ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

夢を叶えることは、可能だ! 「ニッポン超越マニア大全」  

ニッポン超越マニア大全 (文庫ぎんが堂)
北尾トロ



趣味は何ですか? (角川文庫)」(レビューはこちら)でも書いたが、他人の趣味は変な趣味に見えがちである。これは、個人の視点だ。

一方、社会全体からすれば、多くが好む趣味が「正しい趣味」であり、愛好者が少数しかいない趣味は「変な趣味」という位置づけがなされる。

だが本来、「何が楽しいか」など人それぞれ。

現在「良い趣味」と認識されている趣味とは、結局のところ大人数でやる(だから多くの人が嗜む)ことが前提であったり、
商売性が高くマスメディアへの露出が多かったり、影響力の強い地位・立場の人が好む又は実施しているといった、
その趣味自体の性質とは関係の無い事実によって、評価を得ているに過ぎないと考えている。

例えば、かつて「趣味の王道」の一つでもあった切手・コイン収集。
そのスタイルに変化はないが、収集人口が激減している今、
小学生が切手収集に熱を上げていると、「変な趣味」と周囲からは言われるのではないか。
そして、「そんなことより、スポーツしたら?」と言い出す始末。

そもそも、趣味に優劣はない。というか、そんなものを考える必要すらない。

重要なのは、どこまで本人が楽しめるかだ。
そしてその趣味の目標は、どんなに周囲から異質に見えようとも、
「夢」であることには間違いない。

そして本書は、その夢を達成した、または達成しつつある、
羨ましく幸せな人々の物語だ。

もちろんタイトル通りというか、あまり一般的ではない趣味が並ぶ。

ボンネット型消防車や、電話、真空管ラジオのコレクター。
国道標識の撮影。
飛行機、巨大カブトムシロボット、ゴム銃、1/23姫路城の製作。

だが、おそらく本ブログを読んでくれている方々はご存知だろう。

ゴム銃製作は、「ゴム銃大図鑑」(レビューはこちら )に結晶している。

国道標識撮影は、実のところ国道を楽しむ様々な趣味の一形態だ。(「ふしぎな国道 (講談社現代新書)」(レビューはこちら)にも掲載。)

自作飛行機どころか、メーヴェ「ナウシカの飛行具、作ってみた 発想・制作・離陸---- メーヴェが飛ぶまでの10年間」(レビューはこちら)を造っている人もいる。

また、作家森博嗣氏は、自宅を走る5インチゲージの鉄道を創っている(森氏のHPはこちら欠伸軽便鉄道のブログはこちら)。での庭園鉄道

また、巨大カブトムシロボット「KABUTOM」(公式HPはこちら)は、マスコミにも何度も取り上げられている。
変な趣味どころか、とても多くの人に夢と感動を与えている。

本書で取り上げられた多くの人も、博物館などを通じ、
多くの方に楽しみを共有してもらうことを目標とし、達成している。

消防自動車博物館http://keiranbokujo.com/company.html
ティッシュでの昆虫政策 工房心の郷 http://kobo-kokoronosato.com/
バス好きが昂じてバス会社設立 銀河鉄道 http://gintetsu.co.jp/
「特急あずさで旅する夢」がきっかけ 夢ハウス・あずさ http://www.yumehouse.co.jp/

何とも羨ましい姿ばかりだ。

掲載された人々の高みまで到達することは、困難かもしれない。
だが誰でも、好きな趣味を通じて、素晴らしい人生を歩むことが可能だという希望を、
本書はしっかりと伝えてくれる。

本書は「月刊ラジオライフ」誌上で連載していた記事の単行本化で、
タイトルや売りも「変な人」を紹介という気配が濃厚だ。

だが本当は、夢を追い求め、夢を実現しつつある人々のドキュメンタリーだ。
雑事に追われる日々の中で、心の糧として、本書は手元に置いておきたい。


【目次】
【1章】四半世紀は当たり前 かけた年月の厚みに驚く
すべてを鉄道に捧げ、鉄道に愛された永遠の鉄道少年
取りも取ったり、200種類オーバーの資格取得マニア
「ラジオがいた時代」そのものを愛する真空管ラジオコレクター
家族の思い出も運命の恋も、国道標識とともに
"自力"で大空を舞った30年 素晴らしき飛行機野郎

【2章】いったいどこまで集めるの? すさまじきマニアの欲求
実戦派ならぬ「実食派」! 戦闘糧食コレクター
「鉄道無線解析」ってどんな世界なんだ?
動態保存がこだわり! ボンネット型消防車マニア
50歳過ぎて覚醒 電話コレクターの深すぎ人生哲学
BBMカード収集家 休日は全部、サイン収集に捧げてきた

【3章】 誰に何を言われようと決してくじけぬタフなメンタル
4時起きで生活と両立 うまい棒コレクターを支える「責任感」
命を吹き込む魔法の手 ティッシュ昆虫アーティスト
バス降車ボタン蒐集家 これは趣味ではない、「任務」である
永遠の工作少年とともに巨大カブトムシロボは「成長」していく

【4章】マニア魂、人を動かす! その情熱を誰かが見ていた】
イチから戦車を再現した男に、現役軍人も感服!
バス愛爆発! たったひとりでバス会社を作ったバスマニア
夢のお告げで特急あずさを買った男 幸福な正夢は終わらない
ゴム銃作って、協会作ったら、仲間ができた
美しきアキバ案内人 私の居場所は秋葉原"電気街"!

【5章】言葉にできないマニアの極北、すごすぎる到達点】
マニアの道はかくも濃い! 親子2代のマニア道
苦節19年、たったひとりで姫路城を作り上げた男
24時間無線音声を追い続ける「無線受信界の鉄人」
プロ野球ぬりえ画家 自称・ヤクルト選手の奇妙な夢

【文庫版書き下ろし】
なぜ撮り続けるのか、そこに「外蛇口」があるからだ
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 趣味

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 1

他人の趣味は変な趣味? 「趣味は何ですか?」  

趣味は何ですか?
高橋 秀実



趣味って何だ。
自分を振り返ってみると、こうして読書をしている。
だがこれは日常であって、「読書が趣味です」という感覚は全く無い。

では、野鳥観察か。
ところが最近は足(車)が確保できず、自分の愉しみのためにフィールドに出ることは滅多にない。
月1回の観察会の案内と、不定期の鳥類標識調査の実施くらいだ。
どちらも楽しみではあるのだけれど、わりと義務的な側面もある。
少なくとも、自分の楽しみが優先する状況ではない。

化石はどうか。安いものを購入したり、自力で採集にも出かけている。
だが、「熱心」というほどではない。機会があれば、と言う程度。

実は若いころは切手収集もしていた気がする。
父から譲り受けたものも含め、それなりに残っているだろうが、
現在コレクションとして整理しているかというと、そうでもない。

また、一昨年からイタリア語の勉強を、昨年から昆虫採集を開始しているが、こうした学習や散発的な楽しみは、趣味と言えるのだろうか?

むむ。趣味って何だ。

何となく、自身の愉しみのためにやっているもので、
他者のために義務化されるものではなく、
不定期であっても、年中それなりに実行しているもの、と考えている。

そうすると、実は僕は、趣味を持っていないのではないか。これはいかん。

ということで、本書である。

著者は、ある講演会で「趣味は何ですか?」と問われた時、
答えに窮したことを契機として、自身が無趣味であることを認識する。

そこで様々な趣味人を尋ね、その趣味の魅力、醍醐味などなどを聞き、
自身の趣味とすべく実践してみる。

取り上げられる趣味は、切手収集という伝統的な趣味から、
歴史、ヨガ、ボウリング、そして最近のゲームまで、多岐にわたる。
詳しくは【目次】をご覧いただきたいが、自分の趣味や、興味がある分野なども含まれているのではないだろうか。

しかし予想されるように、こうした「楽しいのだろうか」と冷めた入り方だと、
いかなる趣味も全く面白くない。

むしろ、各趣味の特殊性というか、「変なところ」が冷静に見えてしまう。
いわば、あるモノに熱中している人と、興味がない人のギャップだ。
どちらの立場かは別として、たぶん多くの方が感じたことがあるだろうが、
本書は各趣味の紹介ではなく、そうしたギャップを楽しむ本である。

他人の趣味は理解できず、自分の趣味は王道に見えがちだが、
そうした感覚を笑い飛ばす、軽妙な視点を楽しみたい。

なお、本書は古本で購入したが、新聞の数独パズルを切り抜いたものが挟まっていた。
おお、先の購入者の方はパズルが趣味でしたかと、出来過ぎの出来事に驚いた次第である。

それにしても、ネットの海を漂っていると、
いやはや皆さん多彩な(変な)コトをされているなと思う事しきりである。
お互い頑張りましょう。

【目次】
趣味の発見―人生の味わい
幕末をゆく―官僚は「鉄道」と「坂本龍馬」がお好き
マニアの苦悩―「航空無線」を傍受せよ
硬めの愛―男は「蕎麦」、女は「ヨガ」
スタンプ巡礼―「八十八カ所巡り」から「切手」「消印」「手相」まで
地球に優しく―「エコ」の醍醐味
備えよ常に―楽しい「防災」
カメの気持ち―「カメ」になった人々
本当はさめている?―「ファン」「ゲーム」「ラジコン」心理
レーンを読む―ひとりで「ボウリング」
時間潰しの作法―「武士道」に「階段」
田舎の時間割―「ウォーキング」「茶道」「ガーデニング」の果て
なぜ山に登るのか?―「登山」の心得
あとがき 趣味の再発見
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 趣味

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

驚愕のジオラマの秘密が、余さず明かされた。「作る! 超リアルなジオラマ: 材料探しから作品発信まで完全マスター」  

作る! 超リアルなジオラマ: 材料探しから作品発信まで完全マスター
情景師アラーキー



ジオラマと言えばガンダムか第二次世界大戦、ちょっと違うが綺麗なドールハウスやNゲージのレイアウトが思い浮かぶ。
そんな中に、錆と汚れがある日常空間を再現したジオラマを引っ提げて突如現れたのが、情景師アラーキー氏だ。
本ブログでも、「凄い!ジオラマ」(レビューはこちら)を紹介したし、著者のブログ 情景師アラーキーのジオラマでショーもある。
ただ、前著でも作り方とかテクニックには言及されていたが、それはあくまで作品紹介の一部だった。

本書は同じジオラマを用いても、より細かい「作り方」に特化したもの。
自筆の製作説明図、製作途中の数々の写真、使っている素材、用いている道具(全てではないにしても、146種類‼も紹介されている。人によっては物凄く参考になるんじゃないだろうか。)など、著者の技術・発想の全てが惜しみなく紹介されている。
もちろん本書を用いてそのまま創り上げることが出来る人は少ないにしても、おそらく様々な分野のモデラーの創作意欲を刺激し、テクニックを向上させるだろう。

おそらく著者も、「凄いだろう」という自信ではなく、
「こんな方法があるよ、使ってみる?」というスタンスなのではないだろうか。

それが伝わる一端が、本書では作品の撮影方法、ネット等での紹介方法、展示ケースの入手方法や保管ケースの構造など、
「作る」以外のバックヤードも公開されている点だ。
目次だけからでも分かるが、本書は
「考える」から始まり、「集める」、「作る」、「魅せる」、「撮る」、「保存する」、「広める」という章に分割されている。
おそらく多くの人が試行錯誤しているのが、「集める」や「保管する」といった点ではないだろうか。

それにしても、著者が作るジオラマは「見た目」だけでも驚いたのだが、
本書を読むと「この部分は全て紙で造りました」なんてのもあって、改めて驚愕した。
もちろん著者程のテクニックは、ほとんどの人には無理だろう。
しかしそれでも、できるかどうかは別として、
本書は誰にでも「自分は何を造ろうかな」と考えさせる、魅惑の手引きである。

【目次】
情景1 カブトムシ
考える
情景2 港の片隅で…
集める
情景3 アテンション
作る
情景4 わが街の不動産
魅せる
情景5 西瓜の夏
撮る
情景6 やきいも
保存する
情景7 トタン壁の造船所
広める
情景8 オール・イン・ザ・ボックス

▼衝撃の1冊目。(レビューはこちら)


▼ドールハウスについては、こちらが美しい。(レビューはこちら )

 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 趣味

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

星のマークは夢のマーク。「田宮模型の仕事」  

田宮模型の仕事
田宮 俊作



赤と青地に、白抜きの星のマーク。
多くの人々(男性が多いと思うが)にとって、様々な憧れを引き起こすだろう。
僕が子供の頃、街のおもちゃ屋(まだ個人経営のおもちゃ屋があった時代だ)には、
ガンプラが積まれている一方に、戦車、艦船、兵士のプラモデルがあった。
子どもには手が出せそうに無い世界だが、雑誌でジオラマを見るたび、いつかこんな世界を造ってみたいと思ったものだ。
そのプラモデルに輝いていたのが、
赤と青地に、白抜きの星のマーク。TAMIYAだ。
硬派なプラモデル屋というイメージしかなかったが、本書のおかげでそのイメージが払拭された。

本書は田宮模型を世界のTAMIYAにまで発展させた、田宮俊作氏による熱い歴史書である。

木製模型の跡取りとして生まれた少年時代。
だが順風満帆な生活ではなく、工場の火災によるマイナスからのスタート。
それでも新型機械の導入等によって木製模型が軌道に乗り出した時に訪れた、アメリカ製のプラモデルの衝撃。
一方、日本でプラモデルを作ろうとしても、莫大な金型製作費、金型製作職人の横柄さ等の障害。

日本全体の木製模型屋が、同じような苦境に遭遇した筈だ。

だが、なぜ田宮模型だけが世界まで羽ばたけたのか。
本書を読めば、その謎が、実は謎ではなかったことが理解できる。

田宮俊作氏が貫いてきたことは、一つはモノづくりとしてのプライドだ。
徹底した取材に基づくモデリング。
保存展示されている戦車を求め、世界中を駆け巡り、寝食を忘れて撮影を行う。
その真摯さが、ホンダのF1模型でも如何なく発揮されている。
タイヤ一つとっても、それまでののっぺりしたタイヤではなく、
トレッドパターンを刻んだタイヤ模型を開発。
また、単に縮小するだけでなく、日常の状態や視線を踏まえた微妙な調整。
そして作りやすいと共に、作る楽しみも有ること。
F1のプラモデルを見たホンダの本田宗一郎氏による「日本の模型屋も、ここまでやるようになったか」という評価は、
「たかが玩具屋」ではなく同じくクオリティを追究するモノづくりの姿勢に共感した証なのだろう。

そして、子どもが楽しめること。
マニアや大人たちだけが楽しむ趣味ではなく、
子どもたちがもモノづくりを楽しめるツールとして、プラモデルがある。
それを徹底したのが、ミニ四駆だ。

残念ながら僕はブームとは外れた世代だが、
本書を読めば、その「ブーム」が発生するまでに本書刊行時でも18年の歴史があった。
子どもたちが楽しめる造形、子どもたちの創意工夫を受けたカスタマイズシステム、
そしてレースの愉しみ。
「売ったらおしまい」という姿勢ではないタミヤだからこそ、ミニ四駆という趣味の一ジャンルを形成できたと言える。

本書解説において、次のような指摘がある。

コカコーラのマークがあっても、その店が何屋かはわからない。
しかし世界中で、タミヤの星マークが見えたら、そこはホビーショップ以外の何ものでもない。
一社のロゴマークが、業界そのもののシンボルになる、そんな会社はタミヤ以外ないのではないか。


これほどまで、「楽しさ」を広めてきたタミヤ。日本企業の凄さというか、昨今はなかなか見つけにくい「日本企業ならではの良さ」を知る機会としても、本書はお勧めである。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 趣味

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

いつもの道が、違って見える。「ふしぎな国道 」  

ふしぎな国道 (講談社現代新書)
佐藤 健太郎



江戸時代の街道についての本は楽しく(例えば「地図と写真から見える! 日本の街道 歴史を巡る!レビューはこちら)、古代の律令国家時代に行われた全国的な道路整備事業には謎が満ちている(「古代道路の謎―-奈良時代の巨大国家プロジェクト(祥伝社新書316)レビューはこちら )。

こうした歴史的な街道の上に、現在進行中の街道整備事業。
それが国道、都道府県道、市道だろう。
このうち、各都道府県を連結する国道こそが、その規模・用途からも、僕らが通常抱く「街道」の現在形といえる。

そして、人々の営みにが続く限り、地域性・交通事情は時代と共に移り変わり、
その結果としての国道も変遷し続けていく。

例えば僕は香川県坂出市の生まれだが、子どもの頃は 「国道11号線」というと、
市の北側(海側)を走る二車線道路だった。
ところが市の南部に「11号バイパス」が出来、
いつの間にかそっちが「国道11号線」、旧来の国道11号線は「県道33号線」になった。
その頃は、「国道」は基本幹線として絶対的な存在であると思っていたから、
番号が変わるという事実に驚いたものだ(今でも違和感がある)。

おそらく、人それぞれ、生まれ育った土地の国道感覚というようなものがあり、
「故郷の思い出」の重要な基礎になっているのではないだろうか。

こうした、いわば、生きものとしての街道を見続け、その進化や多様性を楽しむのが、
おそらく筆者のような国道好きである。

本書は、国道マニアの立場から、日本各地に残る国道の多様性(階段であったり、山道であったり!)、
そして国道を楽しむ様々な視点を紹介するもの。

特定の国道を完走するというベーシックな楽しみ方から、
車では走破できない「酷道」を楽しむ者、
国道番号の付け替えによって都道府県道に格下げされた旧国道に、かつての国道の面影を探る者等々。

本書は、極めて日常的な存在である国道の中に、
自分なりの楽しみ方を見いだせるガイドブックと言えるだろう。

僕個人としては、本書末尾あたりに掲載された道路の起終点を示す「道路元標」、
道路にペイントされた文字、
看板(最近の青地に白の「青看」ではなく、白地に青の「白看」)など、
痕跡を探るあたりが、興味あるところ。

一見、たんなるマニアの愉しみ紹介のような本ながら、
日常的なモノに人の歴史と意味があり、それを見つける楽しさを伝える、なかなか楽しい一冊である。


【目次】
第1章 国道の名所を行く
第2章 酷道趣味
第3章 国道の歴史
第4章 国道完走
第5章 レコードホルダーの国道たち
第6章 国道標識に魅せられて
第7章 都道府県道の謎
第8章 旧道を歩く
第9章 深遠なるマニアの世界

▼律令国家において、全国を貫く大規模な道路整備が行われていた。
(レビューはこちら)



▼同著者による、律令国家による道路以外も含めた入門書(レビューはこちら)


▼日本各地の古街道の歴史を辿る。(レビューはこちら)


▼ビジュアルに古街道を見ていく楽しさ。(レビューはこちら)


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 趣味

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム