ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

本は、きっと部屋で繁殖している。「蔵書の苦しみ (光文社新書)」  

蔵書の苦しみ (光文社新書)
岡崎 武志



当然ながら、本は増えていく。とめどもなく増えていく。あゝ、増えていく。



僕の家は本屋だった。
高校の頃に諸々の事情で新刊書店として廃業した後は、今度は祖父が古本屋をやっていた。
だから本は空気のようなもの。
小遣い代わりに本を貰っていたし、自分の本屋になければ片っ端から買っていた。
欲しい本を手に入れない、という選択肢は無かった。

若いころはフィクションを主に読んでいたので、
SFハンドブック」、「冒険・スパイ小説ハンドブック」、「ミステリ・ハンドブック」に掲載されている有名どころは入手していたし、
推理小説であれ文学であれ、同著者の本は全て集めるのが基本だった。
結婚するまでは実家の2階に全ての本を置いていたが、文字通り本で足の踏み場もなく、
横積みしていた本のタワーが林立していた。
阪神淡路大震災の時には、本棚とタワーが倒れ、雪崩が起きた。よく床が抜けなかったものと思う。

また祖父が亡くなった際には、その古本屋一軒分の本と、蔵書全てを一旦引き取った。
祖父の家は大阪にあったが、2トントラックで香川まで運んだ。

祖父とは色々と確執があり、最期まで普通に話すことに慣れなかったが
(「おじいちゃん」と呼ぶことすら躊躇するくらいで、いつも何と呼べば良いか悩んでいた。)、
自分の本好きは間違いなく祖父の血である。
今なら腹を割って本の話ができるのだが、なかなか人生はうまくいかない。

さて、そんな経緯もあり、常人とは異なる膨大な本を持っていた。
マックスは祖父が亡くなった後の1年間。
20歳頃だったが、自室(6畳)、小さい本屋一軒、アパート一部屋(祖父の本の保管用に借りた)分の本を持つことになった。
もちろんそれだけの保管スペースを維持できる筈もなく、1年後には、ほぼ全てを古本屋に売却した。

僕の経緯は特殊だが、遅かれ早かれ、本好きはこうした状況に陥っていく。

さて、本書は、2万冊超の蔵書を抱える著者によるもの。
一応、本を入手したり、蔵書として選別するため心構えみたいな事を書く。

帯にも「蔵書は健全でなければならない」、「多すぎる本は知的生産の妨げ」、
「自分の血肉と化した500冊があればいい」、「机のまわりに積んだ本こそ生きる」
なんて立派なことを書き、整理術っぽく仕立ててはいるが、
結局著者の語るのは「それができれば苦労しないよね」ということであり、
実際のところは様々な人の「蔵書の苦しみ」を語る本である。

そして、そう嘆きつつも、その状況をむしろ誇らしげに語るのが、
蔵書家の業。
本好きの方は、「だよね~」とか言いながら、ぜひ同好の士の苦しみを楽しんでいただきたい。

なお結局のところ、蔵書をスリム化したいのなら、
個々に選別したりせず、えいやっとまとめて古本屋に売るしかない、というのが結論である。
僕も上記の経験があるので、それしかないと思う。
(残す本を選別しようと思ったが、到底無理だった。)

ところで僕は、現在も次々と入手して読むけれど、一部だけ残して、後は売却。
そのストックも、スペースがなければ思い切って売却している。
もちろん「ああ、売らなきゃよかった」と思う本は多々あるし、
できることなら全て残したいくらいだ。でも、売る。

その思い切りができるのは、20歳頃に売却した経験と、
結婚を機に自分の本もほぼ売った経験があるからだろう。
これが正しい道だ、とは言わないが、現実の家庭生活を優先した道である。

本ブログを読む方の中にも、
溢れんばかりの蔵書に悩む方がいるかもしれない。

そうした方は、ぜひ本書を読み、
世の中には上には上がいるなと実感するか、もしくは自分の方が上だなと勝ち誇り、
ぜひ僕の分まで本を背負い続けていただきたいものである(←無責任)。


【目次】
第一話 蔵書が家を破壊する
第二話 蔵書は健全で賢明でなければならない
第三話 蔵書買い取りのウラ側
第四話 本棚が書斎を堕落させる
第五話 本棚のない蔵書生活
第六話 谷沢永一の場合
第七話 蔵書が燃えた人々
第八話 蔵書のために家を建てました
第九話 トランクルームは役にたつか?
第十話 理想は五百冊
第十一話 男は集める生き物
第十二話 「自炊」は蔵書を解決するか?
第十三話 図書館があれば蔵書はいらない?
第十四話 蔵書処分の最終手段






 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 読書

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

文庫の素晴らしさを、文庫で伝える。「文庫本を狙え! (ちくま文庫)」  

文庫本を狙え! (ちくま文庫)
坪内 祐三



子供の頃、「文庫」とは時の審査を経た本の集まりだったように思う。
新刊は四六版で刊行され、その中から残るべき本が数年後に文庫化されていた。

新潮文庫は日本の近現代文学。
角川文庫はエンターテイメント。
創元推理文庫はもちろん推理、早川書房はSFと冒険、岩波文庫は古典と(個人の感想です)、
そのジャンルごとの「スタンダード」が、文庫になっていたと思う。
だからこそ文庫の棚は新陳代謝がさほど激しくなく、
ある程度の本屋なら必ず「在るべき本」が並んでいて、そこから外れたところが
各本屋の個性だったと思う。

著者も、次のような語っている。

かつて、新刊本屋の文庫本棚は、可能性としての自らの書庫だった。
今すぐに必要でなくとも、
読みたいと思った時にはいつでも手に入る。それが文庫本だった。
いわば文庫本棚は、いつか読むかもしれない本の仮置き場のようなもの。

だが昨今、いきなり文庫で刊行される本も少なくない。
また上記のような古典性も失われたように思う。
スタンダードてあっても、「在るべき本」であっても店頭からは消え去り、
いつのまにか絶版となっている。

いったい、文庫にはどんな魅力的な本が存在したのか。

本書は「週間文春」で連載された「文庫本を狙え!」という連載を収録したもの。
後書きに詳しいが、この「ちくま文庫」版が完本のようである。

この連載は、1996年に開始。
毎回一冊が紹介され、その著者、登場人物、執筆された背景を巡るエピソードも盛り込まれた書評である。
セレクトする対象は戦前から同時代モノまで幅広く、特定の時代に偏ってもいない。
ただもちろん、戦後あたりの小説界・出版界を話題とすることが多く、
推理やSFなどのエンターテイメント、とくに海外系エンターテイメントは少ない。
だからこそ、逆に「こんな本が文庫で在ったのか」という驚きも多い。
本好きには長く楽しめる一冊だろう。

さて、現在の出版界における「文庫」は、どんどん寿命が短くなっている。
そのためリアル書店には売れ筋の文庫ばかり多く、
「スタンダード」な文庫に出会う機会は少なくなった。
それは結局、潜在的な本好きが育つ機会を逸しているのではないか。

「文庫」というスタイルは、世界でも珍しい出版形態と聞いた覚えがある。

この素晴らしい出版文化を継続するためにも、文庫の隆盛を臨む。
(少なくとも、長い歴史のあるカバーを、
 節操のないタレントや安易なイラストにぽんぽん変更するのはやめていただきたい。)
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 読書

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

本好きなら、手元に備えておきたい。「打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)」  

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)
米原 万里



ベルリンの壁がある時代に育った身としては、正直なところロシア圏なんて全く視野の外。
ドストエフスキー等の世界文学くらいしか、「本」としては知らなかった。

今でこそ佐藤優というロシア圏を読み解くスペシャリストがいるが、
情報すらなかったからなあ、と思っていたが、実は僕が無知だっただけだと、本書で気づいた。

米原万里というロシア語通訳・エッセイストが、
長らく冷戦後のロシアの世界を「通訳」してくれていたのだ。

本書は米原氏の様々な仕事のうち、
特に「書評」に絞って集約した一冊。
文庫で500ページを超える厚さで一瞬怯むが、
ロシア文学、現代ロシア小説、日本の小説、エッセイ等々、
様々なジャンルを縦断した米原氏の「全仕事」だけに、この厚さも納得である。

そしてジャンルの幅もさることながら、驚くのは米原氏の丁寧な書評だ。
僕のこんな感想文とは全く異なり、
その「一冊」の魅力を冒頭でがっちり描き出し、
そして丁寧に内容を紹介していく。
名書評家というのは何人もいるだろうが、まさにその中の一人に相応しい。

また、近現代ロシア文学・小説に関しては、その紹介の幅、内容ともに一級品だろう。
本書一冊で、ロシア文学の見事なガイドブックとなっている。
読みたい本の書評に付箋をつけながら読んだのだが、
米原氏の語り口に釣れられたためか、また「読みたい本リスト」が延長してしまった。

なお、第一部「私の書評日記」では、合間にガンと直面する米原氏の日々も記されている。
米原氏は読書家であるだけに、ガンとの闘い方も本から入っていく。
その結果米原氏が信頼を寄せたガンへの認識や闘病の方法については、
個々人がどうガンと向き合うかは、真に個人の自由であるために僕は意見を出さないが、
もしかすると読む人によっては違和感があるかもしれない。

あと、本書巻末には書評において紹介された本について、
書名索引と、著者索引がある。
米原氏の質の高い仕事が、さらにこの索引に活かされることになった。
見事な本の造り方と感動した次第である。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 読書

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

本読みの愉しみ、満載。「読書狂の冒険は終わらない! (集英社新書)」  

読書狂の冒険は終わらない! (集英社新書)
三上 延,倉田 英之



本書は対談。一人は様々な本に潜む謎をモチーフとした推理諸説、「」の著者である。
おそらく多くの若い層は、本書によって「古い本」=「ブックオフ等の古本」だけでなく、
+αの価値がある「古書」もある、という事実を知る契機になったのではないか。

もう一人は、僕は未読だが、本を愛し、紙を自在に操って闘う紙使いの活躍という「」というフィクションを書いている方。

端的に言うと、二人とも小説(特にフィクション系)も映画もコミックも好きという方で、
それぞれの本に書かれた事項に関する対談というより、
まさに本そのものや、当時の出版界、メディアミックス等について語り合う。

三上氏が1971年生まれ、倉田氏が1968年生まれということで、
1972生まれの本・映画好きの僕としては正にドンピシャの世代。
今はこのブログのとおりノンフィクション・科学・歴史系ばかりだけど、
若い頃は当然SF、冒険、推理色々読んでいたので、本当に同世代の雑談を聴くような対談である。

積極的に役に立つという本ではないが、
どんな「面白い」本が在るのかを知る(思い出す)のには、うってつけである。

・第1章 モダンホラーは最高だ!
対談は、もちろんスティーブン・キングが軸となる。映画と原作の違いとか、そうだったよなという話が満載。
少し触れられているけど、僕は「モダン・ホラー」と銘打って刊行された
クライヴ・バーカーが好きだった。「血の本」シリーズ。

 
・第2章 乱歩と横溝と風太郎と
まずテーマになっているのが、表紙。
そうなのよ、横溝の表紙はちょっと妖しくて、独特だったのよ。今の表紙は情緒がない。
本棚に並べたら背表紙が真っ黒になった。


この調子で書いていると終わらないので、以下目次のみ。

・第3章 映画と本の怪しい関係
・第4章 「挫折本」もまた楽し
・第5章 珍本・奇本が大好物
・第6章 ああ、思い出のトラウマ本
・第7章 『ビブリア』『R.O.D』打ち明け話
・第8章 古本・古雑誌は宝の山
・第9章 本、愛あればこそ
・第10章 本の未来を語ってみよう
・あとがき 倉田英之

赤川次郎と角川映画という、80年代の楽しさ。
手塚治虫や藤子不二雄。ちょっと異色なところで日野日出志まで。
そして二人の本の購入方法、整理、書店など、様々なテーマについて、本当に「楽しく」語る。

いやあ、改めて昔の小説読みたくなっちゃったな。

そこで、とりあえず再購入したのが(本書では取り上げられていない)、

それまでヒューゴー賞・ネビュラ賞という観点からは「ハインラインこそ至高」って感じがあったが、
ついに両賞を受賞し、新たなSF興隆を期待させた契機となった一冊。

両親が暗殺されかかった影響で、体も小さく、骨も折れやすいハンディキャップがあるマイルズ。
だが彼は、度胸と機智で様々な難局を突破し、身分を隠して傭兵艦隊の提督となる。
その冒険譚の短篇集が、本書。
中でも、単身、敵星セダガンダ帝国の捕虜収容所に潜入して、一万人を脱走させる作戦を描いた表題作は、
本当に面白かった。これぞ夢と冒険に溢れた王道SF。

ということで、少しずつ処分してしまった小説も集めていこう。
島田宗司・綾辻・法月とかの新本格とか、アシモフの「黒後家蜘蛛の会」シリーズ。


クライブ・カッスラーのダーク・ピットシリーズも、ベタな展開だけど楽しかった。
「タイタニックを引き揚げろ」なんて、ほんとに原作の方が楽しい。


問題は、置き場所だ。困ったなあ。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 読書

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

まだまだ読みたい本がいっぱいだ!「ノンフィクションはこれを読め! 2014 - HONZが選んだ100冊」  

ノンフィクションはこれを読め! 2014 - HONZが選んだ100冊
成毛 眞



ノンフィクション書評サイト、HONZで紹介された本の中から、
これはと思う100冊をセレクションしたもの。
2012年の「ノンフィクションはこれを読め! - HONZが選んだ150冊」、2013年の「ノンフィクションはこれを読め! 2013 - HONZが選んだ110冊」、そして本書と3年続けて刊行された。
収録数が150冊→110冊→100冊と減っているが、それはそれ。

既に4年前の本なので、どうしても既読の本も多い。
しかし、やはり多種多様な本好きが薦め、その中から厳選した100冊。
見過ごしていた!という本も有れば、当時は気にしていなかったけれど、
現時点では読みたいと本も見つかった。

それはそれとして、本書を通読し、
改めてHONZが基本的に新刊を紹介するというスタンスであることと、
こうしたセレクションブックの親和性を実感した。

ノンフィクションが扱うのは、様々な事件・事故、発見や技術革新、社会問題などだ。
それはすなわち、時代の鏡であるとも言える。

本書では、例えばSTAP細胞事件、スノーデンによるNSA傍受暴露事件、ダイオウイカに始まる深海ブームなどが背景に有り、イーロン・マスクが電気自動車に進出しようかという時期だ。
それぞれについて、「背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?」、「暴露:スノーデンが私に託したファイル」、「深海の怪物 ダイオウイカを追え! (ポプラサイエンスランド)」、「イーロン・マスクの野望 未来を変える天才経営者」など、それぞれを知るうえで、手に取って間違いない本が紹介されている。
こうした時代性が在ることによって、本書は単なるノンフィクション紹介本ではなく、これ自体がノンフィクションとなっている。

そして何より2013年、「本」を発信源とする事件としては、
殺人犯はそこにいる」(レビューはこちら)の刊行だろう。

(1)1979年 栃木県足利市 5歳女児
(2)1984年 栃木県足利市 5歳女児
(3)1987年 群馬県新田郡尾島町(現・太田市) 8歳女児
(4)1990年 (足利事件) 栃木県足利市 4歳女児
(5)1996年 (失踪事件) 群馬県太田市 4歳女児

これらの事件には、次のような共通点がある。また犯行は半径10キロの範囲内。
・被害に遭ったのが4歳から8歳までの児童
・パチンコ店が行方不明の現場(3事件)
・河川敷で死体遺棄(3事件)
・金曜、土曜、日曜および祝日に事件が発生(4事件)

ただこれらは、連続事件とはみなされていない。
この謎に挑み、「北関東連続幼女誘拐殺人事件」として真犯人に肉薄したのが、本書だ。

そして司法が正義を貫くことができるのかを、「本」という媒体によって問いかけた稀有の一冊である。
HONZでも、「殺人犯はそこにいる」 について様々なレビューがなされ、その一部が本書にも収録されている。

この事件は未だ解決されていない。
唯一、HONZの熱いレビューが「過去のもの」にならないことが悔やまれる一冊である。
このレビューを「本」として遺すためにも、本書は重要だろう。

ところでHONZによるセレクションブックは、本書以降刊行されていない。
主筆の成毛氏の意向かもしれないが、上記のような「時代性」も踏まえて、
そろそろ続刊を出してほしいところ。
















 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 読書

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム