ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

もたない男  

もたない男
中崎 タツヤ



どっちかといえば、僕はコレクションタイプ。
本だと、その著者の本を全部揃えたくなる。
野鳥の羽根や巣の標本も多数。
1993年前後には沙弥島で貝殻を拾い(その頃はとても様々な種類の貝を拾えた。今は養浜のために砂入れされて全くダメ)、切手もあるし、化石も買ってしまう。
際限なく物が増えるので、実家にいた頃は本当に足の踏み場もなかった。
子供の頃から、多数の蔵書とコレクションに囲まれた生活がしたかった。

しかし結婚後、なんとなくモノの溢れた生活が気になりだして、
わりと捨てる人になった。捨てられないコレクションはコンパクトに収納して、
それ以外は捨てる。書類も捨てる。いろいろ捨てる。
本も、10分の1くらいになったのではないだろうか。
でも、まだまだモノが多い。
どうにかしたいと思いつつ、また今年を迎えたしだいである。


さて、本書「もたない男」というタイトルどおり、著者中崎氏は持たない。

何でも捨てる。

昨今の整理術とは異なるのは、捨てられないモノは、部分的にでも捨てるところ。

椅子の背もたれは、不要だからカットして捨てる。

ボールペンは、使い終わった部分をカットして捨てる。

読み返すと思って残した新書と文庫が揃っていないのが気になる。
ホームセンターで万力と金尺を買ってきて裁断し、
新書の余白をカットして捨てる。
それだけ苦労したのに、それも全部捨てる。

今は、本は、読んでいる端から分解して捨てているらしい。
丁寧に、表紙は減った分に見合うようカットする。
でも最後には全部捨てる。

全部捨てるなら、途中で捨てなくてもいいじゃんと思うのだが、
氏の感覚では許されないらしい。

何かポリシーが在っての「持たない男」かと思っていたら、
ポリシーも何もない、ただ気持ちが赴くままのロックな「もたない男」なのである。
まさに想像を超える捨てっぷり。

掃除や整理やシンプルライフの技術的な参考には全くならないくせに、
読後、我が部屋のモノを見境なく全部捨てたくなる。
とても危険な本なのであった。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 整理整頓

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

究極の文房具カタログ【マストアイテム編】  

究極の文房具カタログ【マストアイテム編】
高畑 正幸



昔、「B-TOOL」という文房具の雑誌があった。
内容も濃く、創刊号から廃刊まで全号持っていたが、処分してしまった。惜しいことをしたと思う。

その雑誌で、
学生時代の文房具観-単なる筆記用具というイメージから、
用途に応じて様々なジャンル・レベルの文房具が存在し、
それを適切に選び、使うことで世界が改善されることを楽しく学んだ。

以降、面白そうな文房具はチェックして、使ってみるようにしている。

そうした進化する文房具を追うことも楽しいが、
「定番」を使うこともまた正しい。定番には定番の理由があるからだ。

といっても、それが「定番」となり得た理由は、実は素人には分かりにくいものである。
あまりにも普遍的過ぎて、その「良さ」が当たり前になっているのだ。

それを再認識させてくれるのが本書。
文具王・高橋氏による、書く・消す等の各動きに対応した定番商品について、
だいたい1品2Pで紹介している。

なぜそれが定番足り得たのか。それを知れば、
その類の商品を選ぶポイントも学ぶことができる。
そうした入門書としても、本書は役立つだろう。

自分に適した文房具を使うことは、実は非常に重要なことだ。
ストレスを感じたり、不便な文房具を使ったロスする余裕は、僕らには無い。

たかが文房具だからこそ、それに振り回されないよう、
適切な知識を持っておきたい。
2006年初版の古い本だが、定番アイテムを取り上げているため、
現在でも十分有用である。ほとんどの品が、普通に入手可能だろう。

機会があれば、ぜひ1度目を通す価値はある。

【目次】
書く
消す
切る
貼る
綴じる
はかる
整理する
その他

 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 整理整頓

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

人生がスッキリする モノ・時間・人間関係の整理術  

人生がスッキリする モノ・時間・人間関係の整理術
あらかわ 菜美
【モチベーション度】★★☆☆

人生がスッキリする モノ・時間・人間関係の整理術人生がスッキリする モノ・時間・人間関係の整理術
(2011/04/08)
あらかわ 菜美

商品詳細を見る


どうしてもモノが増えてしまう。
整理・掃除をしようと思っているが、なかなか困難である。

整理整頓術の頭でっかちになって実行が伴わないのは嫌だが、
低きに流れるのも嫌なので、
モチベーションを高めるために読んだ。

本書で感動的に役に立つ新しい手法が学べるわけではないが、
ちょっと明確で、具体的なアドバイスにはなる。

何より、
「夜12時からの時間」は捨て、寝るべき時間は寝て、日中にきちんと頑張ろう、
というのは至極もっともな意見であり、尊重したい。

ただ、現在も0:38である。道のりはけわしい。



p20
「保存するということは、使わなければならないということ」
保存した食品は食べなければならないし、保存したDVDは見なければならない。

p41
実際に使っているものに「ふせん紙」を貼る
→何を使っているか明瞭になる

p66
「できるだけ面積の大きいものから手放す」

p69
「PCも引き出しも1/3空ける」

p78-
手放すべき「時間」
・成長につながらない時間
・体によくない時間
・他人の時間をムダにする時間
・スキマ時間
・夜12時過ぎの時間

p89
「人に会う曜日」をあらかじめ決めておく

p93
会議は「早く終わらせたい時間帯」に設定

p120
金曜日は早く寝て、土曜日の朝早起きする

 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 整理整頓

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

シンプル収納・片づけノート  

ドイツがお手本 シンプル収納・片づけノート
giorni編集部
【片付けモチベーション度】★★★★

シンプル収納・片づけノートシンプル収納・片づけノート
(2010/12/11)
giorni編集部

商品詳細を見る


美しい本である。
ここまで綺麗な家に至るのは大変だろうが、片付け・整理の大きな原則が、
「必要以上に持たないこと」にあることを教えてくれる。
ひとつの理想的な状態を示してくれることで、
モチベーションが高まることは間違いない。

合間にあるドイツのことわざも、とても励みになる。

・考えないで何かを始めると、余計に足を使う
Was man nicht im Kopf hat,muss man in den Beinen haben.

・整理整頓を覚えなさい。そして好きになりなさい。
 それは時間と手間を節約してくれます。
Lerne Ordrung,liebe sie.Sie erspart dir Zeit und Muh.

・時間があるときまで、待ってはいけない
Warte nie bis du Zeit hast.


【目次】
門倉多仁亜さんに習うドイツ流快適生活
ドイツに習うすっきりルール
片づけ、収納術
掃除と洗濯
部屋づくりのこと
毎日きちんとドイツ流家事術


【メモ】
p9
「タイム&スペース」
ドイツでは、「物が少ないほど、時間が多くなる」という意味で使われているそう。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 整理整頓

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム