ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

この夏、金魚に出会いたくなる。「金魚はすごい (講談社+α新書)」  

金魚はすごい (講談社+α新書)
吉田 信行



夏と言えば金魚すくいである。
子供の頃採った金魚は、4~5年生きていた。
でも、最近採った金魚は、1年程度で死んでしまった。
採った時点の金魚の体調もあるし、僕の管理の問題、また夏季の気温上昇など、
様々な要因があるだろう。

でも、何にしても、「金魚すくい」という行為は、夏の思い出として一生残っている。

日本人とって、朝顔と金魚は「当たり前」の存在だが、それらについて知っている事実は、
かなり少ない。
まして、作出された様々な品種なんて、申し訳ないがマニアの世界とも感じる。
(まあ、そういうモノほど嵌まると楽しいのだが。)

本書は、江戸時代から創業している金魚屋、「金魚の吉田」の主人による金魚本。
「◯◯はすごい」の柳下のドジョウタイトル本ながら、
とても楽しい一冊である。
巻頭には各品種のカラー写真、また尾びれの違い、
主な品種の紹介・来歴など、まさに金魚入門書として最適といえる。

また、なんとなく最近金魚の品種が多いなと思っていたのだが、
日本では形質が固定されて(同形質の累代飼育が可能となって)初めて品種とするが、
中国ではF1のみでも品種とするとのこと(同じF1の雄雌を掛け合わせても、同形質のF2は得られない。)。
だから品種が乱立していたのかと、納得した次第である。

なお、以前「江戸創業金魚卸問屋の金魚のはなし」(レビューはこちら)を取り上げたが、こちらの店との関係が気になった。

調べたところ、著者の吉田信行氏が三男、先代の現「金魚の吉田」の社長・吉田舜亮氏は次男、
そして長男の吉田晴亮氏が「金魚坂」(吉田晴亮商店)を立ち上げたとのこと。
なるほど。

【目次】
第1章 金魚のルーツと歴史を探る
第2章 本当に金魚はすごい!
第3章 多種多様な金魚を愛でる
第4章 老舗が教える「金魚のススメ」



金魚はすごい (講談社+α新書)



 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 魚類

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

これほど美しい姿を知らなかったとは…。「トビウオの驚くべき世界」  

トビウオの驚くべき世界
スティーブ・N・G・ハウエル



トビウオと言うと、寿司ネタの「とびこ」とか、「あご」という別名が用いられる「あごだし」、「あごちくわ」など、
食材としての印象が強い(僕だけか?)。

このため、「透明で大きなヒレ(以降はあえて「羽」と呼びたい)をもった青魚」というイメージしかなかったのだが、
いや、これほど美しい生きものだったとは知らなかった。

本書は、バードウォッチング・ツアー会社の幹部が、海洋でのツアー中に出会ったトビウオを識別・記録したものかに始まった一冊である。
そのため、収録されている写真はほぼ全て生きた個体。大きな翼を広げ、海面を飛ぶ姿は魅力に溢れている。
生命に満ちた姿というか、本当のトビウオを全く知らなかったのだなと痛感した。

その美しさが、なぜ一般に知られていないのか。

トビウオは世界に60~70種程度、現在は7属に分類されている。
種によっては「スマーフ」と呼ばれる稚魚段階、未成魚、成魚の変化が大きく、同じ種とは思えない場合もある。
さらに、実はその羽には美しい模様やストライプがある。
つまり、種や齢によって、様々なバリエーションがあるのだ。
ところが死んでしまうとその色は失われ、さらに標本化の過程でも色素が失われる。
僕らは色褪せた個体しか見ていないし、また一般的図鑑も、こうした標本がベースとなっているため、
どうしてもその魅力は伝わらず、しかも種の識別は難しくなってしまう。

本書はその点は達観していて、実際に船上から見た特徴で呼称を決め(例えば羽がラズベリー色のは「ビッグ・ラズベリー」など)、この呼称で統一している。
そのため、帯にあるような「図鑑」という使い方は、一切できない。

だがその一方で、トビウオを「楽しむ」には、今のところこの方法がベストだろうと思う。
何しろ正式な図鑑の場合、色も形も(死ぬと羽の開き方も異なる)生きている時とは全く違うのだから、役に立たない。

さて、生きたトビウオについて初めて知ったのが、まず2枚羽と4枚羽があること(写真をいくつか見ていたはずなのに、意識していなかった)。

2枚羽は前羽(胸びれ)が発達、4枚羽は後羽(腹びれ)も大きい。
7種前後で、Exocoetus属(イダテントビウオ属)またはFodiator属に属している。
時速32~64kmで、15m以上の滑空が可能。滞空時間は2~3秒という。

一方、より飛行に適応したのが4枚羽だ。
4枚羽はHirundichtys属(ニノジトビウオ属)、Prognichthys属(ダルマトビウオ属)、Cheilopogon属(ツクシトビウオ属)、Cypselurus属(ハマトビウオ属)。
1回の飛行中、尾びれで水面を叩いて再滑翔するため、長く飛び続ける。
記録された最長飛距離(途中で再滑翔する)は600m。時速も70kmに達するという。
滞空時間の最長記録は、鹿児島沖合のフェリーで撮影されたもので、45秒とのこと。
まさに、「飛ぶ」という世界だ。

トビウオは陸地に近い沿岸部に多いというが、実際のところ、普通の生活をしていて飛翔に出会うのは有り得なさそうだ。
そうすると、僕らはいつまでも「あごだし」「とびこ」としてしか、この魅力あふれる生きものを知ることができない。

「何ともったいないことだ」と、そう思わせる魅力が、本書に詰まっている。

図鑑としては使えないけれども、実際のところ、図鑑が必要になるシチュエーションは、たぶんない。
だから、存分に本書で美しい姿を楽しんでほしい。

なお、本書でも紹介されているが、本書の元になったツアー時のトビウオ写真と照会が、ネット上で公開されている。
Offshore Wildlife
このうち、トビウオについては、このページA Working Guide to Flyingfish of the Western Pacific Odyssey.」に掲載されている。
(トップページ→articles→A Working Guide to Flyingfish of the Western Pacific Odyssey.のリンクは切れているため、辿れない。)

最下行のPDFが、写真資料。最初の1枚目の写真だけで、もうトビウオの美しさ全開である。
PacificOdysseySNGHetal..pdf

【目次】
01 トビウオはどんな生き物なのだろう?
02 トビウオに会える場所
03 トビウオの種類
04 トビウオの大きさ
05 トビウオはどうやって飛ぶのだろう?
06 トビウオはなぜ飛ぶのだろう?
07 トビウオの色
08 トビウオの見分け方
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 魚類

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

ドキュメント 謎の海底サメ王国 (光文社新書)   

ドキュメント 謎の海底サメ王国 (光文社新書)
NHKスペシャル深海プロジェクト取材班+坂元 志歩



地球環境において、日本は特異的だなと思うときがある。
海に囲まれた島国であること。
そして、直近に深海が広がっていることだ。

さて、ダイオウイカについては、2013年に放映されたNHKスペシャル「世界初撮影! 深海の超巨大イカ」(NHKスペシャルのホームページはこちら)で、一気に火が付いた。

だがそれと同時期、深海のサメについても世界で稀有な撮影が行われ、
その成果がNHKスペシャル「謎の海底サメ王国」(NHKスペシャルのホームページはこちら)として放映されたことは、あまり知られていないのではないか。

少なくとも、僕は見逃していた。
番組表で見にしても、「たかがサメだから」と甘く思っていたのかもしれないが、
それが大失敗であったことを、本書で知った。

本書はNHKスペシャル「謎の海底サメ王国」の企画立ち上げから、放映後まで、その舞台裏を綴ったドキュメントである。

大蛇のようなシルエットのラブカ。映画エイリアンのようにアゴが飛び出すミツクリザメ。巨大な口のメガマウスザメ。
深海に棲むゆえに、生態もよく分かっていないこれらの生きた姿、捕食シーンを撮影する、不可能とも思えるプロジェクト。
それを決意させ、可能にしたのは、いくつかの条件が、奇跡のように絡み合ったためだ。

世界でも有数の、沿岸から急激に深海へと深く落ち込む相模湾。
漁を通じて、研究者以上に深海ザメの生態・生息状況を熟知していた地元漁師の存在。
その漁師に、「NHKスペシャル 幻のサメを探せ ~秘境 東京海底谷~」(NHKスペシャルのホームページはこちら)を企画した高野氏が、出会ったこと。

さらにこのタイミングで、クジラの冷凍遺体を深海に沈め、それを継続観察するというプロジェクトが具体化し、
そして、ダイオウイカの撮影でも力を発揮した、広視界の潜水艇が導入される。
(実のところ、広視界の潜水艇を用いたのはこの深海ザメプロジェクトが先で、この時に多くのトラブルをクリアしたおかげで、ダイオウイカの撮影がスムーズに進んだようだ。)

この成果である映像を見逃すとは、もったいないことをしたものだ。
DVDやNHKオンデマンドで配信しているので、いずれ見たい。

さて、本書でも出てきた、「クジラの冷凍遺体を深海に沈め、それを継続観察するというプロジェクト」。この番組でもキーの一つとなるプロジェクトだが、この成果については、「深海 鯨が誘うもうひとつの世界」(レビューはこちら)で美しい映像により紹介されている。本書は、「深海 鯨が誘うもうひとつの世界」をより楽しむためにも有用である。

【目次】
口絵
プロローグ
第一章 海底王国への冒険のはじまり――東京海底谷と「悪魔のミツクリザメ」
第二章 深海プロジェクト始動――メガマウスを狙え!
第三章 撮影機材の改良、漁師の凄さ
第四章 深海ザメとは何か
第五章 深海プロジェクトの凍結
第六章 世界初のクジラ大実験
第七章 クジラが見つからない!
第八章 ラブカの発見
第九章 相模湾で起きていた奇跡
第一〇章 深海の生物移動の謎を解く
第一一章 2013年 奇跡 再び
エピローグ――海底王国 冒険の終わりとはじまり
あとがき 結城仁夫






 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 魚類

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

シーラカンスの謎: 陸上生物の遺伝子を持つ魚  

シーラカンスの謎: 陸上生物の遺伝子を持つ魚
安部 義孝



シーラカンスは、1938年、南アフリカで変わった魚が捕れた、という漁師の一報から発見された。
子どもの頃、シーラカンスの発見物語を漫画で読んだ記憶があるが、
これほどシーラカンスが知られている国は、むしろ珍しいという(生きた化石シーラカンス、ご存じですよね?)。

なぜ日本人は、シーラカンスに興味を持つのか。

本書は、「スズメの謎―身近な野鳥が減っている!?」(レビューはこちら)、
コウモリの謎: 哺乳類が空を飛んだ理由」(レビューはこちら)、
と同様に、一人の研究者が、その研究対象生物の概略、そして自身の研究状況を説明するもの。
コンパクトにまとまっていて有り難いが、このシリーズに「シーラカンス」が入ること自体、日本的なセレクションなのだろう。

さて、シーラカンスと言えばコモロ諸島と思っていたが、
1997年、インドネシアでも発見されている。と言っても、この年は市場に売られていく個体を見ただけで、研究者が入手したのは1998年。
このインドネシア・シーラカンスは、学名はLatimeria menadoensisであり、コモロ諸島のシーラカンスLatimeria chalumnaeとは別種である。

研究の結果、約2000~3000万年前に分岐したらしいが、遺伝子の差異は0.18%程度と、とても小さい。
600万年前に分岐したヒトとチンパンジーの遺伝子差は1.4%程度とのことであり、
いかにシーラカンスの進化速度が遅いかが分かる。
これは逆に、シーラカンスの生息する環境(自然環境のみならず、餌資源や(あるとすれば)天敵などの外部環境全て)の変異が少ないことを示しているのだろう。

さて、本書では、生物としてのシーラカンスについて詳しい。

・マグロの切り身を見た時に白い筋が見えるが、この筋(筋膜)がシーラカンスでは非常にしっかりした膜になっていて、がっしりした体つきになっている。

・シーラカンスの鱗の表面には堅いエナメロイドの層があり、このような特徴は初期の硬骨魚類に見られる特徴。

・シーラカンスには背骨が無く、脊柱という管状のしっかりした組織に液体が詰まっている。肋骨もない。
よって化石でも、脊柱の部分は空洞になっている。

・シーラカンスの浮き袋には空気ではなくワックスエステルという油が詰まっている。このワックスエステルはバラムツやアブラソコムツ、アブラボウズなどにもあるが、人間には消化できないため、大量に摂ると下痢をしてしまう。


こうした特徴を知ることができるのは、やはり化石ではなく、生きた生物として現存してくれていることが大きい。
自然の偶然のなせるところだが、現在の僕らはその幸運に感謝しなければならないだろう。

また一方、僕らの次の世代には、現在生息する生物や環境を、僕ら同様に知り、楽しむ権利がある。
だから、僕らには現存する環境を、そのまま保全していく義務がある。

ところが、このシーラカンスでさえ、胃の中からポテトチップスの袋などが発見されている。
その個体は大きさに比して痩せており、おそらくビニール袋等が障害となったらしい。


4億年前に栄え、約6500万年前に絶滅したと思われていたが、
ごく一部がそのまま残っていた太古の魚類。

それを、発見からわずか100年以内に、人工物によって減少方向に動かしてしまっている。

それは、未来の世代に対する裏切りである。
その恐ろしさに、もっと目を向けなければならない。

【目次】
1章 シーラカンスはどんな生き物?
2章 不思議な体のヒミツ
3章 進化の謎
4章 シーラカンスを探せ!
5章 シーラカンス研究はどこに向かう?




 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 魚類

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

わたしのウナギ研究  

わたしのウナギ研究
海部 健三



ニホンウナギが、IUCN(国際自然保護連合)によって、絶滅危惧種に指定されることになった(2014.6.12)。
日経新聞の報道はこちら

一方、今年のシラス稚魚が豊漁あるという報道が以前あった(例えばこちら)。
土用の丑の日(2014年は7月29日)が近付くにつれ、ウナギの動向はまだまだ話題になるだろう。

素直に統計からみれば、
「ここ数年では豊漁だが、かつての状態からすれば微増に過ぎない」という程度。
むしろ、ここで自制しなければ、天然のニホンウナギは本当に絶滅するだろう。

グラフを見るとよく分かる。
ネットから拾って貼り付けるのも何なので、リンクだけだが、
ご覧いただければ見事な右肩下がりだ。
ナショナル・ジオグラフイックの「ウナギが食べられなくなる日」

今年の豊漁は、これがちょびっと上向いただけに過ぎない。
増加というほどのモノではない。

昨今の状況を見れば、もはや若干の豊漁を喜んで「増えた、捕った、安くなった」という時代でもあるまい。
シラスウナギが増えた→将来のために漁獲量は抑えよう、というのが本来の姿だろう。

しかし、シラスウナギ漁は規制されているとはいえ、
日本全体で、統一的にそうしたイニシアチブが取られているようには見られない。

漁業者やウナギ専門料理屋の死活問題だという面もあるが、ウナギがいなくなれば元も子もない。

そのウナギだが、近年になってやっと産卵場が見つかった。
しかし、まだ謎がある。
本書で、岡山県旭川をベースに著者が追求しているのが、
「具体的に、どのような場所で、何を食って成長しているのか」ということ。
逆に、それすら明確に分からないまま、
ウナギの消費量の増加にあわせて、成魚とシラスウナギを取り続けていたという事実に驚く。

さて、ウナギは海で産卵し、淡水に入る、というイメージは持っていたが、
実際のところ、1度も淡水域に入らないウナギや、
一度淡水に入って汽水域に降りるもの、しばらく汽水域にいて淡水域へ行くものと様々らしい。

ウナギの生息には、汽水域の方がたくさんエサを食べ、早く、大きく成長できる。
これは、ニホンウナギ、アメリカウナギ、ヨーロッパウナギ全てに共通している。
それなのに、なぜ成長に不利益となる淡水に入るのかは、未だ謎だという。

この点について、近年では、ウナギが競争の少ないニッチに進出しているのではないか、という考えがあるそうだ。ウナギ目の他のウミヘビ、ウツボ、アナゴなどは、言うまでもなく海水性。
ニホンウナギのように淡水に進入するものは、より新しい時代に分化した種らしい。

もしそうだとすれば、
「新天地」であるはずの淡水域への進入路を、河口堰などで遮断し、
生息場所をコンクリートで固めてしまった現在の日本では、
かつての、まだこれらの人工物が無い時代のレベルまでウナギが回復することは、
他の要因(海洋環境、ウナギ漁)が解決しても不可能ということになる。

危機に瀕している、というのは誇張ではない。
現在の個体群から少しでも増加させなければ、将来本当に天然ウナギは消えてしまうだろう。

養殖ウナギという道は拓けるかもしれないが、それはあくまでも商業構造での話。
日本の生態系からは、ニホンウナギが消滅しかねない。

既に、旭川ではウナギの主なエサはアメリカザリガニであり、
外来種であるアメリカザリガニ侵入以前に何を食べていたのかは、既にわからない。

ここから更にウナギが消滅すれば、日本の川の生態系はどうなるのか。

どうしてもウナギは漁業・商業の場で論じられがちだが、
このような状況に至った今、
必要なのは、野生生物として、生態系の面からの評価・保護体制が、漁業・商業を規制するシステムだろう。

でも正直なところ、日本では非常に困難だと思う。
「川からウナギはほとんどいなくなったけれど、完全養殖ウナギの技術が確立して良かったね」というのが
数十後の姿なのではないか。



【目次】
第1章 ウナギを研究する
第2章 ウナギ研究のいま
第3章 研究の現場から
第4章 これからのウナギ研究―ウナギを守るために
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 魚類

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム