ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

もたない男  

もたない男
中崎 タツヤ



どっちかといえば、僕はコレクションタイプ。
本だと、その著者の本を全部揃えたくなる。
野鳥の羽根や巣の標本も多数。
1993年前後には沙弥島で貝殻を拾い(その頃はとても様々な種類の貝を拾えた。今は養浜のために砂入れされて全くダメ)、切手もあるし、化石も買ってしまう。
際限なく物が増えるので、実家にいた頃は本当に足の踏み場もなかった。
子供の頃から、多数の蔵書とコレクションに囲まれた生活がしたかった。

しかし結婚後、なんとなくモノの溢れた生活が気になりだして、
わりと捨てる人になった。捨てられないコレクションはコンパクトに収納して、
それ以外は捨てる。書類も捨てる。いろいろ捨てる。
本も、10分の1くらいになったのではないだろうか。
でも、まだまだモノが多い。
どうにかしたいと思いつつ、また今年を迎えたしだいである。


さて、本書「もたない男」というタイトルどおり、著者中崎氏は持たない。

何でも捨てる。

昨今の整理術とは異なるのは、捨てられないモノは、部分的にでも捨てるところ。

椅子の背もたれは、不要だからカットして捨てる。

ボールペンは、使い終わった部分をカットして捨てる。

読み返すと思って残した新書と文庫が揃っていないのが気になる。
ホームセンターで万力と金尺を買ってきて裁断し、
新書の余白をカットして捨てる。
それだけ苦労したのに、それも全部捨てる。

今は、本は、読んでいる端から分解して捨てているらしい。
丁寧に、表紙は減った分に見合うようカットする。
でも最後には全部捨てる。

全部捨てるなら、途中で捨てなくてもいいじゃんと思うのだが、
氏の感覚では許されないらしい。

何かポリシーが在っての「持たない男」かと思っていたら、
ポリシーも何もない、ただ気持ちが赴くままのロックな「もたない男」なのである。
まさに想像を超える捨てっぷり。

掃除や整理やシンプルライフの技術的な参考には全くならないくせに、
読後、我が部屋のモノを見境なく全部捨てたくなる。
とても危険な本なのであった。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 整理整頓

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

京大・鎌田流 一生モノの時間術  

京大・鎌田流 一生モノの時間術
鎌田 浩毅



年末になると、あれもしたかっと、これもしたかったという後悔と、
来年こそ実行しよう、という気持ちが交錯する。
そのカギとなるのは、やはり時間管理。
工夫すれば、無駄な時間を削除でき、そこで生じた時間は心のゆとりになる。
心のゆとりがあれば、やりたい事に集中するエネルギーも生じる、と思う。
少なくとも、日々に流されるのだけは、避けたいと思っている。

そこで手に取ったのが本書。
「一生モノの…」というシリーズ著者もあるし、
効率化方面では著名な方かもしれない。
ただ、僕はあまりよく存じ上げない。申し訳ない。

さて、本書で語られるテクニックは、正直なところ
他書でも語られていることだったり、その延長上にあると感じた。
この方独自のメソッドというより、
「色々工夫していることを羅列しました」というところ。
だから、時間管理の本を読んでいない人なら参考になると思う。

考え方として、まず同意したのが読書と、報道に対するスタンス。

p59
「コストパフォーマンスにおいても、タイムパフォーマンスにおいても、もっとも効率のよい情報収集の手段は、読書をおいてほかにありません。」
p61
新聞やネットのニュースは、できるだけ短時間でブラウズする。

ネット情報は非常に便利だが、それに流されると時間は圧倒的に消費する。
情報源が溢れている現在ほど、「どんな情報を、どのように得るか」という
技術面が重要になる。

もう1点。
p77
「「今日のうちに片づける」という習慣を普段から養っておくだけで、時間の使い方がまったく異なるものになります。」
大事だよなあ。

地味なテクニックとしてはこちら。
p171
砂時計を活用して集中する。時間の可視化。
とりあえず子供の歯磨き用にと砂時計を買った。
そしたら全く同じ事昔考えて、既に買っていた。
子供にまで呆れられたのは無念であった。

【目次】
1章 これだけ覚えれば、飛躍的に時間が活用できる!
2章 ちょっとの工夫で時間が倍に増える
3章 「捨てる技術」で無駄な時間をシャットアウト
4章 コミュニケーションをスムーズにする!
5章 みるみる集中力がつく行動術
6章 「身体の声」に従う時間術
7章 豊かな人生を過ごすために





 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 自己啓発

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

クラウド「超」仕事法 スマートフォンを制する者が、未来を制する  

クラウド「超」仕事法 スマートフォンを制する者が、未来を制する
野口 悠紀雄



効率だけを求めるのは味気ないが、効率を求めなければゆとりがない。
最近ちょっと追いこまれ気味のため、つくづく思う。

さて、最も簡単な効率化の一つは「整理する」だが、
かつて「超」整理法というスキームを提示した著者は、現在も効率化を追求している。
このように、継続して効率化やライフハックを追求している方の考え方や現時点の到達状況を知ることは、僕個人で考え工夫するよりはるかに「効率的」である。
そこで今回、ちょっと古くなったが本書をチェック。

本書のテーマはクラウド。今でこそクラウドという言葉が通用するが、
インターネットがISDNやADSLの時代には夢のような話だった。
文書、画像、動画までもネット経由で使えるというのは、
X1Gというパソコンから使いはじめた僕からすると夢のようである。

さて、本書で最も使われているのはGmail。
これは、野口氏のような文書をやりとりする方には有益だろう。
様々な資料や原稿をメール経由で作成する方には参考になると思われる。
いわば、自分←→クラウド←→他人、というスキームに適している。

ただ多くの場合、自分←→クラウド で完結する方が多いのではないか。
それに適したサービスはEvernote、Sugarsync、Dropboxといったところ。
本書ではそのあたりの使い込みは余り語られておらず、
その点は別のライフハック本が参考になるだろう。

ちなみに僕もGmail、Evernote、Sugarsync、Dropboxは使用している。
参考までに書いておこう。

Gmailは通常のメール使用。
ちょっとした工夫としては、例えば雑誌の定期購読サービスのFujisanでは、目次の無料配信サービスがあり、
これを受信。それを更にEvernoteに飛ばしている。
(一度Gmailで受信するのは、Gmailでも検索可能にするため。)

Evernoteは何でも登録。
このブログの下書き、また公開したのも自動受信している。
スマートフォン(Android)では、Posteverで何でもメモしている。

SugarsyncはPCのバックアップ用。通常のドキュメントのほか、
野鳥関係の論文コピーや雑誌記事などをPDFにしているので、そのバックアップも行っている。
これを再度PDF化するのは嫌だ。

Dropboxはスマートフォンとの簡易な共有手段に使用。でも最近活用してないなあ。



【目次】
序章 クラウドが開く魔法の世界
1 クラウドをめぐるいくつかのエピソード
2 ディジタルオフィスはクラウド化でスマートになった
第1章 クラウドの魔法を誰でも使える時代が来た
1 スマートフォンでインターネットを能動的に使う
2 クラウドとスマートフォンは、情報システムを大きく変えた
3 ネットワークがコンピュータになる
4 頭が痛い電波問題
5 「何ができるか」でなく、「何をやりたいのか」が問題
第2章 ため込むな クラウドに上げよ
1 メモや断片的情報の管理は難しい
2 スマートフォンのカメラで断片的情報をクラウドに
3 原稿は自動的にクラウドに蓄積される
4 「自家製ブックマーク」でウェブ情報を駆使する
第3章 クラウドを用いて時間を有効に使う
1 手帳はスケジューリングのためにある
2 クラウド時代のワークステーション「超」整理手帳
3 時間泥棒と戦い、「すきま時間」に対処する
第4章 考える環境を作る
1 もっとも重要なことは紙に向かってやっている
2 PDFとエクセルをもっと活用しよう
3 私はどのように仕事をしているか
第5章 クラウド時代に生き残るメディアは何か?
1 YouTubeは大きな可能性を持つ
2 新聞もテレビもクラウドで
3 新聞の役割は重要性の評価
4 もうすぐ絶滅するという紙の書物について
第6章 クラウドを制する者が未来を制する
1 スマートフォン+クラウド大戦争
2 個人でもクラウドに支援されて起業できる
3 日本人は「ガラパゴス島」に閉じ込められている
4 日本の大企業や政府はクラウドに対応できない
第7章 クラウドは民主主義と両立するか
1 情報システムにおける集権と分権
2 クラウドの本質的基盤は民主主義
3 技術進歩に社会が対応できない
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 自己啓発

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

人生の100のリスト  

人生の100のリスト
ロバート・ハリス



30代の頃までは、野鳥中心に走りまわっていた。
日本各地にも行ったし、密猟者も捕まえたし、標識調査のライセンスもとった。
鳥学会誌にも報告文を出して、自分たちの保護団体も作って、研究誌も刊行した。
手を出しすぎて深めらていないから、全く自慢できるようなレベルではない。
むしろ、僕よりもっと多くの活動で深く活躍している方の方が多いことも分かっている。
ただ、僕としては珍しい野鳥を追いかけるだけの鳥屋にはなりたくなかったので、
それなりに自分の求める姿を追求してきたつもりだ。

今もその延長で活動はしているが、
しかし最近、どうも「塞がっている」感じがしている。

仕事のストレスもあるし、子供の行事が増えて、自分の時間が無くなってきたせいもあるだろう。
でも最大の原因は、自分自身にある。それは分かっている。
やりたいことを見つけ、やりたいことをやる意思、熱意。それが擦り切れている。

その中で、「スチームパンク大百科」というサイトの管理人・五十嵐 麻理氏のアグレッシブさに圧倒されている中で、
麻理氏が自分のやりたい事をリストアップしていることを知った。
(同氏の「今日の100文字」というサイトの中の「2009年を振り返って」)。

そういやER(海外TVドラマ)のマーク・グリーンも、脳腫瘍が告知されたあとやりたい事リストを作っていたよな、と思っていたところ、
様々な人が「人生でやりたい100のリスト」を作っていることを知った。

 例えば前田 塁氏は、自身の100リストのほか、
 100リストを作っている人たちの集まりもプロデュースしている。
 「The Work Life Chaos 仕事と私生活をミックスしたカオスな夢の叶え方
 
それらの方が紹介していたのが、このロバート・ハリスの一冊。

啓蒙的なタイトルで外国人の名前なので啓蒙的な本かと思っていたら、
全く違った。
著者は、クォーターの方。
そして本書は、1960年代後半に海外に渡り、
ヒッピー、フラワー・ムーブメントといった文化の中、
世界を放浪し、オーストラリアで生活したり、悩んだり、心を病んだり、
ドラッグしたり、ギャンブルしたり、本屋を経営したり、映画やTVドラマにかかわったりと、
とてもワイルドでカラフルな人生を送っている。
その一つの支えとして、100のリストがあったというもの。

そして本書は、その100のリストから43項目を抜粋し、それぞれの達成・未達成のエピソードを綴っている。

とはいえ、上記のとおり啓蒙的な内容なんかではなく、
項目も「阿片窟で一夜を過ごす」「人妻と恋をする」「エベレストを間近で拝む」「男と恋をする」
「ヌードモデルになる」「刑務所に入る」などなど、とても一筋縄ではいかないものばかりである。

はっきり言うと、あまり上品な方にはお勧めできない内容でもある。
しかしそれは、普通は隠すような話題もありのままに曝け出しているということだし、
そういうことができる、というのも、著者が自分の人生を100%自分のものとして自信と責任を持っているためだろう。

危険な一冊であり、もちろんこのとおり生きていくなんてできない。
1970年代ならともかく、今の時代にはこうした生き方はかなり困難だと思う。

ただ、自分の人生をいかに生きるか、
いかに自分の人生を楽しむか、という点において、
本書を読んでいるか否かというのは、大きな差になると思う。

僕もかねてから「やりたいリスト」を作ってはいたが、
現在100リストにすべく検討中。人生は短いし、自分の人生だもんな。
 
本日現在、書けているのは32リスト。
100種類すら思いつかないってのは、それだけ日々流されているのだなと反省。
とりあえず、そのうちの一つ「100種類のバウムクーヘンを食べる」は、
ブログ「100種類のバウムクーヘンを食べよう!」でも紹介中。よかったらご覧ください。

こうするだけで、「やりたい事」が具体化し、モチベーションとなって、現実化するものだなと実感。


なお、ロバート・ハリス氏のブログはこちら。
EXILES ロバートハリスブログ

 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 自己啓発

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 11月号 手帳大全  

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2013年 11月号 手帳大全



今年もあと2カ月程度、約10週間で終了である。
もう恒例の行事となった、ビジネス誌の手帳特集。本誌は付録として、手帳用文具ケース(ゴムバンドでセットするもの)が付いていたので、ついつい久しぶりに購入した。

中身は、お馴染み様々なビジネスパーソンの手帳術紹介。人それぞれに工夫があり、そこから自分にあったものを探し出すのが楽しい。特に今回は手帳術10周年とあって、ほぼ半分が手帳記事。
また、過去10年に紹介した中からピックアップされた手帳術もあり、ボリューム的にもかなりお得な特集と思う。
傾向としては、ほぼ日手帳のような1日1ページではなく、ウィークリーやマンスリータイプ、
また内容もタスク管理が重視されている。時代としてちょっと前向きなのかもしれない。

それにしても、紹介される方々のエネルギッシュなこと。
手帳術の特集は、テクニックはもとより、こうした人々の「熱」にあてられ、
自分も頑張らなきゃ、というモチベーションになる。
むしろ、僕にとってはそちらの効果の方が高いように感じる。

さて、今のところはメインはバイブルサイズのシステム手帳で行くつもりだが、
野鳥記録やその他もろもろ、ちょっと来年は頑張りたいところ。

そうそう、動物写真家の福田幸広氏の手帳が載っていて、
生き物を追いかける人間の手帳術が見られたのが興味深かった。

また、手帳関係アプリやデジタルデータとの連携も掲載されている。

本誌は690円。
来年度以降、少しでも前向きに生きていくためのトリガーとしては、
非常にコストパフォーマンスが良いと思う。
自分も含めてだが、
日々の生活が惰性に流れているなあと感じている方には、強くお勧めする。



【目次】
■特集1 手帳大全 2014
●プロフェッショナル 手帳の流儀 1年後、成長を実感するためのノウハウ大公開! (012p)
●Part1 プロフェッショナル手帳の流儀(015p)
●町おこし仕掛け人の手帳術ご当地グルメ、カギはネーミング。手帳がアイデアの“源泉”に(016p)
●ソムリエの手帳術 “余白の美”が一流ソムリエの証し。知識は頭の中。本質だけを記す(018p)
●動物写真家の手帳術 いつ、どこで撮るべきか?  必携の 「10年記録」 が道標に(019p)
●クリーニング師の手帳術 名人芸を継ぎ、伸ばし、伝える。2代目の手帳は更新あるのみ(020p)
●社会人ラグビーチームの監督の手帳術4カ月の予定を選手と共有。直近1週分は書いて覚える(021p)
●医師の手帳術 手帳はゆっくり丁寧に書こう。自律神経が整い、心身が安定(022p)
●Part2 結果を出すエース社員の手帳術(023p)
●エース社員1 ビースタイル(テーマ:モチベーション向上) 「自作」 手帳でトップ営業12年。会社設立も“紙の力”が支えに(024p)
●エース社員2 リアライズ(テーマ:絵で記憶を呼び覚ます)/エース社員3カルビー(テーマ:ToDoの整理)似顔絵をイメージ優先で描く。半年後の商談攻略のヒントに/クセルで予定変更も即対応。ToDoは消さず、やる気の糧に(026p)
●エース社員4 三井不動産(テーマ:目標必達)第2週の火曜13時半に“勝手アポ”。飛び込み営業の勝率を3割UP(028p)
●エース社員5 博報堂(テーマ:思考の整理)13個のアイコンで情報ダイエット。記憶より速度重視で、発想力UP(029p)
●エース社員6 アビームコンサルティング(テーマ:行動管理)ウイークリー面で詳細管理。自己成長のための時間を捻出(030p)
●エース社員7 リクルートキャリア(テーマ:時間活用)大量タスクはデジタル処理。自分時間は 「紙」 で絞り出す(032p)
●エース社員8 クニエ(テーマ:生活リズム確立) 「仕事は順調、オフはダラダラ」 を大型手帳で解消し、資格に挑戦(034p)
●Part3 “隣の達人”読者の実践ワザ(035p)
●殿堂入り手帳ワザ アソシエ 「手帳特集」 10周年記念特別企画(036p)
●アソシエ読者の達人ワザ2014 試行錯誤で編み出したアイデア満載! (044p)
● 「時間密度」 を劇的に高める 「難関受験合格」 手帳術 CASE1 ハーバード大学院留学吉田穂波さん(医師) (050p)
● 「時間密度」 を劇的に高める 「難関受験合格」 手帳術 CASE2 公認会計士資格寺村 航さん(会計システムコンサルタント) (052p)
●広報ウーマンの“ガチ手帳”を拝見!  日本能率協会、カンミ堂、ダイゴー(054p)
●家庭円満スケジュールワザ 共働きのママ&パパに学ぶ(058p)
●Part4 逆境を突破した経営者の手帳(061p)
●スゴ腕経営者の手帳術01 良品計画会長 松井忠三さん左遷→V字回復の21年を支えた 「言葉メモ」 は“再編集”で血肉に(062p)
●スゴ腕経営者の手帳術02 マロニー社長 河内幸枝さん40歳専業主婦を社長に育てた経営数値びっしりの 「10年手帳」 (064p)
●スゴ腕経営者の手帳術03 三州製菓社長 斉之平伸一さん残業なしでも儲かる会社へ。2冊の手帳で 「仕組み」 を築く(066p)
●Part5 ここまでできる! デジタル管理(069p)
●ライフログの達人が伝授。完全“デジタル”手帳術 スマートフォンをフル活用(070p)
●注目手帳アプリ14 やっぱりデジタルでしょ! (074p)
●Part6 もっと知りたい、手帳のこと(077p)
●マネジャーの手帳が語る、手塚治虫が 「マンガの神」 だった理由松谷孝征さん(手塚プロダクション社長)に聞く(078p)
●医師が教える“手帳の効用” ネガティブ思考よ、さようなら! 「できたことを書く」 で、うまくいく(080p)
●海外ビジネスパーソンの手帳事情 世界各国では、どう使われてる? (082p)
●ピーター ・ バラカンさんの手帳術 英国ではデジタル管理が主流。数字の記入に要注意! (084p)
●特別鼎談 糸井重里 ・ 佐藤 卓 ・ 中村勇吾 中村さん、なぜ手帳を書かないんですか? (086p)
●Part7  「あなたの1冊」 選び方ガイド(089p)
●基礎から始める手帳選びの3ステップ 自分にぴったりの1冊を見つけよう! (090p)
●目的別 あなたの望みをサポートする 新作手帳2014 その1複数の予定管理ができる、薄くて軽い、カレンダーになる…(092p)
●目的別 あなたの望みをサポートする 新作手帳2014 その2日記代わりにたくさん書きたい、表紙デザインにこだわりたい、デジタル対応のモノってあるの? …(100p)
●KMT47(県民手帳)のすべて 全都道府県コンプリート!  センターは長野県! (106p)
●今どきの 「学生手帳」 事情2016年の春以降、手帳マスターが続々と社会人デビュー !? (112p)
●もやもや解決相談室 手帳ソムリエが読者のちょっとした悩みに答えます! (114p)
●2大人気ペンの高級モデルが登場“消せる”フリクションと“滑らかな書き心地”のジェットストリーム(117p)
●手帳を彩る厳選アイテム37(118p)
●特別付録 手帳用文具ケース 使いこなし講座 手帳と一緒に持ち歩こう !
●方眼に沿ってキレイに書ける 「NOLTY リスティ」 発売中! (124p)

 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 自己啓発

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム