ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

NHKスペシャル 超常現象―科学者たちの挑戦  

NHKスペシャル 超常現象―科学者たちの挑戦
梅原 勇樹,苅田 章




「超常現象」という言葉に対して、肌から拒否反応を起こす人もいるし、頭から受け入れる人もいる。
物足りないのは、どうして科学的に突き詰めないのかという点だ。
「信じるか信じないか」という言葉がよく使われるが、この言葉はかなり感覚的かつ個人的だ。
ノストラダムスの大予言が普及していた1990年代ならともかく、もう2010年代。
そろそろそんな低レベルな議論は終わらせてほしい。
少なくとも、多くの人が「理解できない現象が起こった」と認識した事例が在る。
それら全てを「気のせいだ」と断じるのは、極めて短絡的な判断であり、思考停止ですらある。
むしろ、そうした「気のせい」ですます行為が、この問題を精査する機会を奪い、
逆に延々と人類を煩わせる結果となっている。

少なくとも、その「理解できない現象」をモデル化して検証し、
心理的な錯覚(トリックも含む)なのか、
既知のメカニズムによって発生した現象なのか、
未知のメカニズムが介在しているのか、を明らかにするべきではないだろうか。
何時まで経っても「有るのかな、無いのかな」では進歩がない。

注意すべきは、「未知のメカニズム」があったとしても、
それがそのまま霊や超能力の存在に直結するものではないという点だ。
現時点の人間が、全ての物理的メカニズムを理解しているという方がおこがましくて、
まだまだ知らない現象・メカニズムは多いはずだ。
それを解明していくのが科学であって、既知の知識だけで説明するのは科学ではない。

そんな考えに対して、本書は近いスタンスである。取り上げるテーマは、霊、生まれ変わり、念力(PK)、透視やテレパシー(ESP)。お馴染みの「超常現象」である。

これらの超常現象に対して、

超常現象とは、現代科学では説明ができていないだけであって、いつかは必ず合理的な説明がつけられる自然現象や物理現象である(p8)


というスタンスの科学者に対する取材や、同行した検証事例が主となっている。

例えば心霊現象に対しては、
ネズミに備わっている天敵を察知した際の体温低メカニズムが人間にもあり、それが「霊を見た」という恐怖心によって発動した結果、霊に対して冷気を感じるという現象に繋がっている可能性や、
人間が「顔」認識に特化していることから、顔のパターンに近いシミなどを無意識化で「顔」と認識し(パレイドリア効果)、それを霊と感じている可能性などを指摘している。

これらは、「霊という錯覚」を説明する正しい説明と思う。
もちろん、霊現象の全てをこれらで説明できるものではないが、こうした客観的な検討の積み重ねが、より大きな超常現象の理解につながるのだろう。

その点、次に取り上げられる「生まれ変わり」は、錯覚や先入観等で説明つかない事例も多く、本書ではメカニズムの検証までに至っていない。正直な姿勢だと思う。

また超能力に対しても、十把一絡げに「超能力」と扱うのではなく、次のように整理して、それぞれの事例・研究状況を紹介している。
・ESP 透視やテレパシー、予知といった特殊な知覚能力
・PK  物理現象を伴う能力。
  マクロPK PKのうち、金属を曲げたり、物体を動かす能力
  ミクロPK サイコロの出目確率を変化させたり、コインの表裏の確率を変化させるような影響力

このうち、ESPについては、最新の「量子もつれ」というリアルな科学的知識を踏まえた紹介となっている。
量子もつれとは、二つの量子の片側に刺激を与えると、もう一方の量子(何千キロ離しても)にも影響が及ぶ状態のこと。オカルト的な話のようだが、現時点ではこの状態が実験的に生み出され、現象の存在は確認されているとのこと。人間の脳や近くに、このメカニズムが関与しているのではないか、という仮説を紹介している。
もちろんこんな状態を生じるには莫大にエネルギーが必要だろうが、こうした一般的な科学知識の延血用では理解できない状態がありうるという点は、ESPの理解に役立つだろう。

また、ミクロPKについては、乱数発生機に対する無意識化の影響を紹介している。これも(極めて)多数の人間が同時に特定の感情を共有した際に、乱数発生確率に偏りが生じるという「現象」は確認されている。
それがどこまで信頼できる「現象」なのかという検証も必要だが、複数の研究者による複数の事例があることから、現象そのものは存在しそうだ。とすれば、そのメカニズムの解明が必要となるだろう。


超常現象がなければ、別にそれで困らない。
世界は既存の科学知識の延長上で、これからも発展するだろう。

ただ、もし霊という状態があれば。
生まれ変わりというシステムがあれば。
ESPという他者との交感メカニズムがあれば。
PKにより、ごく微小でも人の精神が物理的な影響を及ぼす可能性があれば。

超常現象が実在すれば、世界は大きなパラダイムシフトを起こす。
この可能性がある以上、「気のせいだ」などという思考停止ではなく、
超常現象を素直に検証する体制は必要だろう。
きちんと検証したうえで否定できるのなら、それでも良い。以降は不要な労力が損なわれずに済む。

でなければ、何時まで経ってもエンターティメントとしての霊・超能力のTV番組に付き合うことになる。
それほど無意味に浪費はない。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: スピリチュアル

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

井口清満の心霊事件簿[墓石]  

井口清満の心霊事件簿[墓石]
永久保貴一/原作・井口清満



霊能力者である井口清満氏の活動を、心霊漫画家である永久保貴一氏が漫画化。
3巻目である。

近年の心霊コミックの特徴として、単に「こんな怖い話があった」ではなく、
いわゆる霊能力者がそれを解決するところまでを描くものが多い。

そうしたストーリーを詐欺だというのも簡単だし、盲信するのも簡単。
どう捉えるか、それは個々人の考え方による。
まあ、「霊なんて無い」っていうのが一番簡単なんでしょうが、
本書をはじめ、永久保氏の諸コミックでも、霊をどう考えるか、というのは議論がなされているところ。
個々人で考えることが、まず一番大事なのかなと思う。

それはともかく、本書の紹介。
本巻では、浄化、墓石(前後編)、旅の途中Ⅱ、永久保家の引越し、事故物件、廃寺(前後編)の5話を収録。
井口氏だけでなく、永久保氏、ほしの氏との交流話もあり、永久保氏のスピリチュアル系を読んでいる人ほど楽しめるだろう。

本書の中で特に気になったエピソードが「墓石」。
ええ、こんなことってあるの…。


○既刊 

「井口清満の心霊事件簿 きつね憑き」のレビューはこちら


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: スピリチュアル

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

未来は、えらべる!  

未来は、えらべる!
ダリル・アンカ,本田健



スピリチュアルなもの、高次存在との「チャネリング」というと、眉唾に感じることも多いと思う。
ただ僕は、自らの知識と経験に照らして、「良い」「正しい」と感じたものは参考にしたいと考えている。
そのためには、盲信しないこと。
そして常に様々な情報-科学から怪しげな噂まで-を自らの意思で知り、咀嚼し、怪しいものを感じる知識・感性を養っておく必要があると思っている。

で、今回は何となく気になっていた、チャネリングのバシャールを読んでみた。
チャネリングというシステムや、バシャールという存在の正否は、正直分からない。
否定する材料も肯定する材料もない。
ただ、言っていることは至極まっとうだし、僕の今後に役立ちそうだと感じたので、紹介したい。

なお「チャネリングは怪しいから、言っていることも怪しい。見たくもない。」と全否定するのも自由だし、参考にするのも自由である。

本書は、「ユダヤ人大富豪の教え」などの著者である本田健と、バシャールの対談である。
僕個人としては、

・自分の情熱、ワクワクから行動を起こせば、それがより多くのワクワクや情熱につながり、
情熱が成長し拡大していく。
・勇気は行動に移す時ではなく、「できない」という観念を取り払うときにのみ必要。
観念が変われば、行動するときには勇気は不要。
・こうしたポジティブな観念やポジティブな選択は、ポジティブなシンクロニシティにつながる
・起きたこと自体に意味はなく、「起きたことにどんな意味を持たせるか」によって、
その出来事から受け取るものが決まる。
・自分の未来は、自分の選択次第。

ということを、一つのメッセージとして捉えた。

また話は変わるが、進化論でも遺伝子の突然変異は中立であって、非常に多く発生している。
それが環境とのかかわりでどう意味を持つかによって、生存率に差が生じ、結果的に特定の遺伝子が残っていく、という考えがある。

・起きたこと自体に意味はなく、「起きたことにどんな意味を持たせるか」によって、
その出来事から受け取るものが決まる。

ということは、まさに進化と同じメカニズムではないかと感じた。
違うのは、中立的な遺伝子変異の選択に影響を及ぼすのは環境だが、
「出来事」に影響を及ぼすのは僕らの「観念」ということだ。

ネガティブに捉えるか、ポジティブに捉えるかで、出来事の意味が変わる。

この教えだけでも、かなり目の前が開けた気がする。

本書では、その他様々なテーマで対話がなされている。
チャネリングやバシャールを盲信する必要は無いが、
一つの考えた方の指針として読んでみてもよいと思う。

少なくとも、低俗な週刊誌よりは数段意味がある読書になるだろう。

蛇足ながら、「スピリチュアルなんて」という頭から否定する人もよくいるが、
そういう人でも週刊誌やTVは良く見ている。
ゴシップやお笑い、風俗が「現実」だから良い、というものでもないだろう。
重要なのは、「それ」が自分を高めるか否か、少なくとも貶めないかという点ではないだろうか。

【目次】
第1章 大好きなことの見つけ方、ワクワクの方法
第2章 運命は、変えられる
第3章 お金と豊かさについて
第4章 ソウルメイトとコミュニケーションについて
第5章 私たちの未来、分離していくリアリティ、2012年


【メモ】
p33
・「全ての人が情熱に従ってうまくいくのに、私だけはダメだ」という考えに固執
→自分を特別視、謙虚ではなく傲慢

p41
「どんな一歩であれ、自分の情熱、ワクワクから行動を起こすと、それがより多くのワクワクや情熱につながる糸となり、さらに、その糸がどんどん太くなって、情熱が成長し拡大していく」

p45
立ち上がりたいと思ったとき、自分が立ち上がれると知っていれば、勇気は必要ない。
「観念を変えるためには、勇気がいるかもしれませんが、『これが真実だ』とすでに思っていることを行動に移すのに、勇気はいりません。ですから、『勇気が必要だ』と感じているうちは、その人は、その行動を起こすのに必要な考え方をまだ信じていない、ということになります。」

p62
運命とは「何を探究するか」で、自由意志は「それをどう探究するか」だと言うこともできる。
※現在共通している全般的なテーマは変容やスピリチュアリティ、意識の拡大。

p77
ポジティブな観念やポジティブな選択は、ポジティブなシンクロニシティにつながる

p78
★起きたこと自体に意味はない。
「起きたことにどんな意味を持たせるか」によって、その出来事から受け取るものが決まる。


p86
実現化とは、「集中と忘れること」「(起きるのを)許すこと」の結果だと言える。
集中して、忘れる。

p87
・情熱を行動に移す
・できるときはいつも
・最大限に
・期待なしに

p112
・お金とは本来《交換の手段》に過ぎない。
しかし、「持っている」か「持っていない」にフォーカスしてしまう。
=Static point of view 静的な物の見方
むしろ、「動かす」ことが重要。

p153
ネガティブな感情は、「真実でないことを真実と思い込んでしまうことの副作用」
感情は、観念が生み出す「副作用」。自分がどんな観念を本当だと信じているかを知らせる警報システム。

ある感情を癒し、変化させる
→その感情が自分の中にあることを認めることが必要
→その感情が存在する理由があると受け入れる
→その感情の裏にどんな観念があるかを見る

p174
経済「危機」ではなく「チャレンジ」と呼ぶ。
「危機」と呼ぶと、危機として体験することになる。
「チャレンジ、挑戦」と定義すると、そのに出口が生まれる。

p175
現在の(経済的)変化を「危機」として体験している理由は、
高次の意識と、物質次元の意識にズレがあるため。
高次の意識の成長に追いつくためには、物質レベルの意識が猛スピードで変化するしかない。

p193
物質次元では、他の人を体験することは出来ない。
魂次元では、集合的合意を通して、他人を体験できる。「全てはひとつ」

p206あたり
周波数の違う人との出会い=相手と同じような対応をしていれば、同じ次元に留まる。
ポジティブな形で対応し、相手がどんな状態でも自分の世界には影響が無いことを理解すれば、違う現実へシフトできる。

p206
★「全ての出来事の意味を中立的なものとしてとること」
「その出来事がどのように見えても、ポジティブに対応していくこと」



 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: スピリチュアル

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

日本の幽霊事件 (幽BOOKS)  

日本の幽霊事件
小池 壮彦
【マニアックな探求度】★★★☆

日本の幽霊事件 (幽BOOKS)日本の幽霊事件 (幽BOOKS)
(2010/07/16)
小池 壮彦

商品詳細を見る


タイトルに魅かれて手に取った。
僕は知らなかったが、
著者は各種の怪奇事件を調査し、その成立過程や背景をさぐる、
言ってみれば怪奇事件専門のルポを書く方のようである。
よって筆者がいわゆる霊感的な解説を加えることもなく、
オカルト的な原因や風聞をそのまま掲載することもない。
徹頭徹尾、事実だけを探っていく、というものである。
おどろおどろしい話があるわけでもなく、怪しい現場を夜中に探るとかいうこともない。

その掘り下げが納得行くものかどうかは読者しだいだが、
本書によって、ちょっとした偶然の連鎖が、様々な伝聞を経るうちに定形化していき、
都市伝説となる過程がよくわかる。

霊の存在を肯定・否定するに関わらず、読んでがっかりすることはないだろう。

ただ、端々にある著者の個人的経験を見ると、ちょっと偏執的な危ない考えもお持ちのような気もする。

【目次】
軍都赤坂のメイド霊―麻布一連隊跡地
八百屋お七の足音が聞こえる―円乗寺境内
油面坂下の怪談―市場坂橋
お初殺し―浅草界隈
魔が呼ぶダム―多摩川調布堰
玉菊燈篭―吉原界隈
玉菊の墓―永見寺墓所
火除橋の怪火―日本橋界隈
水の女と、魔の淵と―荒川放水路
追ってくる屍体―中川鉄橋
桃色の幽霊―羽根木公園
三姉妹入水心中―どんどん橋
水道の祟り―玉川上水
妖しき痕跡を巡って―補章1
隠された八百屋お七の秘密―補章2
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: スピリチュアル

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

井口清満の心霊事件簿 きつね憑き (ダイトコミックス 316)  

井口清満の心霊事件簿 きつね憑き
永久保 貴一、井口 清満
【罰当たりな行為は慎もう度】★★★★



霊能力者である井口清満氏の活動を、心霊漫画家である永久保貴一氏が漫画化。
2巻目である。
本巻では、大きく2つの事件が取り上げられている。
未読の方は、1巻目の方が、井口氏の考え方、姿勢などがわかって良いだろう。




いずれも、取り上げられている事件はホラー的な恐怖のあるものではないので、
そういうのがお望みの方には向いていない。
一方、昨今の霊現象には様々な理由があり、しかるべき霊能力者はそれらを解決している、
というスタンスの心霊話に馴染みのある方には、お勧めである。

こうした世界の存在や考え方をどう思うかは、全く個人の自由であるので、
僕としてもどうこう書く気はない。

ただ少なくとも、霊の存在の有無を別としても、
死んだ方であれ、人の想いを大切にする、ということは心がけておくべきだろう。
また、神様を冒涜しない、人を恨まない、現生利益のみ神頼みしない、今の人生を頑張るなど、
昨今のスピリチュアル系で語られることは、根本的には当たり前のことばかりである。
それを「スピリチュアル系だから」と排除するのは、ちょっと違うのではないか。
語られる媒体が何であれ、人としての道は同じだと思う。

それにしても、子どもの頃、「あなたの知らない世界」&新倉イワオ氏のTVにどきどきしていた時代から比較すると、こういうスタンスのコミックが何種も出ていることじたい、
日本人の心霊(及び霊能力者)に対する姿勢というのが、大きく変化したなあと痛感。

こうした環境に生きていること自体、大きなうねりかもしれない。

【目次】
黒い祭壇 前・後編
旅の途中
きつね憑き 前編その1・その2・後編その1・その2
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: スピリチュアル

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム