ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

知らないだけで、ダニは面白い。「ダニにまつわる話」  

ダニにまつわる話 (ちくまプリマーブックス)
青木 淳一



本ブログでは様々なジャンルの本を紹介しているが、コンスタントに閲覧件数が多いのが
ダニ・マニア―チーズをつくるダニから巨大ダニまで」(レビューはこちら)である。

ダニに関する本として、「ダニ・マニア―チーズをつくるダニから巨大ダニまで」が最新知見の本であるとすれば、
本書は日本におけるダニ研究の黎明期から第一線で活躍した研究者が、
その知見を元に、60歳になった時点で「ダニにまつわる話」一般向けに書き下ろしたもの。

著者のお人柄だろうか、文章は平易かつ誠実さに溢れ、ダニというテーマながら、
とても心地よく読み進めることができる。

本書は全7章。
それぞれは2~10ページ程度のトピックスが集められており、
「七味唐辛子事件」「団地のダニ対策委員会」という生活に密着した話題もあれば、
「鳥につくダニ」「アリに家畜にされたダニ」など、進化史上も興味深いトピックス、
また、「ダニによる環境診断」「木もれ日公園のダニ」など、環境保護への展開、
「プールのダニ研究で博士になった人」「銀座のダニの故郷」など、ある場所に生息するダニの種類から、
生物地理学的な知見を探るもの等、分野は極めて広い。

もちろん、「ダニ・マニア―チーズをつくるダニから巨大ダニまで」でも取り上げられている、
チーズをつくるダニ(造られるチーズは、アルテンブルガーチーズ)の話もある。

また、ダニの繁殖方法として、雄は精子の入った風船珠(精苞)を何個か立て、
それを見つけた雌が精子を受け取るなんて、そんな不可思議な繁殖方法だとは思ってもいなかった。

さらに、日本において、かつて書画の表装や紙細工を生業としていた「経師屋」が、
「古糊」という3年以上寝かした良質の糊を用いていたのだが、
それをつくるのにダニが一役買っていた等、歴史的にも興味深いエピソードまである。

「ダニ」というと厄介な生物というイメージが強いが、自然界ではむしろ分解者として有用であり、
人間に悪影響を及ぼすダニの方が少ない。

正しいダニの姿を理解するためにも、ぜひ、多くの方にお読みいただきたい。
小学校高学年でも、十分理解でき、そして必要な知識と思う。

なお、著者である青木淳一氏は既に退官しているが、
その研究姿勢や考え方、また著者が考える「博物学」の意義、面白さを紹介する本として、
博物学の時間: 大自然に学ぶサイエンス」(レビューはこちら)がある。
こちらもお勧めである。

【目次】
第1章 ダニ・ノイローゼ
第2章 ダニ騒動
第3章 日本人の住居とダニ
第4章 本物の街のダニ
第5章 役に立つダニ
第6章 ダニのおもしろい習性
第7章 ダニ研究余話





 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 節足動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

シーラカンスもいいけど、日本人ならカブトガニ。「カブトガニの謎: 2億年前から形を変えず生き続けたわけ」  

カブトガニの謎: 2億年前から形を変えず生き続けたわけ
惣路 紀通



「生きた化石」という言葉から連想するのは、シーラカンス、そしてカブトガニ。
特にカブトガニの生息域がある西日本では、何となく身近な存在である。
瀬戸内海では何といっても岡山県笠岡が有名で、カブトガニ博物館もある。

そこで37年間カブトガニを研究し、退職を迎える著者によるカブトガニ本。
面白くないはずがない。

本書では、カブトガニの進化史だけでなく、
何といっても「生物」としてのカブトガニが紹介されていることが有り難い。
生きた化石といっても、カブトガニも、スズメやミミズと同じ生物である。
当たり前だが繁殖もする。
その生態を知らなければ、保護もありえない。

とはいえ、まず進化史で驚いた点から紹介しよう。
カブトガニは生きた化石、三葉虫から進化したと言われている。
その基本的な体構造(前体・後体・尾剣という3部分)ができたのは石炭紀末期(3億5000万年前頃)。
ただこの時点は、後体が体節構造の「ハラフシカブトガニ」だった(現在は体節構造がなくなっている)。

というのが、これまでの見解。
ところがし2008年、カナダ・マニトバ州で、オルドビス紀後期(約4億5000万年前)の、
後体が体節構造でない現生のカブトガニそっくりの化石が発見された(ルナタスピス)。
今まで考えていたより1億年も遡る可能性が出たわけだ。

カブトガニの進化史が書き換えられつつあるということで、続報を待ちたい。

次に、雄・雌の体の違い。
同じように見えるが、上面の体の形も違うし、後面の脚の形も違う。
どこが違うかは、ぜひ本書をお読みいただきたい。この違いが、カブトガニの繁殖に密接に関わっている。
ちなみに、体は雌の方が大きい。

さらに、活動期間。
何とカブトガニは、1年のうち3ヶ月ほどしか活動せず、9カ月は休眠しているという。

そのため、肝臓が大きい(付随する栄養を蓄える細肝管も多い)
活動するのは海水温が18℃以上、だいたい6月中旬~9月末とのこと。
僕はこの大幅な休眠期間が、大規模な気候変動を乗り切った一因ではないかと思うが、どうなのだろうか。

なお、産卵は6月下旬~7、8月の大潮中心の頃。
大潮の時に砂浜の一番奥で産卵すれば、次の大潮まで流されずに温められるからのようで、
カブトガニの繁殖行動も上手くできているものだ。

また近年注目されているのは、その「青い血液」だ。
僕らのようにヘモグロビン(鉄)が酸素を運ぶのと違い、カブトガニは銅が酸素を運ぶ。
そのため、血液は青い。

そして、その血液中には血球(アメボサイト)が大量に含まれている。
これを精製したのがラル(LAL)だが、この成分は、
カブトガニの体内に入ってきた細菌を素早くゼリーのように固める働きがある。
特に、病原菌が出す極めて微量の内毒素にも敏感に反応し、
現在、カブトガニの血液を使った検出法では、100億分の1gの内毒素も検出できるという。

こうした働きも、カブトガニという魅力あふれる生物が存在し、
シーラカンスとは違い、まだそれなりに人間と身近に生息しているからこそだ。

本書の著者が退官することは惜しいが、本書を礎として、
カブトガニ研究と保護がさらに推進することを願う。

▼シーラカンスについても、本シリーズで取り上げられている。レビューはこちら


【目次】
序章 カブトガニを守る意味
1章 カブトガニの進化をさぐる
2章 カブトガニの体のひみつ
3章 カブトガニの産卵
4章 カブトガニの発生と成長
5章 謎多きカブトガニの生態
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 節足動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ぞわぞわした生きものたち 古生代の巨大節足動物 (サイエンス・アイ新書)  

ぞわぞわした生きものたち 古生代の巨大節足動物 (サイエンス・アイ新書)
金子 隆一



ぞわぞわなんて言われると、わくわくするではないか。

本書は古生代の節足動物、すなわち三葉虫、ウミサソリ、陸上鋏角類、多足類、六脚類について、
著者が把握している分岐学の見解、そして代表的・特徴的な種を、化石写真や図で紹介するもの。

副題に「巨大節足動物」とあるが、これはいわゆる売り文句である。
素直に読めば、これまでの節足動物の進化研究をめぐる入門書であり、
特に重要な分類群である三葉虫以下の前出の生物について、さらにその進化を整理したもの。
その過程で、史上最も大きかった種は何か、を紹介している。

節足動物というと、つい昆虫のみと考えてしまうが、
その進化史については、まだまだ不明な点が多い。
そもそも、長い歴史を視野に入れると、そもそも「節足動物」とは何ぞや、という定義から問題となる。
さらに、いかなる生物から「節足動物」が生まれたのか。
そして進化上、どのような順番で分岐し、さらにそれぞれの分類群では、どのような形質が基本となり、進化上のリファインが進んだのか。

例えば巻頭では、ユーラシア大陸では馴染みのない有爪類が紹介されていて(僕は存在をしらなかった)、
節足動物全体を理解するだけでも、読み応えがある。

ちなみに有爪動物、日本で言うカギムシって、こんな奴だ(かわいい)。



「ぞわぞわした生きものたち」という、タイトルは奇を衒ったものだが、
内容はキワモノに走らず、文献ベースの良心的なもの。
本書巻末には結構細かい参考文献も掲載されている。
また、すごく単純なイラストの場合もあるけれど、これも元の(ぺっちゃんこの)化石を忠実に描いたものらしい。

コンパクトな本だけに、突出した最新見解は少ないようだが、
逆に刊行時点でのスタンダードな理解を紹介していると言えるだろう。

何しろ、三葉虫はもとより、ウミサソリや陸上鋏角類(クモやサソリ)、多足類(ムカデなど)といった、
なかなか詳しい資料の少ない生物について、それぞれの進化史を紹介しているのがありがたい。
進化史に興味がある人、
三葉虫に興味がある人、
脚がたくさんある生きものなんて怖いくせに、恐る恐る見てしまうタイプの人にお勧めしたい。


それにしても、三葉虫は今から2億年以上前に絶滅した三葉虫だが、5億2千万年前に出現し、以降3億年続くほど、大成功した生物である。
本書でも紹介されていたが、三葉虫には深海性のものもいたらしい。
どこかの深海の熱水噴出孔近くに生きてないかと、実はこっそり楽しみにしているのである。

【目次】
第1章 節足動物
第2章 三葉虫
第3章 ウミサソリ
第4章 陸上鋏角類
第5章 多足類
第6章 六脚類

お馴染み我が家の三葉虫。
Flexicalymene ouzregui(フレキシカリメネ ウーズレグイ)
Flexicalymene ouzregui フレキシカリメネ

三葉虫については、「三葉虫の謎―「進化の目撃者」の驚くべき生態」(レビューはこちら)が、やや饒舌ながら詳しい。
僕所有の他の化石も、こちらで紹介している。

三葉虫を含む化石については、
本ブログで紹介した本のリストのうち、「恐竜」を、
節足動物については同じく「節足動物」のカテゴリもご参考にされたい。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 節足動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

三葉虫の謎―「進化の目撃者」の驚くべき生態  

三葉虫の謎―「進化の目撃者」の驚くべき生態
リチャード フォーティ



太古の時代、普遍的に生息していたのに、現在は絶滅してしまった三葉虫。
現生の節足動物踏まえて想像するものの、数億年という時代差は圧倒的である。
その「数億年」という時間を具体化したのが、化石である。
そこでつい化石を入手してしまうのも、男のロマンとして当然であろう。

僕が持っているのは、今のところ三種類。

Elrathia Kingi (エルラシア・キンギ)。
カンブリア紀、5億年前の三葉虫だ。たくさん産出するらしく、いろんな店で安価に売られている。
Elrathia Kingi エルラシア・キンギ

Peronopsis Interstricia (ペロノプシス・インテルストリクタ)。
1cm弱。これもカンブリア紀中期(約5億年前)、三葉虫らしくない三葉虫。
Peronopsis Interstricia ペロノプシス・インテルストリク

Flexicalymene ouzregui (フレキシカリメネ ウーズレグイ)。
オルドビス紀。10cm程度の個体。体節がくっきりしていていい感じ。
(僕の個体のラベルは「Flexicalymene」だが、最近は「Diacalymene」に分類されている?)
Flexicalymene ouzregui フレキシカリメネ

こうして並べてみると、やはり生物で、生物らしいバリエーションがあるなあ、と思う。

本書は、その「生物としての三葉虫の変遷」について、様々な図版とともに紹介するもの。

原始的な生物と思いがちだが、グループとしては総計で約3億年生き延びたのだから、
当時の環境下においては、やはり大成功した生物である。

その成功の原因を突き詰めるのは難しいが、本書では三葉虫の様々な形態・生態的特徴を紹介しており、
自分なりに類推していく材料が得られる。

例えば本書では、その眼が透明なカルサイト(炭酸カルシウム、方解石)でできているという事実を紹介する。
カルサイト(方解石)というと、現生生物では無脊椎動物の骨に用いられているらしい。
すなわち、他の節足動物は軟らかい眼を発達させたが、三葉虫の眼は固いのだ。

しかも、三葉虫の眼のカルサイトは、その一部がマグネシウムになることで屈折率が変化しており、
その高マグネシウム層が球面収差を修正しているという。
この眼の発達も、当時としては成功要因だったのかもしれない。

さらに、多くの三葉虫は底生だったようだが、海中を遊泳しているものもいたというのだから、
一口に「三葉虫」といっても、やはり奥が深い。


さて、本書はそんなワクワクする話題と図版が含まれているのだが、
やや著者が饒舌に脱線する部分も多い。
三葉虫に関する学術的な解説書としてではなく、三葉虫研究者による三葉虫誌、という趣で、
時間をかけてゆっくり楽しむことをお勧めする。

著者には大英博物館での勤務をつづった「乾燥標本収蔵1号室―大英自然史博物館 迷宮への招待」(本ブログを始める前に読んだためレビューはしていない)もある。

それにしても、新しい三葉虫の化石が欲しくなってしまった。
余力と財力のある方は、実物化石を購入して、実物を見ながら読ことをお勧めする。


【目次】
1章 発見―三葉虫との遭遇
2章 殻―四億年前のタイムカプセル
3章 脚―奇跡の化石が浮かび上らせた実像
4章 結晶の眼―常識をくつがえす高度の視角
5章 爆発する三葉虫―生物の多様性をめぐる大騒動
6章 博物館―化石研究の舞台裏
7章 生死にかかわる問題―断続平衡説と悲劇の古生物学者
8章 ありうべき世界―三葉虫が教える太古の地球
9章 時間―科学における時間の意味
10章 見るための眼―科学者のイメージ


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 節足動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

博物学の時間: 大自然に学ぶサイエンス  

博物学の時間: 大自然に学ぶサイエンス
青木 淳一



自然好きな者の多くは、どうしても資料が溜まってくる。
資料とは、写真・文献だけでなく、実物標本も多い。
素人には必要ないだろうと思われるかもしれないが、
やはりこうした実物標本や資料が手元にあるということは、
その分野について知ろうとする者にとっては、極めて大きな武器となる。

僕は野鳥屋である。
ただ生きている個体を識別するだけでなく、落ちている羽根1枚、古巣からでも野鳥を知り、
その生活について知りたいと思っている。
そのため、特に独身の頃集中して資料を集めた。
現在は剥製標本約50体、そのほか羽根標本がA4クリアファイルで約5冊、古巣が段ボール3箱くらい保管している。文献も多い。

このおかげで、野鳥観察会で野鳥がいなくても、1枚の羽根から解説が可能だ。
また多くの実物標本を用いて、保護を訴えるイベントも行った。

<香川の野鳥を守る会> 野鳥展2005、2008

野鳥展1

野鳥展2
しかしこれらの資料は、僕が死ねば散逸するかもしれない。
どう整理し、残していくかが大きな課題だと思っている。家族は迷惑だろうなあ。
僕などと比較することもおこがましいが、
本書の著者は、そうした自然史研究者として外つの理想的退職を果たした。

著者は、50年間ダニ類の研究を行い、450種の新種を発見。
退職と共に、標本と文献を全て国立科学博物館、横浜国立大学、宮城教育大学に分散して寄贈し、全てを後進に委ねた。現在は昆虫少年に戻っているという。

この見事な引き際の根底にあるのは、
博物学と、収集した自然史標本に対する責任感だろう。見習うべき姿である。

さて、本書の前半では、著者が追求した「博物学」の意義、面白さが紹介されている。

博物学の面白さの一つに、生物分布を通して生物地理学がわかり、
そこから地球の大陸移動や気候変動などのダイナミズムが見えることがあると思う。
そのから逆に、現在の各地の生物相が、如何に重要かが実感できる。

本書では、第2章で命名法、第3章で同定、第6章でそれを分布化する話があり、
完全なマニュアルではないものの、生物地理学に興味がある方には参考になるだろう。

また後半では、ダニ類の研究を半世紀行った著者の研究遍歴が語られている。
どうしても、ある分類群に興味があると、全てをそれで見がちになる。
例えば僕でも、野鳥に対する知識で、ついつい他の生物を類推しがちだ。
しかし、自然はそんなに単純ではない。
異分野の方の研究というのは、そういった自分の思い込みを剥がしてくれるので、
その点でも興味深く読める一冊である。

著者は、「博物学」と言いながら、結局自分の分野だけに特化してしまったと反省しているが、
部分によって、全てを語る良著となっている。
分子生物学といった細部ではなく、昔ながらの動植物研究に興味がある方には、お勧めである。


【目次】
第1章 博物学を楽しむ―大自然に学ぶサイエンス
 博物学とは
 博物学の楽しさ
 役に立たない博物学の意義
 日本の自然
第2章 名前をつける―生物のラベリング
 生物の呼び名
 世界共通の名前、学名
 生物の種数
 生活の中の分類学
第3章 生物を分類する―博物学の仕事
 分類のための図鑑と分類
 種の同定依頼
 新種の発見
 博物館の役割
第4章 生物を採集する―趣味から研究へ
 採集の楽しみ
 子どもの虫採り
 趣味の採集
 アマチュアの貢献
第5章 分布を調べる―生物地理の視点
 生物地理区
 生物境界線
 生物分布図の作成
 垂直分布
 島の生物
第6章 野外へ出る―北のフィールドへ
 美ヶ原で初めての新種発見-1956年 ほか
第7章 野外へ出る―南のフィールドへ
 屋久島の海岸から山頂へ-1974年 ほか
第8章 博物学を伝える―ナチュラルヒストリーの未来
 科学の土台
 標本と文献は国家の財産
 後継者の育成
 分類学者の最期

【メモ】
p12
渡瀬線:奄美大島の北方、トカラ列島の悪石島と小宝島の間
 旧北区系の種の南限
蜂須賀線:沖縄諸島と八重山諸島の間
 動物地理区の旧北区と東洋区の境界
ダニ類の分布でもこの2本が重要である

p43
「博物学、とくに分類学的研究にとって、文献は命である。」

p64
「採集という行為は博物学の入口の扉を開くことであり、出発点でもある。
 その意味からも、子どもたちの採集に対する興味を押さえつけてはいけない。」

p80
ブラキストン線:
 提唱者のBlakistoneの正しい発音に基づき、最近の教科書ではブレーキストン線と表記している

p88
・区画分布図
 緯度・経度を用いた機械的な升目による分布図
 全区画調査を行っていない場合、白抜きの場所は未調査か発見なしか判別できない。

・発見有無分布図
 調査した地点の全てを○で示し、対象生物が発見された地点を●とする。

p103
著者がハワイの博物館に勤務中、5,000mの上空で細かい網による虫の捕獲調査をした。
その結果、小さなカタツムリまで入っていた。
空中に漂っている生物はエアープランクトンと呼ばれる。

p184
自然史標本は文化財の範疇に入らず、文化財保護法の適用を受けない。
東日本大震災では、被災した文化財と自然史標本では、調査や修復に明らかな差があった。

p190
収集した自然史標本
 家族の多くは、当人の研究やコレクションに無関心である場合が多く、生前に寄贈場所を指定して頼んでおかないと、ゴミのように処分されかねない。


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 節足動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム