ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

生還者だからこそ伝えられる、生き延びるための努力と運。「御嶽山噴火 生還者の証言 あれから2年、伝え繋ぐ共生への試み」  

御嶽山噴火 生還者の証言  あれから2年、伝え繋ぐ共生への試み
小川 さゆり



御嶽山の噴火。
日本は火山列島だと知っていたが、少なくとも僕は全く想定外の出来事だった。
浅間山や桜島のように頻繁に噴煙が上がる、文字通りの「活火山」ならともかく、
見た目は殆ど他の山と異ならない「活火山」が噴火するということは、なかなか考えにくい。

登山者の間で、どこまで常識となっているのかは知らないが、様々な本や情報で知る限り、やはり自分が登ろうとしている山が噴火する可能性を、登山のたび真剣にチェックする人は少ないようだ。

もちろん火山の警戒レベルは公表されるし、警戒レベルの引き上げによる規制もなされる。

しかし、それで全ての危険が回避できるわけではないという事実を、御嶽山は明らかにした。
それまで当然だった、「本当に危険なら、誰かが情報をチェック・検討・規制してくれるはずだ」という認識は、実際には成立しない。

もちろん関係機関ごとに果たすべき役割と責任はあるが、やはり自らの安全は、最終的には自身が能動的に確保しなければならないだろう。

本書は、御嶽山の噴火時、頂上直下にいて生還した山岳ガイド、小川さゆり氏によるものだ。
(最初に明記しておくが、小川氏し当時ガイドをしていたわけではない。
 自身のガイドの下見として単独行をしていた中での遭難であり、他の登山者と立場は何ら変わらない。
 そしていかなる経験があっても、噴火という未知の状況下で、安易に他人の命を預かることはできないだろう。)

当時者にしか分からない極限状況。
突然の爆発的噴火。火山性ガスにまかれ、噴煙により視界喪失、そして火山灰による呼吸困難。
その中を高速で飛び交う、巨大な噴石。

噴火直後から、被災者は何を感じ、何を理解し、どう行動したのか(もしくは、しなかったのか)。
もちろん一人一人異なるものの、小川氏のように生還者が語ってくれなければ、到底僕らには想像できない。

そして極限状態を生き延びた小川氏は、その生死について、
運だけでは生き残れない。しかし、技術や判断だけで生き延びることはできず、やはり運も必要であると語る。

生き延びる努力を、可能な限り早期に行わなければ、掴めるはずの運も逃げてしまう。
小川氏が本書で使っているわけではないが、おそらく「人事を尽くして天命を待つ」ということだろう。

ただ残念ながら、小川氏も指摘しているように、噴火という極限状態において、
どのような行動が「人事を尽くす」ことなのかという、今後の被害を防止するために最も重要な検証が不十分な状況にある。

確かに、こうした災害において、生存者と犠牲者の行動を比較し、その生死を分けた要因を探るということは、
一方で犠牲者の落ち度を探ることにもなりかねない。

だが、犠牲者に何ら非がなく、まさに人事を尽くしていたとしても、こうした現場では「運」が生死を左右することも、小川氏が指摘する事実だ。

生存者を持ちあげるのではなく、また犠牲者を貶めるものでもない。
淡々と、今後に活かせるファクターを検証するという冷静な視点が、様々な事件・事故において、日本では不足している。

もっと予測精度を上げろ。
行政がもっと注意喚起しろ。
シェルターを設置しろ。
ヘルメットを義務付けろ。

いずれも単純明快な改善策だが、そもそも、それが実際に生死を分けたファクターなのか、
それが「人事を尽くすこと」なのかという検証がなされていない。

これでは、御嶽山の悲劇は、何ら教訓にならないのではないか。
そうした切実な思いが結実したのが、本書である。

同じく御嶽山で被災し、左腕を噴石によって切断した女性がいる。
自力では下山できなかったが、幸い翌日に救助されたようだ。
標高3000mを超え、夜間に急速に気温が低下する中で、左腕離断という重傷を負いながら生き延びたのは、
持っていたツエルトとダウンジャケットのおかげという。
「山に行く場合は、万一に備えた装備を」と、良く言われるが、まさにそれが役立ったというわけだ。
これが「人事を尽くす」の一端ではないだろうか。

災害の現場では、他者に頼ることはできない。
ガイド、医者、様々な役職・立場の人がいるが、同じ災害現場に同時に放り出された時点で、
誰もが被災者である。
自らの身を守ることもすら危うい中で、他人を助けることはできない。
また、人それぞれだろうけれども、
少なくとも僕が被災者であり、今まさに危険が迫っている中で、
目の前の同じ被災者である人間に、自らの安全確保のための判断・行動を全て委ねるなど、恐ろしくて出来ない。

既に日本では、いつ、どこで、どのような災害に遭遇するか分からない時代に突入している。
「人事を尽くす」 とはどういうことで、
自分には、家族には、どこまで可能なのか。
それを知っておくことが防災だと思うが、そうした冷静な報道はあまりにも少ない。

【目次】
第1章 運命の一日(絶好の登山日和
十一時五十二分、一回目の噴火 ほか)
第2章 噴火の実態(御嶽山という山 ほか)
第3章 噴火の爪痕(困難を極めた捜索活動
取材と報道、伝えることの大切さ ほか)
第4章 噴火の教訓(生還できた理由
正常性バイアスと多数派同調バイアス ほか)
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 災害

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

「このままでは正しく行動できない」と知ることが、第一歩だ。「生き残る判断 生き残れない行動」  

生き残る判断 生き残れない行動
アマンダ・リプリー



冷戦というグローバルかつ分かりやすい対立構造の時代は、もう一昔前となった。
だが現在が平和で安全な時代かといえば、
多発するテロ、天災、宗教対立や移民問題等、日々世界のどこかで火の手が上がっている。

過去と違うのは、一般人が、そうした災害・紛争に巻き込まれる可能性が高まっていること。
日本の一地方だから大丈夫という話はなく、いつ、どこで何が起こるか分からない。

そのような状況において、一般人にも「生き残る判断」が求められるが、
果たして人は災害に直面した時、どのように考え、行動するのか。

本書は1977年のアメリカ・シンシナティ市郊外におけるビバリーヒルズ・サパークラブの火災、
1982年のエア・フロリダ90便墜落事故(ポトマック川旅客機墜落事故)、
2001年の9.11同時多発テロ、2004年のスマトラ沖地震、2005年のハリケーン・カトリーナなど、
それぞれの災害中の特徴的な人物にスポットをあて、災害の中で人がどう判断し行動するかを探っていくものである。

本書を読めばただちに「生き残る判断」ができるようになるかといえば、もちろん無理だろう。

だが、災害の中で人は-自分も、他人も-正しい判断をするのが困難であるという認識をスタート地点にできれば、
無知ゆえ「生き残れない行動」を回避できる可能性は高まるだろう。

また、「自分が生き残るかどうか」ではなく、
「誰かを助けられるかどうか」というシチュエーションに直面する可能性も高まっている。
そんな時、いかに行動できるかは、それこそ平時の訓練や意識に大きく左右されるだろう。

本書は東日本大震災以前に執筆されているが、本書が提示した様々な課題は、
振り返ってみれば東日本大震災以降の様々な日本での災害の中にも見いだされる。

過去の文献と考えるのではなく、本書こそ、「歴史から学ぶ」教材として最適の一冊だろう。

なお、9.11の際、モルガン・スタンレー証券の社員が特異的に多数生存したことから、
同社は事前に知っていたとか、同社の自作自演である等の陰謀説がある。
だが本書を読めば、同社の避難の成功は、
・モルガン・スタンレー・ディーン・ウイッター社は1993年の世界貿易センター爆破事件を経験していたこと
・同社の警備主任である元陸軍のリック・レスコラは、当時、知人とビル爆破テロ対策を進言したものの採用されず、
 結局は想定どおりの爆破事件が発生し、的確な対処ができなかった経験があること
・これらから、同社は新しいワールドトレードセンターに入居後、リック・レスコラの主導のもと、
 徹底して実効的な避難訓練を重ねてきたこと
・9.11当日、同氏が主体となって避難を完了させたこと
という、リスク管理、特に避難担当者による積極的かつ日常的な訓練が、避難の成功に結び付いたことが分かる。

これは、東日本大震災は本書刊行後に発生したが、いわゆる「釜石の奇跡」が奇跡ではなく、日常的な訓練や防災教育の成果であったことに通じるものだ。

リック・レスコラは9.11の際、更に逃げ遅れた人を探すためか再びビル内に戻り、そのまま行方不明となっている。

9.11陰謀論を叫ぶのは自由だが、
リック・レスコラが文字通り命を架けて示した、彼の信条である8つのP、
Proper Prior Planning and Preparation Prevents Piss-Poor Performance
(適切な事前の計画と準備は、最悪の行動を防ぐ)
を伝える方が、遥かに重要だろう。

【目次】
「人生は融けた金属のごとくなって」
第1部 否認
 立ち遅れ―北タワーでのぐずついた行動
 リスク―ニューオーリンズにおける賭け
第2部 思考
 恐怖―人質の体と心
 非常時の回復力―エルサレムで冷静さを保つ
 集団思考―ビバリーヒルズ・サパークラブ火災でのそれぞれの役割
第3部 決定的瞬間
 パニック―聖地で殺到した群集
 麻痺―フランス語の授業で死んだふりをする
 英雄的行為―ポトマック川での自殺未遂
新たな直感を生みだす
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 災害

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ドキュメント御嶽山大噴火  

ドキュメント御嶽山大噴火
--生還した登山者たちの証言を中心に救助現場からの報告と研究者による分析を交え緊急出版!-- 【地図付】 (ヤマケイ新書)
山と溪谷社



2014年9月27日午前11時52分、御嶽山噴火。ニュースで見た映像は、「火山列島」という言葉を突きつけるものだった。
現地の混乱、行方不明者の困難な捜索など、記憶に新しい(というか、まだまだ現在進行形と言えるだろう)。

ニュース直後、気象庁の事前の警戒情報が不十分だったとか、
火山に登る方が悪いとか、
シェルターを造れとか、様々な意見が飛び交った。

しかし、こと「噴火」という自然現象に対して、人間が出来得る対抗策は少ない。
まして、市街地における地震対策などと異なり、
火山の火口近くでの噴火対策など、現実的には困難だろう。

その困難さを伝える貴重な証言集が、本書である。

巻頭には、現場での写真を収録。また様々な縮尺の地図も収録し、証言の中の足跡を辿っていける。
収録された証言は、7本。多くの方が、今回のような大規模噴火の中にあっては、生死は運不運に過ぎないと語っている。

では、我々にはどうしようもないのか。

僕は、もちろん最初は「運次第」だけど、
「運良く」最初の危機を乗り越えた時に、その運を持続させるか否かは、
個人の意思と技術が影響する、と思いたい。

それを学ぶのが、本書である。
特に後半は、科学的な側面からの噴火の検証、そして救出にあたった方々の証言である。
噴火という大規模災害に遭遇した時、人は、どう動けるものか(実際は、動けないものか)。
本書により、少しでも頭の片隅に留め、運を手繰り寄せる判断を行いたい。

写真、地図も多く、「噴火」という非日常的な(しかし日本では常に有り得る)自然災害を、
具体的にイメージするのにも有用だろう。
特に地図は、具体的に現場の状況を把握するうえで極めて役立つ。
1年を経過した今だからこそ、改めて読み直したい。

なお、本書は「ヤマケイ新書 山岳遭難の教訓 --実例に学ぶ生還の条件--」(レビューはこちら)や、
「トムラウシ」というケーススタディを元に、ツアー登山の在り方や、ツアー参加者側の問題を分析した「トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか (ヤマケイ文庫)」(レビューはこちら)に並ぶヤマケイ新書。
特定分野において、こうしたしっかりとした本、またはタイムリーな本が出版されるのは、有り難い。

【目次】
第1章 ドキュメント御嶽山の十日間
第2章 七つの証言
 最初は積乱雲かなと思いました
 生きて帰ることを強烈に考えていました
 少しでも噴火から遠ざかろうと思いました
 気づいたら、噴煙が上がっていました
 二回目の爆発は耐えがたいほどでした
 私たちは噴火の音を聞いていないんです
 ああいう漆黒の闇を経験したのは初めてです
第3章 科学的考察―信州大学研究室からの知見
 御嶽山と水蒸気爆発
 防災学から御嶽山を考える
 噴火時の気象と降灰、そして降雪
第4章 救助現場からの報告
 緊急を要した行方不明者の捜索
 御嶽山の一番長い日
 困難を極めた捜索活動
 災害派遣医療チームの苦悩
 登山者を守った山小屋の役割
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 災害

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている  

紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている
佐々 涼子



父は、本屋を営んでいた。僕が高校の頃には店を畳んだが、
その後は祖父が古本屋として開業した。
古本屋も祖父の死と共に畳み、もう店は更地になってしまっているが、
当時を思い出すと、本屋独特の臭い、重み、湿度を思い出す。
人生の初めから本があったし、
こうして読書ブログを書いているくらいだから、死ぬまで本は傍にあるだろう。

その本。電子書籍が主流になると言われて久しいが、
僕は、やはり紙ベースの本を好む。

様々な本ごとにある、表紙の手触り、見返しの色。それらに配慮された栞や花切れ(花布とも言う)など、
「本」というモノならではの美しさがある。

(装丁については、「西洋の書物工房 ロゼッタ・ストーンからモロッコ革の本まで (朝日選書)」(レビューはこちら)が詳しい。)

だが、本をモノとしての本たらしめているもの。
それは「紙」だ。
だが、伝統工芸として取り上げられやすい和紙と違い、
商業ベースの本の紙が、メディアに取り上げられることはなく、
僕も気にしたことは無かった。

だが、東日本大震災において被災した石巻の日本製紙石巻工場。
そここそが、日本の出版界-文庫も、ハードカバーも、新聞も-を支える紙工場だった。

本書は、「エンジェルフライト 国際霊柩送還士(レビューはこちら)」の著者による、
その石巻工場の被災から復興までを追う、ノンフィクション。

エンジェルフライト 国際霊柩送還士」では、その丁寧かつ細やかな取材により、全く知らない世界を教えてくれたが、
本書でもそのクォリティは保たれている。

巨大かつ複雑な製紙工場。それを襲う圧倒的な地震と津波の力。
なすすべもない中で、だが工場長は、「半年での再開」を宣言する。
それは企業活動であるとともに、今日を、そして明日を生きる目的でもあったのだろう。

これまで、僕は本に支えられて生きてきたが、
モノとしての本を支える紙、そしてそれを作り出す人々のことを初めて知った。
それは、とても有り難いことだった。

本書は刊行当時から話題となり、既に読了済みの方も多いと思うが、
未読の方は、ぜひ紙の本で、できれば何とかしてハードカバーでお読みいただきたい。
文庫がどうなのかは知らないが、ハードカバーでは、それに用いられている紙の種類、そして製造工場が記載されている。
そこに記された「日本製紙石巻工場゜8号抄紙機」という言葉の重みを、ぜひその手で実感していただきたい。

【目次】
プロローグ
第一章 石巻工場壊滅
第二章 生き延びた者たち
第三章 リーダーの決断
第四章 8号を回せ
第五章 たすきをつなぐ
第六章 野球部の運命
第七章 居酒屋店主の証言
第八章 紙つなげ!
第九章 おお、石巻
エピローグ
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 災害

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

おいで、一緒に行こう―福島原発20キロ圏内のペットレスキュー  

おいで、一緒に行こう―福島原発20キロ圏内のペットレスキュー
森 絵都



もっと早く本書を読むべきだったが、なかなか手が出なかった。
それは、これを読むと、今里親になれない無力さに直面し、情けなくなると分かっていたからだ。

前回の阪神・淡路大震災では、
僕の家では、被災した犬(飼い主が見つからなかった犬)の里親となった。名前はダイとつけた。

里親になる時、散歩に行ってもすぐに疲れるから老犬と言われたが、
後に、フィラリアとわかった。
走ったり吠えると、すぐに倒れこむ。調子が悪い時に手を噛まれたこともある。
それでも、良い一生を過ごせるように飼ったつもりだ。

だがそれでも、心残りはある。

最後までに、元の飼い主に会わせてやりたかったし、元の名前で読んでやりたかった。
たぶんそれが、ダイにとって、一番嬉しいことだった思う。
DAI


東日本大震災においても、どうしようもなく、ペットと離れ離れとなった方は多いと思う。
だが阪神・淡路大震災と、決定的に違う事態もある。

福島原発の周囲20kmの立ち入り禁止区域だ。
その地域の人々は、慌ただしく避難させられたため、多くのペットや家畜が残され、
探しに行くことすらできない地域となった。

たかがペット、という意見もあるかもしれない。
しかし、飼い主にとっては家族の一員である。
少なくとも当事者にとって、その喪失感は偽物ではない。

その地域のペットを、助けるべく活動しているボランティアの方々がいる。
2014年現在も、様々な方・グループが活動しているが、
本書はその中の一人、中山ありこ氏の活動に同行取材した結果をまとめたものである。

当初は立ち入り許可すら出されなかったため、禁止されている地域にひっそり潜入している。
その活動方法には、賛否両論あるだろう。
ボランティアだから認めるべきだ、という人もいるだろうし、
犬猫を救出するためとはいえ、住民がいない家屋に、第三者が侵入することを警戒する人もいると思う。

だが、一方的にその行為を責めるのには、どこか違和感がある。

それはやはり、行政が「ペットを残してとにかく避難しろ」と指示したのであれば、
その後、速やかに、ペットを救出する策を明確にするべきなのに、そうしなかったことにある。

もし行政がボランティアと連携し、速やかにペット保護システムを構築すれば、
個人のボランティアが潜入するように事態にはならなかっただろう。

これは、自発的ボランティアに頼るようなレベルの話ではない。

今回の震災をふまえ、今後同様な事態が(決して起きてほしくはないが)発生したとき、
人間の次でもいいが、ペット・家畜も救うシステムも、行政が構築する必要がある。

震災がないときから、ペットロス、アニマルセラピーという言葉は存在している。
災害下における飼い主とペットの関係、その問題の重要さを認識するためにも、
本書はもっと読まれる必要がある。


最後に、関連するホームページを紹介したい。
多くの団体では、Amazonで支援物資の注文や、寄付(ギフト券)が可能である。

なお、ざっと検索しただけなので、その活動内容については、それぞれご判断いただきたい。


ねこさま王国
 本書の中心人物、中山ありこ氏のホームページ

にゃんこはうす
 中山ありこ氏が設立した猫のシェルター。

福島被災動物レスキュー RAI

東北地震犬猫レスキュー.com 


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 災害

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム