ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

西洋博物学を支えた、伝説の標本商。「捕虫網の円光―標本商ル・ムールトとその時代 (中公文庫)」  

捕虫網の円光―標本商ル・ムールトとその時代 (中公文庫)
奥本大三郎



昆虫標本商というと常人には馴染みがないが、
世界に昆虫がいて、そして虫屋が遠く離れた世界の虫に夢を抱く限り、決して消滅しない職業である。

もちろん現代日本にも存在するし、現代でも川村俊一氏の著作は見たことがない世界を垣間見せてくれた(「昆虫採集の魅惑 (光文社新書)」(レビューはこちら)、「昆虫標本商万国数奇譚」など)。

だが、標本商が大活躍するのはやはり18世紀から20世紀前半、ヨーロッパ諸国による世界「発見」ブームの時期だろう。
西洋博物学が、文字通り未開拓の国に出会う時期。標本商にとって、これほど活躍できる時代は無かった筈だ。

そして本書はまさしく、20世紀前半、西洋諸国が様々な国に植民地を得て、
ブラックホールのようにその地の全てを吸い込んでいた時代に活躍したフランスの標本商、
ウジェーヌ・ル・ムールト(1882年-1967年)の評伝である。

ル・ムールトはフランス生まれではあるものの、父の仕事のために南アメリカに渡った。
そこで多種多様な昆虫に出会い、そしてそれらを捕る術を覚えた彼は、
成人後、自身もギアナ植民地の刑務所の官吏として着任し、思う存分昆虫を採る。
その後、フランスに戻り屈指の標本商として名をあげるようになる。

ル・ムールトについては、もちろん清廉潔白・高潔高邁という訳ではなく、
稀代の虫好きであり、虫を中心に生活するというタイプだ。
当たり前に生活のトラブルもあり、世俗的な欲求もある。

だが、1930~40年代、英・仏・独の多数の標本商が世界中の植民地等を舞台に活躍していた時代に、
奥本氏によれば
「とくに著名な標本商をあげるならば、ドイツのシュタウディンガー商会、フランスのル・ムールトとデロール、イギリスのワトキンス・アンド・ドン・カスター紹介、というとになるであろうか。」
とまで成るのは、やはり南米での採取屋との強固にパイプと、
ル・ムールト自身の虫屋としての創意工夫によるのだろう。

本書はそうした立志伝の物語であるのだが、よくある伝記とは全く異なる楽しさがある。
それは、著者自身が名うての虫屋であり、かつフランス文学者でもある奥本大三郎であることだ。

そのおかけで伝記の時代背景等については諸文献を踏まえて詳しく、
また昆虫に関する知識についても、見事な口絵とあわせて、損失がない。

このテーマにしてこの著者ありというか、世界中でもこれ以上のル・ムールト伝はないだろう。

そして、標本商に興味がない方であっても、
20世紀初頭のフランスおよびフランス植民地の状況を知るうえでも、恰好の一冊である。

対象であるル・ムールトに対する優しい視線、昆虫及びフランス近現代史に関する詳しい知識と、
まさに読むことが楽しい伝記である。

【目次】
序 最晩年の肖像
1 ブルターニュの石頭
2 南米との出会い
3 採集人になる
4 二度目のギアナ
5 パリの学生生活
6 モルフォ大作戦
7 昆虫界半世紀の蝶瞰図



 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 昆虫

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 1

昆虫を手掛かりとした考古学は、風景を再現する。「ムシの考古学」  

ムシの考古学
森 勇一



道鏡、銅鐸、石器、土器、人骨。
考古学といえば、もちろん人間の遺物の発掘がスタートであり、中心だろう。
だが、今よりももっと人間の生活と環境が密接に結びついていた時代であればこそ、
当時の人々の営みを考えるうえでは、その環境の復元こそ重要である。

そこで地層中の樹木や花粉などが、その環境復元の手掛かりとされていたことは知っていたが、
「昆虫」もその材料の一つになるとは、思っていなかった。

だが考えてみれば、昆虫標本が示す通り、
昆虫の外骨格は状況さえよければ相当な年数が保存可能である。
それこそ恐竜時代以前の昆虫化石が発掘されていることから見れば、
日本で人類が活動し始めた以降の昆虫遺物が在ることは、妥当だ。

ただ問題は、日本の(ここ数万年の)気候は、極めて速やかに有機物を分解する状態にあること。
人が耕した田であっても、数年放置すれば樹木が茂る。
かと思えば氾濫でも攪乱され、地震、津波、噴火も多い。

だから考古学的な遺跡から昆虫遺物を見いだせるものの多くは、破片にすぎない。
しかも、生体であっても識別が困難な昆虫である。
破片から種を特定するなんて、恐ろしく大変な作業である。

だが、その成果がここにある。

著者は高校教師、異動によって愛知県埋蔵文化財センターでも5年間勤務して事がある。
大学等の研究者ではないが、
実のところ、高校教師が、特殊な切り口による極めてマニアックな研究を続けている場合は多い。

本書もその好例であり、自身による発掘の他、各地から識別依頼された試料の検討結果がまとめられている。

取り上げられている遺跡は国内50箇所以上、さらにアンコールワットや中国にも及び、
時代も旧石器時代から近世までに至る。

それぞれの地で発見された昆虫の欠片。
それを電子顕微鏡などで精査し、種を特定する。
その結果浮かび上がる、新たな事実。

ごく標準的な事例として、イネクイハムシやイネクロカメムシなどの水田に棲む昆虫、
「水田指標昆虫」の検出。これによって、発掘している地が水田であったという事実が補強される。
中には佐賀県樫原(かしのきばる) 湿原のように、ボーリング調査の結果、
地下3.5mの地点にイネクイハムシ等が見いだされた事例がある。このポイントでは同時水田雑草の種子なども見いだされ、湿原が中世には水田化されていたことが判明した。

また、名古屋城三の丸遺跡において、屋敷内に埋桶の調査。
直径1.1m、深さ3メートルで基盤層を堀り、内部に板材を配置して桶状にしたものだ。
従来これは「井戸」とされていきたが、調査の結果、内部からハエのサナギが大量に見いだされる。
そのハエはヒメイエバエ、たくあん漬けのぬかに特異的に発生する。
すなわちこの遺物は、「ぬか床」だったのだ。

さらに群馬県の萩原団地遺跡では、通常分離する昆虫の左右上翅や前胸背板が癒合したものが、
他の遺跡より突出して多いことに注目する。
同時に検出された軽石とあわせて、実は榛名-二ツ岳の軽石・火山灰の降灰により、
一斉に全滅した、しかもそれらの昆虫の発生時期から、降灰時期は6月上旬~9月中旬までと推測する。

この他にも多数の事例が紹介されており、あたかも推理小説を読むようである。

昆虫と考古学、一見縁遠いようだが、実は極めてポテンシャルの高い調査手法である。
なかなか類書はないが、幸いなことに続刊がある(「続・ムシの考古学」)。
昆虫好き、考古学好き、いずれの層も楽しめる一冊である。

【目次】
1 寒さにふるえた北の狩人
2 躍動する縄文人
3 悪臭漂う弥生ムラ
4 火山灰に埋もれた田んぼ
5 古代‐地方都市の賑わい
6 中世農民のフロンティア魂
7 信長の米倉
8 大名屋敷の台所
9 アンコール文明と長江文明を探る
10 ミエゾウがいたころの昆虫化石
11 水辺と湿地の環境学


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 昆虫

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

見たくないけど、見てみたい!「世界の奇虫図鑑: キモカワイイ虫たちに出会える」  

世界の奇虫図鑑: キモカワイイ虫たちに出会える
田邊 拓哉



生物多様性と進化の妙を一目見て実感できる生物と言えば、
やはり昆虫だろう。
ヒトは視覚による情報収集する生きものだから、非常に高精度な眼を持っている。
一方、多くの哺乳類は夜行性のため、さほど見た目に変化が無い。齧歯類なんて見た目では別種かわからない。
視覚によるコミュニケーションを行うのは鳥類であり、よって見た目も多様だが、
かなり大形の生きもののため、種数が限定される。全世界で約1万種程度だ。

その点、昆虫はコミュニケーションの視覚依存度は低いものの、
鳥類という眼で探す捕食圧に晒されていることもあるだろうが、
昆虫の華やかさというと、抜群である。

本書は、「奇虫」というカテゴライズにより、
世界中の奇妙な虫をセレクトしたもの。

全長10cmのオブロンゴナータヒッシングコックローチ(日本のGの巨大なやつ)、
これも30cmのダイオウサソリ
最大60cmのガラパゴスオオムカデという巨大派もあれば、

生きた化石といわれるガロアムシ、
土中に住みながら泳げ、飛ぶことも可能なケラ、
オオゲジ(「キング・オブ・不快生物」なんてキャッチコピーあり)、
トリノフンダマシというとった日本の不快生物も掲載。

かと思えば、身近の畑や草地に生息しながら、発見後数十年も再発見されなかったため、
命名者によって「二度と忘れないように」と名付けられたワスレナグモ、
「David Bowie」の名が付いたアシダカグモの近縁種、
マレーシアオレンジハンツマンHeteropoda davidbowieなど、
様々な観点からセレクトされている。

そして本書の特徴は、著者が爬虫類・両生類専門店の社員であり、
かつ爬虫類・両生類・奇虫の飼育愛好家であるために、
生態をはじめ、多くの虫に国内流通状況や飼育ポイントが細かく書かれているのが特色。

一方的に「気持ち悪さ」を煽るのではなく、
実際にその虫を知り、存在を肯定している著者がきちんと書いた本であり、
よくあるテーマ専攻の、編集者の思いつき本ではない。

特に巻末に収録されたタランチュラ、ムカデ、ヤスデの飼育方法は極めて詳細で、
その筋の人には重宝されるのではないだろうか。

タイトル、レイアウトやキャッチコピーは良くある煽り系の雰囲気だが、
内容は丁寧なもの。
「世界の◯◯な◯◯」をパラパラ捲るよりは、
本書を開く方が、僕は楽しい。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 昆虫

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ヒトの営みは、昆虫にいかなる影響を与えるのか。「昆虫にとってコンビニとは何か? (朝日選書)」  

昆虫にとってコンビニとは何か? (朝日選書)
高橋 敬一



昆虫、鳥、魚類等々。ヒトを含め、全ての生きものは、
遥かな過去から連綿と続く自然環境の変化に適応し続けてきた、進化の産物である。

また、自然環境の変化というダイナミックな変化、時間的な変化が縦軸にあるとすれば、
一方で、同時代に生きる他の生物との関係が横軸にある。

ただし、それぞれの生物による環境改変は、それなりに限定的であった。
だからこそ、絡み合う糸のように各生物は関係し、共進化を遂げてきたのだろう。

だが、ヒトは異質である。
ヒトによる環境改変は極めて広範囲に及び、かつ短期間になされる。

さらに、自然環境の変化―
例えば池が干上がって窪地となり、草原から林、そして森になり、氾濫によってまた池になりというサイクル性もなく、その変化の多くは、森林を開拓して宅地化し、やがてビルが立ちと、不可逆的なものだ。

そうすると、自然界の変化サイクルに適応・進化してきた多くの生物は、
この劇的な変化に対して、相当攪乱されているだろうことは、容易に想像できる。

そこでターゲットを昆虫に絞り、
様々な人工物や人為的事象を中心に、その影響について思索したのが、本書である。
(なお、「沖縄」や「小笠原」といった地域もテーマとされているが、
扱われているのはやはり、それぞれの土地における人為的事象の影響である。)
著者がカメムシ屋ということもあり、視点・視野はどうしてもカメムシが中心となっている。
その点、昆虫にほぼ興味が無い層にはとっつきにくいかもしれないが、
全く知らない視点からの考えを知ることが出来る楽しみもあるだろう。

なお本書後半では、特に著者による自然保護-根拠がない自然保護や、
感情論が先に立った自然保護に対する主張(反論)が盛り込まれている。

例えばノスタルジックな自然保護。
自身が生まれ育った環境が「ベスト」と考え、それ以前の状態には関心がない、
自身が見た事がある種(または好きな種)に拘る、
それを若い世代に強要する、という自然保護論だ。
僕としては、ノスタルジックな自然保護は入り口としては妥当だと思う。
ただし、そこから視野を広げて、どこが到達点か、どこに不足があるかを常に問いながら進んでいきたい。

また特に強く主張されているのが、昆虫採集反対論者に対するものだ。
昆虫採集反対論者とは、昆虫採集を禁止することで、昆虫類の減少・絶滅が防止できるという考えに立ち、新種発見や生態解明に関する昆虫マニアの貢献には関心が無い者と、本書では定義づけられている。

一般的な昆虫採集によって、ある種が絶滅することは、おそらく無い。
もちろん個体数が少ない場合には、それなりのインパクトは有るだろう。
だが絶滅・激減の最大の原因は、やはり営巣環境の破壊であり、それは昆虫採集ではなく、
一般的な開発によってなされる。

そこで結局、昆虫採集を禁止しようがしまいが、
当該地域の昆虫の個体数に影響はない―というのが、著者の見解だ。

これに対して様々な意見もあるだろうが、
問題は、そうした議論が客観的なデータにより為されていないことにある。
もちろん、乱獲・環境破壊と言うべき粗暴な昆虫採集者もいる。

ただ個々の地域や昆虫を保護すべきと考えたとき、
何を防止するのが効果的で必要なのかという対策について、
どこまでデータを踏まえて議論されているのだろうか。

昆虫を保護しなければならない。
ならば、「まずは採集を禁止しよう」という短絡的な発想は、
ともすれば「採集を禁止したから大丈夫」という誤解に陥りやすい。

だがそこで失われるのは、保護すべき昆虫のデータ、保護のために必要な生態情報であり、
他の減少要因については放置されたままとなる。
その結果、昆虫は減少していく。

野鳥や魚類、菌類や植物など、他の動植物群にまで議論を展開する必要はない。
それぞれの動植物群こどに、それぞれの有効な対策がある。

ただ特に昆虫に対しては、「採集禁止」という策が、
唯一にして最も効果的な対策とは、どうしても思えない。

自然保護において重要なのは、様々な主張の「声の大きさ」ではなく、
裏付けのデータである筈だ。

本書著者のメッセージも、そこに在るだろう

【目次】
昆虫にとって車とは何か?
昆虫にとってカビとは何か?
昆虫にとって船とは何か?
昆虫にとってコンビニとは何か?
昆虫にとってビールとは何か?
昆虫にとってペットの糞とは何か?
昆虫にとって材木とは何か?
昆虫にとってイナゴの佃煮とは何か?
昆虫にとって人家とは何か?
昆虫にとってスギ林とは何か? 等
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 昆虫

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

昆虫を追って南米・アフリカ…それは興奮歓喜の旅!「[カラー版]昆虫こわい (幻冬舎新書)」  

昆虫を追って南米・アフリカ…それは興奮歓喜の旅!「[カラー版]昆虫こわい (幻冬舎新書)」
丸山 宗利



昆虫はすごい (光文社新書) 」(レビューはこちら ) 、「バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)」(レビューはこちら)など話題作が続くが、昆虫ものが大賑わいである。良い時代だ。

特に素晴らしいのは、昆虫を「研究する」ことが楽しいぞ、という本が多発していること。
バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書)」もそうだし、本書もそうである。

昆虫研究なんて何の役に立つのという意見もあるが、
生物を調べるというのは人間の知的活動の基礎も基礎。理屈はいらない。

本書は「昆虫はすごい (光文社新書) 」の著者である丸山氏が、専門の好蟻性昆虫やツノゼミを求め、
世界各国―とはいえ、南米やアフリカなどだが―を旅する昆虫採集記である。
フルカラー。
珍奇なツノゼミを初めとした珍しい昆虫はもとより、
採集地の風景、食事などの写真も多く、まるで採集旅行の土産話を聴いているようだ。

同行する人も楽しく、「〈オールカラー版〉 珍奇な昆虫 (光文社新書) 」(レビューこちら)の山口氏(「ジャポニカ学習帳」の表紙写真の人)、「裏山の奇人: 野にたゆたう博物学 (フィールドの生物学)」(読みたい!)の小松氏(本書での呼び名は「奇人」)など。
現地の案内人も個性豊かで、いやはや面白い。
目印にした紙切れがアリに持ち去られて道に迷ったり、
物の盗られたり腹を壊したりツエツェバエに刺されたり。珍道中ともいうべき旅行記は、自然と笑いがこみあげてくる。

と思えば本書では、さらっと「新種だ!」とか、「◯十年ぶりの再発見だ!」などの丸山氏の発言が連発される。
そこにあるのは、しっかりした観察力と、過去の文献を読み込み、その情報を全て頭に叩き込んでいる研究者の凄さだ。

これらが同居しながら、研究やフィールドワークって面白いということを伝える本書。
夏休みの課題図書にぴったりである。

前述の「バッタを倒しにアフリカへ (光文社新書) 」とあわせて、この夏心底楽しめる本。
お薦めである。

【目次】
第1章 最強トリオ、南米へ―ペルーその1 2012年1月
第2章 アリの逆襲―ペルーその2 2013年9月
第3章 虫刺されは本当にこわい―カメルーンその1 2010年1月
第4章 ハネカクシを探せ―カメルーンその2 2015年5月
第5章 新種新属発見!―カンボジア 2012年6月ほか
第6章 熱帯の涼しくて熱い夜―マレーシア 2000年5月ほか
第7章 研究者もいろいろ―ミャンマー 2016年9月
第8章 いざサバンナへ―ケニア 2016年5月
第9章 でっかい虫もいいもんだ―フランス領ギアナその1 2016年1月
第10章 昆虫好きの楽園―フランス領ギアナその2 2017年1月
番外編 ちゃんと研究もしてますよ







 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 昆虫

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム