ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

ネットにしか逃げられない絶望が有る。「Dr.キリコの贈り物」  

Dr.キリコの贈り物
矢幡 洋



1998年。どうやってインターネットに接続していたかすら忘れたが、
確かISDNを引いていた、ような。
必要がある時間だけネット回線を接続してた筈だ。

常時接続なんて夢のまた夢だったが、
この数年後にその夢は現実になっていった。
そんなインターネット黎明期だからこそ、ショッキングに報道された事件がある。

それが本書で取り上げられている、ドクター・キリコ事件。

ネットを通じ、「ドクター・キリコ」から青酸カリを購入した女性が死んだ。
匿名性を利用した無責任かつ凶悪な犯罪と報道されていたが、
後日その「ドクター・キリコ」とされる人物も、青酸カリで服毒自殺し、事件報道は減少していく。

ただ、ドクター・キリコが「青酸カリは自殺を止める道具として送った」と主張していたらしいと何かで見聞きしていて、なんとなく真相が気になっていた事件である。

本書は、精神科医が本事件について、関係者からメールにより聴取した話等に基づき、
事件の概要と本質を分析した一冊。
事件が、実は報道とは全く異なる面があったことに、改めて驚かされた。

まずドクター・キリコ(別のハンドルネームは草壁竜次。以下、草壁氏と記載)自身、
愚直なまでの正義感のために疎外され、自殺志望があった。
だが、自殺のために青酸カリを手に入れたことから、事態が変わる。
「いつでも死ねる」という安心感が、「とりあえず一日」を生きる力となり、
「とりあえず一日」が増加していったのだ。
「確実に死ぬ手段」を手にしたことにより、強迫的な自殺志向が克服されたのである。
この特殊な体験が、草壁氏を動かしていく。

ネット上では、様々な理由から自殺を志向する人々が集う場があった。
その中の一つで、草壁氏は自身の薬物知識から、
死ぬために薬物を集めている人々の相談に乗る。
だがその回答は、「そんな量では実際には死ねない」という、
いわば自殺を諦めさせるようなスタンスのものだった。

その中で、いつしか草壁氏は鬱病等の精神病と診断され、
どうしても自殺を志向している人物に、
最後の手段として青酸カリを渡すことを始める。

ただそれは、実は草壁氏としては、自身の経験を踏まえ、
「自殺をやめさせるための最終手段」だった。
実際、それが効した人物が、本書では紹介されている。

だが、もちろん全てがうまく行く筈はない。
草壁氏の意図に反し、自殺してしまう人が発生する。
それに対し、草壁氏は「責任をとる」ために、自身の命を絶った。

これが本書が示す、実際の事件の構図である。
本書を読む限り、おそらくそうだったんだろうな、と思う。

本書にも収録されているが、僕の想像も及ばないほど悲惨な境遇に陥り、
死を選ぼうとする人がいる。
また、心の病、疲れ、その他様々な理由から、自殺を選ぶ人がいる。
僕自身は自殺はすべきではないと思っているが、
人が選択肢の一つとして自殺を見いだしてしまうことは、必ずあるだろう。

それを防止するのが社会的正義だが、その手段は全ての自殺志向者には届かない。

その隙間において、個人の力で無しうる最適解の一つを見つけたと思っていたのが、
草壁氏ではなかったのだろうか。

その方法が、正しいものでなかったことは事件が証明しているし、
本書著者も分析しているとおりである。

だが、こうした自殺志向者が数多く存在し、
それがネットの中でしか自身の苦悩を吐露できないのが、現実社会である。
草壁氏の愚行(あえて愚行と書くが)を非難することは容易いが、
草壁氏がその手段を見いだすに至った現実社会、
草壁氏の青酸カリを求める人々が続いた現実社会を糾弾するのが、本来の姿だろう。

だが現在の日本を見れば、自殺社会ともいうべき様相を呈している。

本書を読んだのは実は昨年7月なのだが、
その後、神奈川県座間市での自殺願望が有る人々に対する殺人事件が発覚した。
こちらは歴とした殺人事件ではあるものの、
自殺を考える人々が、ネット内でしか相談ではないという状況は、
なんら1998年のドクター・キリコ事件とは変わっていない。

ドクター・キリコ事件の本質に、もっと社会がしっかり向き合っていれば、
この事態は変わっていただろうかとも思うが、過去は変えられない。

しかし、未来は別だ。
現在の自殺社会を、このまま継続するのか、否か。
ドクター・キリコ事件を振り返り、
そして座間市での事件を経験した今こそ、現実を直視する必要があるだろう。



【目次】
青酸カリを抱いて
『安楽死狂会』誕生
心中しませんか
樹海にて
さまよえる援交少女―「あい」の独白
八百屋お七
生と死の闇―自殺・治療構造・虚無の心理分析
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 事件・事故

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

日本は安全な国では、ない。「日本赤軍とのわが「七年戦争」―ザ・ハイジャック」  

日本赤軍とのわが「七年戦争」―ザ・ハイジャック
佐々 淳行



日本の政治的現状、将来について様々論じられている。
それについて論じることは目的ではないので避けたいが、
留意しておきたいのは、事を論じている僕たちは、自身が知り得る時代背景により、
その思考が制約されているという点である。

混迷する海外諸国に比べ、それでもテロの多発とは無関係に平和な日本。
そして過去の知識になると、一足飛びに太平洋戦争となる。
そこを直結して考えがちなのだが、
おそらく重要なのは、昭和35年(1960)から昭和55年(1980)までの時代である。
1970年を挟むこの時代は、日本でテロリズムが吹き荒れた時代であった。

その中でも、日本赤軍によるハイジャック事件に焦点をあて、
当時の多くの事件に関係者としていた佐々氏による記録が、本書である。

「よど号」ハイジャックに始まった、日本におけるハイジャック。
よど号事件では犯人自身が「ハイジャック」という言葉を知らなかったが、その成功をふまえ、
以降の日本赤軍はハイジャックを有力な武闘手段として展開していく。
ハイジャックによる身代金入手、海外逃亡、そして過去に逮捕された仲間の超法規的釈放要求。
これらを連鎖させたのが日本赤軍である。
中にはテルアビブ空港での乱射といった恐るべき事件もあり、間違いなく当時、
日本は世界有数の「テロリスト輸出国」だった。

北朝鮮の工作員が日本で多数活躍していた事実。
(「私を通りすぎたスパイたちレビューはこちら )

「よど号」の犯人が北朝鮮で飼い殺しされておらず、
実は北朝鮮の工作員として、さらなる日本人の拉致に関与していた事実。
(「宿命―「よど号」亡命者たちの秘密工作 (新潮文庫)レビューはこちら )

日本赤軍が爆弾テロを多発していた事実。
(「狼の牙を折れ: 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部レビューはこちら)

そして本書のように、テロリストがテロにより超法規的釈放を受け、
更なるテロを行う事実。

これらの事実を踏まえれば、少なくともテロやスパイ活動を、
そのままテロやスパイとして裁けない当時の日本の状況が、
事態をより悪化させたことは明らかだ。
(上記の諸本を読んでおけば、その全てが連携していることが本書でも確認できる。)

そうした時代背景を踏まえたうえで、本来は現代日本に必要な法制度を考えるべきであり、
「今の平和な日本には必要ない」「すぐに太平洋戦争のような状態になる」という思考は、
その懸念は十分分かるものの、やはり片手落ちといえるだろう。

世界各国で繰り返されるテロ。
それ日本で起こらないとは限らない、という主張を笑う人は多いが、
かつては日本でテロが多発し、
それどころか日本人が諸外国でテロ活動を行ってすらいたという事実を知ることが、
今の日本に必要なのではないか。


第1章 『よど号』ハイジャック
第2章 『よど号』模倣犯ハイジャック
第3章 テルアビブ空港乱射事件の衝撃
第4章 ドバイ日航ハイジャック事件
第5章 シンガポール・シー・ジャック事件
第6章 逃走した「ハーグ」「スキポール事件」
第7章 切歯扼腕のクアラルンプール事件
第8章 最悪のダッカ・ハイジャック事件
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 事件・事故

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

事件の背後を、読む。「私は真犯人を知っている―未解決事件30 (文春文庫)」  

私は真犯人を知っている―未解決事件30 (文春文庫)
「文藝春秋」編集部



事件の解決とは、何だろうか。
もちろん刑事事件では、まずは犯人逮捕が必要だが、
その動機の解明も大きな「解決」のステップだろう。

昨今、その動機を安易に「アニメ」や「オタク」だのに求めることが多いが、
それは真の動機の追究を放棄する機会を放棄しているに等しい。
そう考えると、最近のマスコミが、いかに「報道機関」としての責任と役割を自ら放棄しているのかと、
悲しい思いとなる。

だが一方、未解決となった事件、真相が未解明である事件を、じっくり追い続ける人々もいる。

本書は30の事件について、その「真相」を探ろうとする人々のルポ。

ただ、「私は真犯人を知っている」というタイトルのとおり、
冒頭の清水潔氏による「菅家さん冤罪足利事件」、
本来は「北関東連続幼女誘拐殺人事件」と呼ぶべき事件のように、
(詳しくは「殺人犯はそこにいる: 隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件」、レビューはこちら )や、
ある人物まで特定している「「悪魔の詩」殺人事件」のように
明らかに「真犯人を知っている」という章もある一方、
真犯人の人物像に迫るが特定には至っていない「井の頭公園バラバラ殺人事件」、
刊行当時では犯人が判明していなかった「島根女子大生バラバラ殺人事件」なども収録。

また、刑事事件ではなく、映画「影武者」での黒澤監督と勝新太郎の衝突の真相、
桑田と清原のドラフト事件なども一章が割かれている。

すなわち、未解決事件の「真犯人を知っている」というのもあれば、
真犯人の「動機」を知っている、事件の真相を知っている、
真犯人を個人的に知っている等々も含まれており、全てが真相の暴露となっているわけではない。

それでも本書は、日本における事件史(犯罪に限らない)上、特筆されるような諸事件について、
それぞれの著者のスタンスにおける丁寧な概括として、一読の価値はあるだろう。

そしておそらく読後、「なぜ日本の警察・司法はもっと追及しないのか」と、忸怩たる思いを抱くだろう。

しかし、警察に対し、旧態依然とした人員・資源のみで良しとして、
その活動に枷を課してきたのも、国民でありマスコミである。

真に日本の安全を願うならば、日本の捜査体制がもっと充実することも受け入れる必要があるが、
安全神話にどっぷり漬かった層は納得しないだろう。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 事件・事故

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

法医学技術の始まりと現状。「科学捜査ケースファイル―難事件はいかにして解決されたか」  

科学捜査ケースファイル―難事件はいかにして解決されたか
ヴァル・マクダーミド



アメリカのTVドラマには秀逸なものが多く、
それをオマージュなり模倣なりした日本のTVドラマも散見される。
が、日本では作れないな、というのが「CSI:科学捜査班」シリーズだろう。

その理由を端的に言えば、
日本よりも圧倒的に科学的な事件捜査がシステム化されているアメリカにおいて、
それを更にフィクションにより先鋭化した作品だからだ。

検視医も法医学者も少なく、
行方不明や医師の管理下以外での死去について、
「まずは事件を疑い、証拠を調べる」というスタンスもない。

恐ろしい話だが、正直なところ、
日本では多くの殺人が見過ごされていると思われる。

ただ前述のとおり、「CSI:科学捜査班」もフィクションだ。
そのため法医学の先進国であるアメリカでも、
「CSI:科学捜査班」レベルの捜査をなぜしないのか、という欲求も多いらしい。

その状況を踏まえ、
様々な法医学的分野における歴史と現状、有効に活用された事件、
そして現在の限界などについて、丁寧な調査により整理したのが、本書である。

例えば日本の感覚では「指紋は絶対」だが、
本書では「指紋証拠は複数の指紋鑑定人によって示される、補強証拠の一つ」として扱うべきとの意見が示されている。
指紋が一人一人異なることを否定するわけではない。
ただ犯罪捜査において、現場に残った部分指紋と、データベース上の指紋を「比較検討する」という作業において、
人間の判断ミスが入り込む余地があるということを、真摯に受け入れた結果である。

またDNAにしても、コンタミ(試料汚染)の問題がある。
古い未解決事件における証拠品ともなれば、その保管状況も裁判で問われるだろう。
本書にはそうした指摘も多々あり、
アメリカにおける科学捜査の現時点の課題を明らかにしている。
(なお残念ながら、たぶん日本ではそれ以前のレベルである。)

さらに興味深いのは、
 第10章 デジタル・フォレンジック
 第11章 法心理学
 第12章 法廷
として、デジタル上の証拠分析(デジタル・フォレンジック)、
人物プロファイリング(法心理学)、
証拠を法廷でどう評価するか(法廷)という章があることだ。

こうしたテーマが、日本で普遍的になる時は来るのだろうか。

こと犯罪捜査については、あまりに日本は過去の安全神話や、
聴き込み等の人海戦術に寄りかかり、
徹底的な証拠の分析や、将来の再調査に備えた証拠保全という点では、
かなり遅れていると感じている。

本書は、そうした日本への不満を強くさせるほど、
優れたノンフィクションである。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 事件・事故

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

いつまでも語り継ぎたい、栄光ある失敗。「アポロ13号 奇跡の生還 (新潮文庫)」  

アポロ13号 奇跡の生還 (新潮文庫)
ヘンリー,Jr. クーパー



1970年4月11日ジェームズ・A・ラヴェル船長、ジョン・L・スワイガート、フレッド・W・ヘイズは、月へ旅立った。
アメリカでの3回目の有人月探査であり、既に技術的な問題はクリアされ、
月探査は日常的なプロジェクトとなりつつあった。

だが打ち上げから2日後、2基ある酸素タンクのうち1基が、爆発。
それに伴い、酸素タンクから連結していた3基の燃料電池のうち2基が故障。
地球から遠く離れた宇宙空間で、酸素も電気も途絶えるという大事故が発生する。

本書は事故発生から帰還まで、刻一刻と変化する状況を、
まるでリアルタイムで感じるような記録である。
淡々とした記述に対する意見も在るようだが、原著は1973年刊行。
現在のノンフィクションでは重厚な取材が定番となっているが、まだそうしたノンフィクション文化もなかった時代であるだろうし、
事故から3年後というタイミングではこの内容が限界ではないか、と思う。

1993年にトム・ハンクス主演で映画化もされており(「アポロ13 [DVD]」)、おそらく本書刊行以降に明らかとなった情報も踏まえているので、
アポロ13号の緊迫した状況をよりダイナミックに感じたい方は、そちらもお勧めである。

それにしても、本書は生還のドラマもさることながら、
1970年に、宇宙空間での大事故に対してNASAスタッフがいかに考え、
いかに判断して解決に導いたか、という技術的背景を知ることに意義があるだろう。
事故をリカバリーするため体制、ヒューマン・エラーを防ぐための対応。
現代の日本において同様な事故が仮に発生した時に、これほど機能的なバックアップ体制が構築できるのだろうかと、不安になるほどである。
この事故は今から約50年前だが、これこそがアメリカの底力、と言っても良い。
それを知るだけでも、本書の価値はあるだろう。

ところで読み終わって気がついたが、巻末に写真(白黒)とアポロ13号の図版が収録されている。
実はこれを先に見ておく(そして随時確認する)方が、本書は数倍楽しめるだろう。
(どうして巻頭に収録していないのだろうか。)

いわゆる「知の巨人」立花隆を売りにしているため、今となってはちょっと手を出すのを躊躇する装丁だが、
アポロ13号の事故を知るための手頃な一冊である。


【目次】
第1章 ワン・アウト
第2章 月を回る
第3章 復路
第4章 帰還


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 事件・事故

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム