ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

東京湾、やっぱり面白い!! 「都会の里海 東京湾 - 人・文化・生き物」  

都会の里海 東京湾 - 人・文化・生き物 (中公新書ラクレ)

木村 尚



テレビ番組というと、NHKに代表されるような知識を提供するスタイルか、
民法のように一時的な笑い・感動を誘う番組が多い。
その中において、知識を実践するワクワク感を提供する稀有な番組の一つが、おそらく「THE! 鉄腕!DASH!!」ではあるまいか。
コーナーによる落差はあるとはいえ(0円食堂はちょっとなぁ…)、
様々な知識と技術を元に、「壮大な実験をやってみる」というのは、子供の頃に憧れた生活スタイルの一つである。

さて、そのコーナーの一つに、2009年4月に始まった「DASH海岸」がある。
東京湾に面したゴミだらけのヘドロ海岸を、生き物溢れる古の東京湾に戻すという試み。
人工干潟を造り、魚礁を据え…と、様々な工夫を重ねながら、
徐々に環境が改善されていく。

またそのスピンオフとして、多摩川や東京湾各所の生き物調査も行っているのだが、
それらに同行しているのが、本書の著者 木村尚氏だ。
現在の肩書はNPO法人海辺つくり研究会の理事(事務局長)とのことだが、
若い頃からNPO畑を歩いていたわけではなく、まずはサルベージ会社に就職。
だが、海を良くしたいという想いから、海洋調査コンサルティング会社を仲間と起業する。
しかし直接海を再生する事業に携われないもどかしさから、「人生は一度きり」と、40歳の時に会社を退職。
その後、横浜市の海域環境創造事業等に関与しながら、2001年から現在のNPO法人海辺つくり研究会として活動している。

温和な風貌ながら、「海を良くしたい」という熱意から40歳で退職するという行動力は、やはり並大抵のものではない。
その熱意により、人工海浜やアマモ再生の技術力を培い、NPO法人海辺つくり研究会として10年目の活動を迎えようかという時期に、「THE! 鉄腕!DASH!!」の「DASH海岸」が始まる。
まさに「機が熟した」と言って良いタイミングだ。

本書は、そうした木村氏から観た生き物の住む東京湾の現状を伝えるもの。
「THE! 鉄腕!DASH!!」で上陸した第二海堡、「すだて遊び」を行った盤洲干潟など、同番組で取り上げられた情報も多く含む(ただし、番組エピソードとかは無い)。
その上で、番組では伝えきれない部分、例えば過去からの経緯や、現在の「分断された干潟」の位置関係、またそれぞれの干潟で増えている貝類などの話が盛り込まれており、
かつての生きもの溢れる東京湾と現在の落差が痛感される一冊だ。

それでも最近の印象として、東京湾に流れ込む水は改善されたし、生き物も戻りつつあり、
東京湾は良くなっていると感じることも多い。

だが木村氏は、本書冒頭で明言している。
「東京湾はよくなっていない。
 東京湾に残された傷跡は余りにも深く、自然治癒は期待できない。
 何もしなければ、現状維持どころか、さらに悪化する恐れもある。」
と警鐘をならしている。

東京湾から、何が喪われてしまったのか。
復活させるために、どんな手段があるのか。
それを考えるヒントが、この一冊だろう。
「DASH海岸」という追い風に乗って、これまで東京湾の環境を気にも留めなかった層が、本書を手に取ることを期待する。

なお、巻末に枡太一アナウンサーとの対談がある。
お二人とも本当に海の生きものが好きなんだなあと、ほのぼのと読み閉じられる構成。

【目次】
序章 東京湾はよくなっていない
1章 東京湾と私の夜明け前
2章 都会の里海 東京湾 前編
3章 都会の里海 東京湾 後編
4章 東京湾の生き物
5章 よみがえれ、東京湾
生物多様性対談 この夏は、干潟にダッシュ!

枡太一氏については、下記の本がお勧め。
改めて、枡氏と木村氏が同時期にマスコミに露出するって、
沿岸環境の改善のために、時代が要請したメッセージだなと感じる次第。

レビューはこちら

 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 環境

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

森林を「ありのまま」に認識する力。 「森は怪しいワンダーランド」  

森は怪しいワンダーランド
田中 淳夫



著者は、森林ジャーナリストとして活動される方。
その原体験というか、視点の基礎になっているだろう体験が、第一部で展開される様々な探検譚だろう。
ここで紹介されるのは、探検部として(学生時代も、OB以降も)探った、熱帯をはじめとした辺境各地での実体験である。
自身で情報を集め、文字通り道を切り開いた経験が、森林に対する不必要なまでの過剰な信仰を待たず、
また逆に、森林による身体的な危険や精神的な畏れも実感し、森林をあるがままに見る視点を培ったのではないだろうか。

とはいえ、第一部で紹介される巨大洞窟や、水上に縦横に構築された巨大スラム、返還後の小笠原諸島など、素直な冒険譚として楽しめる一冊だ。

続く第二部は、上記のとおり森林の肉体的・精神的な恐ろしさ。
ボルネオ奥地の完成直前のリゾートホテル訪問。
 (川旅を想定していたら、川旅→途中から四駆での陸路→四駆も進めない雨中での徒歩へ推移。)
ジャングル奥地での夜間の豪雨。
 (ソロ・キャンプが水浸しになり、数日間続いた結果、体調も崩し退却せざるをえなくなる。)

机上のサバイバル術が役に立たないこと、また思っているよりも簡単に遭難することは、まさに実体験から見出された結論である。

第三部は、これまでの個人としての視点から、
ジャーナリストとしての視点に移行し、森林をめぐる様々なトピックが主となる。
いわゆるトンデモ科学に分類される話や、森林を利用する各種ビジネス・活動だ。
実際に森林を歩く者の視点から、それらの矛盾や自己破綻をしていく。

例えば、実際にどのように健康に良いのか、なぜ良いのかという検証もなく、
(もしくは意図的に操作した検証により)
「森林は健康に良い」という付加価値が定着している。

一般人は、なぜそのような評価・結論になったのかは気にせず、結果だけを重視する。
その結果、「森林は健康に良い」という付加価値を利用した、森林セラピーというビジネスが成立する。
著者は森林セラピーに関するガイドブックも書いたことがあるようだが、
本書では明確に、実際の効用等とは別に、「森林セラピー」がビジネス化していることが指摘されている。

また昨今、様々な媒体で普及が図られているオオカミ再導入論についても、明確に批判する。

かねてから僕は、ニホンオオカミの生存・絶滅の検証が不十分であることを否定根拠としている主張しているが、
著者は一方、再導入の現実的なリスクを指摘する。
オオカミが、果たして駆除対象と目論むシカやイノシシだけを狩るか。
ノミズミ、ノウサギ、タヌキ、また林縁集落の家禽・家畜の方が、はるかに狩りやすい。
また、2010年にハンターが駆除したシカとイノシシは各40万頭前後というが、これでも獣害が減少しないことからいうと、
これ以上捕獲しなければ効果は無い。
だがオオカミは、群れで狩りをする動物だ。
では、年間数十万頭のシカ・シノシシを狩るために、いったい仮に何匹のオオカミが必要なのだろうか。
オオカミ1頭が週に1匹害獣を狩るとして、年50頭。
(実際は群で狩ること、害獣以外も狩るため、もっと少ないだろうが。)

著者はある程度の効果を得るには、1万匹近くのオオカミが必要であると計算し、
それだけのオオカミを野に放つことが、いかに愚策か明らかにする。

確かに、沖縄のマングース、ボウフラ駆逐のためのカダヤシの例などがあるように、
在来の害獣・害虫対策の天敵として導入した外来種が、期待したとおり動かない例は多い。

まして、この日本において、鳥獣害を引き起こすニホンジカやイノシシなどは、
人家と森林が密接・混在した環境に生息している。
そのような地域で、群となったオオカミが、ニホンジカやイノシシだけを選択的に襲ってくれるなんて、
甘すぎる考えだ。
出歩くネコ、繋がれたイヌ、そして林内をうろつく高齢者や子どもを、単独行者を襲う可能性の方が高い。

第一部を読む限り、著者は端的な行動派・感覚派かなと感じるが、
第二部では冷静な判断を、
そして第三部では具体的かつ明快な数値等を用いながら、それぞれのトピックの矛盾点・問題点を指摘する。
人によっては反論もあるかもしれないが、僕としては至極真っ当な、納得できる論理展開であった。

国内外の様々な森林を自ら訪れ、その中で過ごした筆者だからこそ、
森林を「ありのまま」に認識できているのでないか。

本来、森林にしろ動植物にしろ、それらは様々な動植物の複雑な営みによって形成された結果であり、
それ以上でも以下でもない。
不必要な神格化も、また過度の期待も持つべきではない。
しかし未だ日本では、「森林保護」という言葉に甘えた行為のみが多い。

【目次】
第一部 森は不思議がいっぱい
・ソロモンの孤島で精霊に出会う
・幻の民“森のプナン"に会えた!
・ボルネオの空中スラムに居候する
・巨石文化の謎解きは天空にあり 他

第二部 遭難から見えてくる森の正体
・切り株の年輪から方位を読み取れ!
・人語の響く里山で遭難する
・幻の巨大クレーターにたどりつけ 他

第三部 森を巡る科学とトンデモ話の間
・東奔西走、世界の森に火をつける
・パワースポットは誰がつくる?
・月の魔力は樹木も変身させる
・「本物の植生」はどこにある 他
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 環境

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

自然ウォッチングのコツ―アウトドアを楽しむ  

自然ウォッチングのコツ―アウトドアを楽しむ
山口 喜盛



野鳥観察会で、いつも野鳥に出会えるとは限らない。

案内人は、そんな時に、どれだけ興味を持続してもらえるか、が腕の見せ所だと思う。

目の前に野鳥がいない時こそ、じっくり保護や密猟対策の話もできるし、
構造色や換羽の話、鳥類の呼吸システム、脚の構造、紫外線が見える話など、
できるだけ幅広い話をしたいと思う。
(実際は、おっさんギャグを飛ばしているだけの時も多いが。)

そういう知識面もさることながら、使えるのが野鳥の痕跡。
巣の跡から繁殖期の行動を推測し、糞の跡から水浴び場や休息場を探る。
また、落ちている1枚の羽根から、種を識別し、その行動を語ることも出来る。

(ちなみに野鳥の羽根を拾ったら、シャンプーで洗い、軽く水を切って新聞紙上で乾かす。
 乾いたら、手で整えれば元の形に戻る。
 それを最終年月日と共にチャック付き袋に入れておく。
 こうすると、虫・ダニが発生しないし、何年経っても羽根が朽ちない。少なくとも僕のでは20年経っても美しいままだ。)

でも、もし野鳥の痕跡すら無かったら?

その時は、より様々な生物に目を向けたい。

本書は、そうした幅広く学びたい、という方へのガイドブックだ。
細かい種の識別があるわけではない(それは専門の図鑑を見ればよい)。
本書では、環境、季節をふまえて、チェックできる生き物、その痕跡を、写真と共に紹介している。
植物・昆虫・動物・磯の生き物等々、取り上げているテーマは幅広いので、
どんな地域に住んでいる方でも参考になると思う。

また、野鳥なら羽根やペリット、動物の足跡、食痕、むしろ図鑑では記載されていない事項もあり、
まだ生き物そのものしか見えていない方には、参考になるだろう。

【目次】
第1章 野外に出かける前に
第2章 家の周りで観察する
第3章 里山で観察する
第4章 水辺で観察する
第5章 山や森で観察する
第6章 デジタルカメラを使って観察する
第7章 野外における危険を知る
第8章 全国のおすすめ自然観察地と案内施設

最後に、野鳥の痕跡をチェックするのに有用な図鑑を紹介しておこう。
ちなみに、僕は全て持っている。こういう本を持っていれば、野鳥を見る目の幅は確実に広がると思う。

さて、言うまでもなく、使用中の巣には手を出したり、近寄ったりしないでほしい。
小鳥類の場合、同じ巣を使うことは少ないので、秋~冬に見つけたら採集も可能。
ただその場合も、枝や木を切らないように。巣は同じものを使わなくても、同じ木を使うことは多いようだ。

野鳥の巣は次第に朽ちるし、地域・環境によって使われる巣材も変わる。
見た目よりも、大きさ、構造、用いる巣材の太さ、造巣位置などに注意して調べる方がいい。


写真で巣の図鑑ができるとは思わなかったので、刊行時は衝撃だった。
著者の小海途氏に一度お会いしたことがあるが、巣を保管する場所だけでも大変らしかった。


小鳥類は年に1回は換羽して羽根が抜け替わる。猛禽類も数年かけて換羽する。
だから羽根は、気をつけていれば良く拾う。
まずはドバトから拾って、サイズ感と部位ごとの形状差を体感すれば良い。
ただ、ドバトの羽根はベタベタした手触り。
これで嫌にならずに、ぜひ他の野鳥の羽根を探してほしい。スズメもツバメも、羽根1枚でも美しい。


原寸大なので、拾ったものと突き合わせるのに便利。
でも大きくて重くて高価なので、購入には度胸が要る。
正直なところ、「この本を買っても良い」と思う人は、この本が無くても羽根のチェックができるレベル。でも、持っていて、時折眺めるのに良い。


最後に、初めて買った痕跡本。1990年代半ばは、まだ洋書しかなかった。
本章は羽根だけでなく、骨とか足跡も収録。日本での有用性はそこそこだが(類似例として見たい)、
美しいイラストで、見ているだけでワクワクする。
上記の本は実用性豊かでいいのだが、こういう詩情性のある本が日本でも出てほしいもの。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 環境

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

地球の声がきこえる 生物多様性の危機をさけぶ動物たち  

地球の声がきこえる 生物多様性の危機をさけぶ動物たち
藤原 幸一



RARE National Geographic Rare: Portraits of America's Endangered Species ナショナル ジオグラフィックの絶滅危惧種写真集 (P-Vine Books)」 (レビューはこちら)は、絶滅に瀕している生物を、「静」の写真で描いたものだ。
本書は、「動」の写真が持つ力を存分に生かした一冊である。


ペンギン、サンゴ礁、シロクマ、ホエザル、リスザル、アザラシ。
「これらの動物が絶滅しないよう、自然を守ろう」という映像を見ることが多い。

ただ、これらの動物の背景は、手つかずの自然のであることか多いため、
「こうした無垢な自然に生きる動物を守るために、環境を守らなきゃな」とは感じるものの、
切迫感は、生じない。
背景となった自然環境が、無意識のうちに「まだ危機は及んでいない」と過小評価させるのだ。

しかし、実際は異なる。
おそらくこうした誤解を打ち砕くため、トップは最も人里離れた地に棲み、
雪と氷だけの世界にいるというイメージが固定している南極のペンギンである。

最初の写真は、ペンギンが太腿から出血している。
「針金が刺さって怪我をしたアデリーペンギン」とのキャプションが添えられている。

左側のページには、お馴染みの白い大地を背景にしたペンギンの親子。

しかし次のページにある写真には、
「錆びたワイヤーの塊を不思議そうに眺めるアデリーペンギン。彼らの繁殖地はゴミ山の後ろにある。」
というキャプション。
その次のページは、南極のゴミ山。その間を歩くアデリーペンギンの写真だ。

「まだ危機は及んでいない」というイメージは、完全に消滅する。

もう世界中に、人間の汚染が及んでいない土地など無い。
人類の経済活動は、見事なまでに地球上の全ての生物に影響を与えるに至ったのだ。

猶予はないという現実を、本書は突きつける。

油にまみれたペンギン。漁網で溺死するアザラシ。氷が早く溶けるため、泳げないうちに海に投げ出されて溺死するアザラシ。そのために餌が激減したホッキョクグマ。

また一方では、人間が勝手に移動させることで攪乱される生物がある。

ペットのために群から離されたサル。
外来種として日本でも分布を拡大するタイワンリス。
日本でペットにするために乱獲される東南アジアの甲虫。
外来種のギンネムの葉を食ったために新陳代謝が阻害され、毛が抜け、寒さへの抵抗力や虫への防御を失いつつあるキツネザル。

これらを、「たかが動物」と思うことは、たやすい。
しかし、この狂気じみた攪乱は、必ず人間にも戻ってくるだろう。



ところで、本書でも、日本でペットにするために昆虫が乱獲されていることが紹介されている。
確か、以前は植物防疫法で昆虫の輸入はかなり制限されていたが、
「そもそも穀物を食害しない昆虫」は、「日本の農作物にダメージを与えない」という理屈で、
規制が緩和された。
その結果、以前は図鑑でしか見られなかった外国のカブトムシ・クワガタムシが輸入可能となった。

本書によると、約550種も国内で外国産カブトムシ・クワガタムシが流通しているという。

その結果、様々な問題が発生している。

逃げたり捨てられた外国種との交雑による、国内のカブトムシ・クワガタムシへの遺伝子汚染。
外国産クワガタムシに寄生していたダニの国内侵入。
原産地での乱獲。

また本書では、原産地で大量に捕獲するため、
現地の子どもたちが現金収入の方法として、学校にも行かず、児童労働の温床になっていることが指摘されている。

夏になると、大型スーパーで外国産昆虫が販売されている。
それがいかに歪な状態であり、国内外の生態系を破壊しているか、
多くの方が理解することを望む。



【目次】
南極のゴミ山のペンギンたち
喜望峰でヒヒが人間を襲う
最後の恐竜コモドドラゴンの苦境
日本の昆虫ブームが児童労働と環境破壊を生む
北極から海氷とシロクマが消える日
大仏様を悩ませる隣国のリス
オットセイの命を奪う悲しきネックレス
最後の楽園ガラパゴスの憂鬱
マダガスカルから森がなくなる
体内汚染が進むクジラが危ない
身寄りのないサルたちの保護施設
南アフリカのペンギンは油まみれ
地球からサンゴ礁がなくなる
地球温暖化がラクダの運命を変える
オゾンホールとネコの耳
10万頭のアザラシの赤ちゃんが溺死している
ヒートアイランドで生き抜く昆虫たち
世界最大の魚ジンベエザメに迫る絶滅の危機
ワオキツネザルの「禁断の木の葉」
猛暑が南極のペンギンを襲う
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 環境

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

RARE : Portraits of America's Endangered Species (National Geographic)  

RARE : Portraits of America's Endangered Species (National Geographic)
ナショナル ジオグラフィックの絶滅危惧種写真集

ジョエル・サートレイ



「ナショナル ジオグラフィックの絶滅危惧種写真集」という身も蓋もないタイトル。
同じズバリなタイトルであれば、原題の方が良い。
そして、もし和訳のタイトルにするならば、本書の主旨を尊重して、
「絶滅危惧種の肖像」としたい。

本書は、アメリカにおける絶滅危惧種を丹念に撮影したもの。
基本的に見開き1種。片面もしくは両面に写真を配し、コメントはごく僅か。

その真価は、「Portraits」と題するとおり、写真にある。


目次の見開きに配された写真を除き(これはコメントも定型から外れているため、挿絵的位置づけだろう)、
全ての写真が、背景が黒または白で統一され、背景のノイズは除外されている。

しかも、動植物の全体を撮影したものは少なく、多くは顔等の一部をクローズアップしたもの。

いわば、個々の種を代表する個体を被写体として、
その種が生きた証ともいえるような「肖像写真」を著者は撮影したと感じる。

実際に、こうして「今絶滅の危機にある動植物の姿」のみを提示されると、
改めて全ての生き物が美しく思えるとともに、今にも消えそうな儚さを感じる。

確かに、生息地を背景とした写真も大事だし、減少原因や生態を詳しく記載している方が、資料価値は高い。
しかし、資料価値の高さが、そのまま人を動かす原動力になるかといえば、そうではない。
本書に図鑑的な役割は期待できないが、絶滅危惧種を救うために、写真の持つ力を最大限に発揮したものと言える。

また、ページを開くと、美しい写真の横に、無味乾燥に大きく示された数字が目につく。
「195」、「<1,000」、「≦330」。
それは、推定される(もしくは確定した)個体数だ。

この広い世界で、ある種の総個体数が、10,000を切る。
それだけでも恐ろしいのに、本書では1,000を切っているものも少なくない。
その事実に、愕然とする。


本書には、ハイイロハマヒメドリの写真が掲載されている。
真っ白い背景に、味気ないラベルが添付されたガラス容器の中で、保存液に使って横たわっている1羽。
その個体数は、0。
本書に収録された種が、この姿にならないとも限らない。

生物多様性なんて、という人もいるが、
知識・技術を比べ物にならないほど発達させた人類が、生物多様性すら保持できないなんて、情けない話だ。

【目次】
・はじめに/ジョエル・サートレイ
・最後の1羽/バーリン・クリンケンボルグ
・現存個体数 1万より多い種
・現存個体数1万から1,000の種
・現存個体数1,000未満の種
・現存個体数不明の種
・現存個体数が増加中の種
・始めよう、あなたにもできること
・掲載種リスト・撮影について

 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 環境

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム