ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

謎めいた魅力を持つ生物の、真の姿。「オウムガイの謎」  

オウムガイの謎
ピーター・D. ウォード



現生の巻貝とアンモナイトを見比べた時、真っ先に目に付くのが貝の巻き方である。
現生巻貝は螺旋状に山形になる(立体的に伸張する)のに対し、
アンモナイトは平面的に伸張する。

そして、この巻き方に類似するのが、オウムガイである。

ただ似てはいるが、アンモナイトではない。
また、オウムガイも「生きた化石」と呼ばれるくらい、古い時代からいるらしい。

いったいオウムガイって何なの、と長らく疑問を抱いていた。

本書は1995年刊行。今となっては20年以上前の本ではあるものの、
それまでのオウムガイ研究史を網羅した、これを読まなくては始まらないという一冊である。

そもそも、実はオウムガイ類が生まれたのは古生代。今から5億年くらい前である。
その後、オウムガイ類の祖先種からアンモナイト類が生まれた。
すなわち分類群としては、アンモナイトよりも古いのである。

そのアンモナイトとの共通なのは、殻の構造。
現生貝類では開口部から突端までが中空であり、軟体部はその全てのスペースを利用している。
一方オウムガイやアンモナイトでは、成長に従って隔壁が形成され、その中空部が幾つもの部屋で区切られる。
その中空部にはカメラル液とガスがあり、そのカメラル液の量を増減することよって浮力を調整する。

そしてこの浮力を調整するという能力により、実はオウムガイはかなり移動能力が高い。

実はオウムガイは日周的に海中を移動する。
著者がパラオで発信機をつけた個体は、日中は水深300~400mにいるが、夜間にはサンゴ礁づたいに水深60m程度まで上昇する。そして大好物のロブスターの脱皮殻を食べるのだ。

また、平面的な移動も大きく、別の研究者は標識調査によって、
1年足らずの間に150kmも移動した事例を確認した。またその移動力によって、数日間で何kmも移動することも少なくない。

本書で示されるこれらの事実には驚くが、本書の醍醐味はこれだけではない。

そもそも、オウムガイは謎だらけの生きものだった。
ヨーロッパから遠く離れた南太平洋を中心に生息するため、そもそも生きた個体をヨーロッパで見ることじたいが困難である。
だから、オウムガイがどのようにして浮くのか、
その殻にある隔室はどんな役割をするのか。
(実はヨーロッパには乾いた殻しか届かないため、そもそも隔室にカメラル液があるという事実すら把握できなかった。)
それを確かめるためには、南太平洋の島に行くしかない。

1894年、27歳で初めて南太平洋に向い、
初めて軟体部を詳しく調べたアーサー・ウィリー。

1960年、生きたオウムガイのX線写真を撮影し、カメラル液の存在を明らかにしたアンナ・ビダー。

1962年、隔室とそれをつなぐ連室細管の働きにより、浸透圧の変化によってカメラル液の量が増減することが浮力の鍵と解き明かしたエリック・デントンとジョン・ギルピン=ブラウン。

ニューカレドニアでオウムガイを研究できるヌメア水族館を創ったアーサー・マーティン。

1977年、極めて多数のオウムガイに標識を付し、その移動を把握したクロード・スピノサとブルース・ソンーンダズ。

そしてオウムガイの垂直移動を把握した著者。

こうした連綿とした研究史について、
それぞれの研究者の手記や当時者へのインタビューにより、極めて具体的に綴られていく。

オウムガイを求めて彷徨う日々。
工夫したワナ。それを設置する苦労、それでいて何度も失われるワナ。
サンゴ礁の真っただ中で故障する船のエンジン。
オウムガイを調査中に遭遇するサメ。
様々な苦労、挫折、人々の確執等々、
研究することの楽しさと苦しさが、この一冊に凝縮されている。

こうした長い研究により、オウムガイの浮力の謎は解明された。

また本書ではそれ以外にも様々なオウムガイの謎を解き明かしていく。

現生オウムガイは化石種のオウムガイとは異なること(だから種としては「生きた化石」ではない)、

世界のオウムガイは、少なくとも2つの生物地理学的グループ、
すなわち深海によって陸地から隔てられた島々に生息するオウムガイ(オウムガイ、パラオオウムガイ、オオベソオウムガイなど)と、
オーストラリアとニューギニアに生息するグループに分類されること。

というのも、オウムガイは高い移動力があるものの、
水深約360m以浅に長くいると浮力調整システムに支障をきたす一方、
水深600m以深だと殻が破壊される。
ところがオウムガイは、底が見えないところを長距離泳ぐことはできない(しない)ため、
ちょうど良い深さで続く海しか移動できないのである。

またその繁殖も、プランクトンのように海流で分布することはできず、
孵化時点で直径2.5cm程もある。
だから、幼体のうちに大きく分布を広げることもできないのだ。

これらの事実を踏まえたうえで、しかしオウムガイは種としては決して古くはない。
むしろ、現生オウムガイ類は種としては非常に新しく、むしろ種が拡散しつつある段階にあるという研究結果もある。

だが最終章、著者が調査に訪れたセブ島では、
サンゴ礁の破壊、土産物としてのオウムガイの乱獲、水質汚染等により、
かって大量に生息していたオウムガイは、ほぼ見られなくなっていた。

オウムガイと同時代に生きていることを喜び、そして次世代にもその喜びを味わってほしい。
その不思議な魅力的を伝える、素晴らしい一冊である。

【目次】
第1章 初期の航海
第2章 太平洋の大海原で
第3章 オウムガイの観察
第4章 オウムガイ類の浮力について
第5章 オウムガイの寿命
第6章 実証された成長率
第7章 浮力調節の役割
第8章 オウムガイの垂直移動
第9章 オウムガイは何種類いるのか
第10章 待望の受精卵
終章 一九八七年、フィリピン諸島
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 軟体動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

情熱の牡蠣。「牡蠣とトランク」  

牡蠣とトランク
畠山重篤



牡蠣礼讃 (文春新書)」(レビューはこちら)は、日本の牡蠣養殖史、そして世界の牡蠣養殖史と日本との関わりといったダイナミックな、
それでいて大多数の日本人が知らないストーリーを教えてくれる、とても得難い一冊である。

その中で著者は、「森は海の恋人」運動を展開し、
新たな発想による環境保護を推進していることも記していた。
その活動が大きく実を結び、牡蠣養殖は新たな時代に入っていることを実感させてくれたものだ。

ところが、「牡蠣礼讃」刊行後、東日本大震災が発生する。

著者が「牡蠣礼讃 (文春新書)」で教えたくれた日本有数の牡蠣産地、
そして著者自身の養殖場も、故郷も、文字通り壊滅的な被害に遭う。

前著で示してくれた世界に誇る牡蠣養殖地が、目前で消え去る。
著者や、現地の人々の驚きと悲しみは、想像することもできない。

だがその中で、前著にも記されているが、
かつて病気により壊滅状態となったフランスの牡蠣養殖を救った日本(ミヤギ種)に対して、
今度はフランスから手が差し伸べられる。

また、以前から行っていた「森は海の恋人」運動が、海の底力を素早く復活させていく。

本書は、前著で知った日本の誇るべき東北の牡蠣養殖が、
東日本大震災を経て、再び復活す歩みを記したものだ。

店頭にいつものように並ぶ牡蠣が、
どれほど多くの人々の熱意や友情に支えられて育ったものか。

前著と本書を併せて読むことで、牡蠣を見る眼が大きく変わるだろう。
この2冊は、末永く読み継がれるべきである。

なお、1月20日にNHK教育で、現在の畠山氏の視点から、
これまでの歩みを振り返る(ただし、詳細な紹介ではなく、モノローグ的な感じ)の
ETV特集「カキと森と長靴と」が放映された。
(番組HPはこちら)
美しく牡蠣の海として再生した舞根湾の風景、
「森は海の恋人」という言葉を産み、カキ養殖と森づくりに人生を捧げてきた畠山氏の
幸せな姿を観られたのは、良かった。
精神の糧となる番組であった。


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 軟体動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

牡蠣が100倍美味くなる本。「牡蠣礼讃 (文春新書) 」  

牡蠣礼讃 (文春新書)
畠山 重篤



冬の味覚と言えばカキである(以降、本書に敬意を表して牡蠣と書こう)。
僕はカキフライ派だが、それは多分、他に食べる機会が多いのは鍋等で煮た牡蠣―つまり脇役であって、
牡蠣が主役たる、美味い生牡蠣や焼き牡蠣を味わっていないからだろう。

だが、今年は、機会があれば牡蠣を食べている。
なにしろ、昆布の魅力が凝縮された「昆布と日本人 (日経プレミアシリーズ)」(レビューはこちら)以来、日本人と食材関係の本を読んできたが、
ついに久々のヒットに出会ったからだ。

本書は、日本における牡蠣養殖の歴史はおろか、
世界を舞台にした「日本の牡蠣」の物語である。

牡蠣といえば瀬戸内海人は「広島」と思ってしまうが、実は世界の牡蠣種苗の産地は宮城。
そこで生産されるマガキの宮城種こそが、世界中で養殖されている。

なぜ、宮城が牡蠣種苗の一大産地なのか。

本書前半は、その日本における養殖史の発展を遡る旅。
現在の養殖現場の状況を紹介しながら、そうした養殖技術を発展させるに至った先達、
「世界三バカ牡蠣博士」の一人である今井丈夫氏、
明治時代に沖縄からアメリカに渡り、牡蠣養殖の事業を興し、現代に続く垂下式養殖法を開発した宮城新昌氏、
宮城新昌氏の技術を事業化するに尽力した水上助三郎氏の足跡を辿る。

そもそも、牡蠣養殖は明治以前から宮城近辺で盛んだったのではない。
これらの先達が巡り会い、そして効率的な牡蠣養殖に不可欠な杉材と竹、藁が豊富で、
しかも山からの栄養が富む海である三陸だからこそ、
現在の牡蠣養殖の礎を築き得たのである。

そこにあるのは偶然や奇跡だけでなはく、
人々の地道な努力と工夫があった。

そして本書後半では、世界の牡蠣に話が広がる。
といっても、「世界でも様々な牡蠣が食べられています」だけでは終わらない。

牡蠣食が盛んにフランスでは、日本と異なるヨーロッパヒラガキが食されていた。
だが、このヒラガキの生産量が減退したため、ポルトガルの牡蠣(ポルトゲーズオイスター)を導入する。
(このポルトゲーズオイスターは日本と近縁種で、実は江戸時代に日本から伝わったのではないかという話もある。詳細が知りたいところだ。)
ところがヒラガキ・ポルトゲーズオイスター共に病気が発生し、1970年代にはフランスの牡蠣養殖は壊滅状態になってしまった。

そこに導入されたのが、アメリカにも既に輸出され、評価の高かった宮城種である。
様々な問題はあったものの、宮城種は成育が良く病気もないことから、以降フランスへ本格輸出されることになった。

またアメリカでは、、マガキより小さいオリンピアオイスターが好まれている。
この牡蠣は、日本の牡蠣養殖の先達である宮城氏が修業した種だ。
著者はその養殖地を訪れ、先達たちの歩みに思いを馳せる。

かと思えば海外で、宮城種と異なるマガキ―「クマモト」と呼ばれる牡蠣に目をつける。
この牡蠣はアメリカ西海岸で日本からの輸入された子孫が育っているが、
日本の原産地・有明海では、マガキ(宮城種)と雑種化して絶滅した、とされているものだ。
だが本当にそうなのか。
著者は持ち前のフットワークで有明海を訪れ、実際はマガキと棲み分けて現存していることを確認する。

他にも干し牡蠣の原産地を求め、中国へ。
タスマニアデビルオイスターを味わうため、タスマニアへ。
さらに、日本画でも用いられる白色顔料・胡粉の材料であるイタボガキ。
これも絶滅が危惧されている種だが、
その復活に努力している水産試験場がある岡山・香川へと、
著者の牡蠣をめぐる旅は終わりが見えない。

そして全てを繋ぐのは、
牡蠣が育つ豊かな海は、豊かな森があるからだ、という理念。
それをふまえた「森は海の恋人」運動は、いまや全国各地に広がっている。

冬の旬を告げる食材の一つとしてしか牡蠣を見ていなかったが、
それが養殖されるまでの歴史、
そして世界の牡蠣養殖との関係、環境問題との関係と、
まさに牡蠣を巡る大冒険であり、
著者が牡蠣によせる愛情が溢れ出た、素晴らしい一冊である。

様々なレシピや薀蓄もあり、本書を読めば牡蠣が食べたくなること間違いなし。
なので、牡蠣のシーズン真っただ中に紹介した次第。ぜひ牡蠣を食べていただきたい。
(僕は夏に読んでしまい、長らく苦しい思いをした。)

ところで三陸と言えば、東日本大震災。
それを経た物語が、続編「牡蠣とトランク」で綴られているという。
こちらもぜひ、読みたい。

【目次】
第1章 Rのつかない月の牡蠣を食べよう!?
 牡蠣の旬はいつか?
 水山養殖場の四季―宮城県・舞根湾
第2章 おいしい牡蠣ができるまで
 宮城種の故郷
 牡蠣に憑かれた男―宮城新昌と水上助三郎
第3章 世界の牡蠣を食べる
 日本一の生産地から学ぶ―広島県・広島湾
 日本の牡蠣がフランスを救った―フランス・ラングドック
 魅惑の味・オリンピアオイスター―アメリカ・シアトル
 顰めっ面をした牡蠣―熊本県・有明海
 干し牡蠣は万能薬―中国・沙井
 タスマニアデビルオイスター―オーストラリア・タスマニア
第4章 知られざる「カキ殻」パワー
 カキ殻が地球を救う
 日本の白を彩る胡粉
おわりに 牡蠣がつなぐ世界
 二十年ぶりの南仏ラングドック
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 軟体動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

カタツムリの謎: 日本になんと800種! コンクリートをかじって栄養補給!?  

カタツムリの謎: 日本になんと800種! コンクリートをかじって栄養補給!?
野島 智司



庭で草抜きや畑仕事をしていると、カタツムリを見ることがある。
おそらくウスカワマイマイだ。
本書によると、ウスカワマイマイは比較的乾燥に強く、植物の苗に付着して全国に分布しているという。
我が家の敷地は元々、草の1本もない空き地だったから、
僕が購入した何かの苗に付着していたのだろう。

一方、通常はカタツムリは移動能力が低いため、全国各地で優先種が異なる。
四国と中国地方・九州の瀬戸内側はセトウチマイマイだが、
九州と愛媛県の佐田岬はツクシマイマイ。中国地方はイズモマイマイ、
近畿、徳間南部はギュリッツマイマイ。
東日本も様々だから、
このブログをご覧になっている皆さんのイメージするカタツムリは、僕が思い浮かべるものとは異なる可能性が高い。

そのカタツムリについて、様々な研究成果や話題を元に、多角的に紹介するのが本書。

例えばカタツムリの動き方だけでも、
後ろ側から前に向かった「足波」が伝わることで進むが、
時々、足跡のように点状に残ることがあり、これは通常の足波の伝わり方では説明できず、
まだ動き方が解明されていないということが紹介されている。
身近なカタツムリでも、わからないことがあるのだ。

また、カタツムリといえば殻、カルシウムだが、
それが卵を産む野鳥にとっては重要なカルシウム源であること。
そのため、土獣中のカルシウムが少ないとカタツムリが少なく、野鳥の卵殻も薄いという因果関係があるという点も、
野鳥を中心に自然を見ている自分としては、なるほどと感じる話だった。

また、「クマムシ博士の「最強生物」学講座: 私が愛した生きものたち」(レビューはこちら)でも少し触れられていたが、
ノミガイという体長2~2.5mmのカタツムリの話も面白い。
ノミガイは、本州南部、四国、九州、沖縄など、広い範囲に分布しているが、
実は野鳥がノミガイを食べ、生きたまま排出される場合があり(実験では、メジロ・ヒヨドリに食われた個体のうち約15%が生きたまま排泄されたという)、こうした野鳥によって分布しているという。

身近なカタツムリだが、その動き、分布、様々な面において、やはり生態系の一員として興味深い面が多々ある。
そうした魅力を手軽に読める一冊として、本書は有り難い。

ところで、以前「ゲッチョ先生のナメクジ探検記」(レビューはこちら)で、イボイボのあるナメクジ、その名も「イボイボナメクジ」がいることを知ったことを紹介した。

ところが「香川生物 第37号」(香川県の生物関係の研究誌)を読んでいたところ、関連する文献があり、
その内容に驚かされました。

その文献は、「イボイボナメクジ Granulilimax fuscicornisMinato,1989の分類・生態的特徴」多田昭・矢野重文。

まず、イボイボナメクジは新属新種として,湊(1989)によって記載されたとのこと。そんなに新しい発見だったとは知らなかった。
しかも、イボイボナメクジの最初の発見場所は香川県仲多度郡仲南町(現,まんのう町)多治川。
そして完模式標本の産地は香川県綾歌郡綾歌町富熊大原とのこと。

※記載論文(湊,1989)では完模式標本は香川県綾歌町で採集された個体だが、
 その標本産地は徳島県高越山となっている。
 これは、標記の論文で明らかにされているが、
 実は最初に徳島県高越山で採集した個体を完模式標本としようとしていたところ、
 最後に香川県個体に変更したが、模式産地を修正し忘れたとのことである。


まさに香川県はイボイボナメクジ発祥の地であったのだ。

確かに、全国のレッドデータブックでみると、イボイボナメクジは情報不足の県が多いのだが、
香川県だけ絶滅危惧I類に区分されていて不思議だった。
つまり香川県だけ減少しているというより、香川県だけカテゴライズできる程度に情報があったということなのだ。

それにしても、これだけ香川県とイボイボナメクジの縁が深いのなら、やはり、いつかをこの目で見たいものである。
なお、イボイボナメクジは、なんと肉食性(他の陸貝を喰う)とのこと。これも驚きだった。
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 軟体動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ゲッチョ先生のナメクジ探検記  

ゲッチョ先生のナメクジ探検記
盛口 満



久しぶりのナメクジ本である。苦手な方ごめんなさい。
でも過去のナメクジ本もかなり検索されてました。みんな気になるようである。

「ナメクジの言い分」(レビューはこちら)


「ナメクジ―おもしろ生態とかしこい防ぎ方」(レビューはこちら)


著者は独自の視点で変わった生き物を追いかける(または普通の生き物を変わった視点で追いかける)盛口満氏。現在は沖縄在住なので、本書でも沖縄のナメクジがメインテーマになっている。
特に、イボイボナメクジに詳しい。
また、そもそも「ナメクジ」ってどんな生き物なんだろう、という根源的な質問にも答えてくれる。
たかがナメクジと思っているが、進化の観点からみるとかなり面白い形態と進化結果であることがわかる。

また、他書ではなかなか無いのが、ナメクジを生物として研究する際の難しさ。
あのナメクジの種分類を研究するには、解剖して生殖器をチェックしなければならないが、
ホルマリンで固定すると正確な比較ができない。
そのため、生体を研究者が手に入れる必要があるが、それはなかなか難しい。
ナメクジを研究する人は少ないだろうとは思っていたが、こうした制限があるということは初めて知った。

そのため実はナメクジの種分類の研究は進んでいないという。
しかし本書で示されるように、イボイボナメクジだけでも、沖縄の各島々で様々な個体が分布している。
生物地理学の観点からは、研究すべきテーマが山ほどあるような印象を受ける。

本書で盛口氏がフィールドワーカーとして研究者に協力しているように、
僕ら素人でも、外見(色・大きさ)、分布など、まだまだ関われる余地はありそうだ。

「生物」としてのナメクジに興味がある方は、ぜひ一読されたい。というか、必読であろう。
また、生物地理学、南西諸島の生物学としても面白い。

【目次】
1 ナメクジ娘の襲来
2 ナメクジ熱の発症
3 琉球列島ナメクジ探検
4 ナメクジの謎
5 ナメクジは貝である
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 軟体動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム