に向かう千秋氏を応援する優しさだ。

そしてそうしたプライベートな感情が一貫しているからこそ、
NASAの様々な家族支援プログラムの意味も客観的に理解できる。

万起男氏という、宇宙飛行士の家族というプライベートな立場と、
ミッションにおいては部外者であるという客観的立場を常に意識し得る人が、
NASAのミッションを見て、伝えてくれたことは、とてもラッキーだった。

「見送る人」は、どのような日々を過ごし、どのような感情を抱くものなのか。
それに対し、NASAはどのようなケアを行うのか。

もちろん僕らに直接的な関係は全く無いが、
正直なところ、「宇宙飛行士の家族へのケア」に、これだけの力を尽くせるアメリカという社会には、
本当に驚かされた(たぶん、これが「国力」の底力なのだろう)。

なお、本書は打ち上げで終章となっているが、
続刊の「女房が宇宙を飛んだ 」では、打ち上げ後から帰還、そして全てのミッション完了までが描かれている。
ぜひ、2冊併せて読むことをお勧めする。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

知られざる救いの技術。「世界から感謝の手紙が届く会社―中村ブレイスの挑戦 (新潮文庫)」  

世界から感謝の手紙が届く会社―中村ブレイスの挑戦 (新潮文庫)
千葉 望



体の一部を喪うこと。
もちろん機能的な支障があるが、精神的な苦痛もあるだろう。
機能面については、おそらくは(経験のない僕の浅薄なイメージで申し訳ないが)、
「できたいたことが、できない」という最初のショックが最も大きいのではないだろうか。
しかし精神的な苦痛は、最初のショックもさることながら、
それい以降の人生において、新しい他者と出会う度に繰り返し発生するものであり、
慣れによって軽減されるということは、なかなか無い。

その最たるものの一つが、乳がんによる乳房喪失、なのだろう。
それを補うのが、中村ブレイスによる人工乳房「ビビファイ」である。

中村ブレイスの公式ホームページは、http://www.nakamura-brace.co.jp/だ。

同社は島根県大田市大森町という山間部に位置する企業。
Googleマップで検索していただければ分かるが、衛星写真だと緑一色である。

そのような地において、中村ブレイスは世界各国と取引を行っている。
営業する品目は、医療用の義肢や装具。
そして「ビビファイ」に代表されるような、よりリアル・美しさを追求した義肢だ。
ホームページで見て頂くと実感するが、本物と見紛うような品である。

なぜ中村ブレイスは、こうした義肢を手掛けるようになったのか。
なぜ、大森町という山間部に在るのか。
そして従来の義肢ではなく、「メディカルアート研究所」とまで銘打って、
そのクオリティを追求するのは、なぜなのか。

本書は中村ブレイスの創業者である中村敏郎社長の半生を追いながら、
なぜ中村ブレイスが、今のような会社となったのかを明らかにするもの。

良くあるサクセス・ストーリー物なのだが、
なにより中村社長の夢追い人にして強烈な個性に圧倒される。
特に、石見銀山が世界遺産となった現状をみると、
一人の人間の「想い」の威力に、あらためて驚かされる。

町ごと造り変えてしまう勢いには、確かに賛否両論あるだろうが、
それにしても島根県の山間部に、これほどインパクトのある企業・人が存在することは、
もっと多くの人にしられて良いだろう。

【目次】
第1章 新しいおっぱいをありがとう
 山の工房に先端技術があった
 クオリティ・オブ・ライフを高める義肢装具
第2章 モンゴルの少年との出会い
 両足を失ったツォグトオチルに義足を
 新しい希望を日本に託して
第3章 石見銀山から世界へ
 ハイテクの伝統、大森にあり
 第二の故郷アメリカから大森へ
 ふるさと再生への道
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム