ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

魅力溢れる古代の生物を巡る旅。「カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史 (ブルーバックス)」  

カラー図解 古生物たちのふしぎな世界 繁栄と絶滅の古生代3億年史 (ブルーバックス)
土屋 健,田中 源吾



生命誕生。諸説あるが、本書では遅くとも約34億年前には、顕微鏡サイズの生物がいた、としている。
一方、古生物として最も分かりやすい恐竜が繁栄した「中生代」は、約2億5200万年前から始まる。
では、その直前、生物が顕微鏡サイズではない化石として残り始め、恐竜が跋扈するまでの間、
いかなる生物が地球を支配してきたのか。

本書はその時期、「古生代」と呼ばれる約5億1千万年前から、中生代が始まるまでの
約2億8900万年間の生物史を、多数のカラーの標本写真、イラスト等を交えながら、
その最新知見を纏め上げたものだ。

もちろん、以前開催された「国立科学博物館 特別展「生命大躍進-脊椎動物のたどった道-」で人気だったアノマロカリス、
20150710 アノマロカリス.jpg
(復元模型はこんな感じ)
20150710 アノマロカリス復元.jpg

ウミサソリも登場する。
20150710 ウミサソリ.jpg

この古生代という時代、お馴染み三葉虫やアンモナイトが頑張っていた時代を含むのだが、
恐竜に比して、なかなか分かりやすい一般書は少なかったと思う。

だが、これからは本書がある。

例えば僕の手元にある三葉虫化石を見てみよう。

Elrathia Kingi
カンブリア紀、5億年前の三葉虫だ。たくさん産出するらしく、いろんな店で安価に売られている。
Elrathia Kingi エルラシア・キンギ

一方、Flexicalymene ouzregui
オルドビス紀。だいたい約4億5000万年前くらい。
(僕の個体のラベルは「Flexicalymene」だが、最近は「Diacalymene」に分類されている?)
Flexicalymene ouzregui フレキシカリメネ

この二つを比較して、真っ先に感じる違い。それは「厚み」だ。
この厚みの変化は、なぜ起こったのか。
それを知るためには、そもそも三葉虫はいかなる生態を持ち、
どんな環境下(自然環境も捕食者との関係も含む)で生きてきたのかを知る必要がある。
それを時代変化と共に読み解くことで、
本書は「厚み」の変化、そしてこんな↓不可思議な三葉虫に進化した理由が見えてくる。
ワリセロプス.jpg
(※国立科学博物館の標本写真。)

以上は本書の、一つのテーマに過ぎない。
これ以外に、脊椎動物・アンモナイト・植物など、様々な生物種の進化の歴史が、コンパクトに説明されている。

もちろん恐竜も楽しいが、
生物進化を考えるなら、それ以前も当然、重要だ。

そして古生代は化石が少なく、情報量も少ないが、
むしろワクワクするような不可思議な生物に満ちている。

この一冊でそれらの生物に出会えるツアーが探検できるようなもの、
古生物好き必携の一冊である。


【目次】
プロローグ-前夜-
第1章 勃興
第2章 節足動物と軟体動物の支配
第3章 革命
第4章 祖先たちの王国
エピローグ
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 恐竜

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

日本の恐竜発掘の黎明期を辿る。「フタバスズキリュウ発掘物語―八〇〇〇万年の時を経て甦ったクビナガリュウ」  

フタバスズキリュウ発掘物語―八〇〇〇万年の時を経て甦ったクビナガリュウ
長谷川 善和



国立科学博物館へ行けば、やはり目につくのがフタバスズキリュウ。
恐竜ではないものの、日本の古代動物に興味があれば、
なにはともあれ真っ先に思い浮かぶシンボリックな化石である。
DSC_0698.jpg

ニッポンの恐竜 (集英社新書 483G) 」(レビューはこちら)でも紹介されているとおり、日本でも恐竜・首長竜等の化石は近年多数発掘されている。

特に、「ザ・パーフェクト―日本初の恐竜全身骨格発掘記: ハドロサウルス発見から進化の謎まで 」(レビューはこちら)のように、恐竜の全身骨格化石まで発掘された。
ハドロサウルス化石の発掘でも並大抵ではない苦労があったが、
それなら今から約50年前、1968年(昭和43年)に発見された日本最初の首長竜では、どのような発掘状況だったのか。

それを明らかにするのが、本書である。

一読、やはり驚くのは隔絶たる時代。
高校生の鈴木直氏が化石の一部を発見し、伝手を辿って国立科学博物館の著者へ連絡。
著者も急ぎ駆けつけ、首長竜の化石であること、しかもほぼ全身が残っていそうだと判明。

ところが、その発掘費はおろか、出張費すら自腹であった。
(博物館からは出なかった。)
そこで現地の石屋さんに発掘を依頼した。

今では考えられないような状況である。
だが、日本本土から中生代の大型爬虫類の化石が発見されるはずがないという考えが定説だった時代、
こうした「出るかどうかも分からない」化石研究に研究費を費やす必要はないという風潮だったのだろう。

だがその結果、頭骨の特徴的な部位やその他の部位が失われるなど、多くの損失が生じてしまう。

一方では、発掘現場は日々見物人が押し寄せる状況。
また発掘現場の目前でかって子供が溺れたからと、急遽「お祓い」をする。
化石のクリーニングにあたるのは「考古学専門の学生」だ。

今となっては考えられない話ばかりだが、
当時としては出来る限りのことをしてくれた、というべきだろう。

その結果得られたのが、冒頭に掲げた新属新種の首長竜化石である。

科博に展示されているのはレプリカだが、その復元も簡単にはいかない。
何しろ日本初の首長竜、参考になる見本も無い。

何とか海外の首長竜のレプリカを入手したりと、前人未到ならではの苦労を重ねながら、
今、僕らは科博でフタバスズキリュウを見られるのである。

本書刊行は2008年。

資料不足等もあり、正式な記載がなされていなかったフタバスズキリュウがFutabasaurus suzukiiという学名が確定したのが2006年5月であるから、この記載を踏まえての総括、という位置づけでもあるのだろう。

こうした第一歩を踏み出した当時の状況は、当事者でなければ語ることができないことを考えれば、
発見から40年、よくぞ刊行してくれた、と感慨深い。

レビューはこちら

 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 恐竜

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

「美しい化石」を堪能しよう。「楽しい動物化石」  

楽しい動物化石
土屋 健



最近は三葉虫の化石を入手しやすくなったとはいえ、
やはり国立科学博物館の化石を見れば、その美しさに圧倒される。

その個体の珍しさ、保存状態、そしてクリーニングの技術。

全てが高いレベルにある化石は、やはり唯一無二の美しさを持つ。
そして失われた動物である以上、美しい化石ほど、その当時の姿を想像させる力は、強い。

本書は、近年の恐竜ブームの立役者というか伝道者である土屋健氏による、
動物化石の逸品の数々を紹介するもの。

最近流行りのアノマロカリスよりも更に古い先カンブリア時代の化石から始まり、
人類と同時代を生きていたマンモスに至るまでの、他種多様な動物化石を紹介する。

土屋健氏だけあって、取り上げられている化石は、それぞれが極めて美しい。
約6億3500万年前という、途方もない過去の生きものの、極めて精細な化石。
複雑怪奇なトゲトゲを持つ三葉虫の数々。
もちろん始祖鳥化石、ティラノザウルスといった有名どころもおさえつつ、
サーベルタイガーやメガテリウム(オオナマケモノ)といった哺乳類まで、これ一冊で素晴らしい過去の旅が堪能できる。
(ちなみにメガテリウムは、2016年に僕も見てきた徳島県立博物館収蔵の化石だった。)

植物化石も同シリーズで刊行されており、気軽に楽しめる一冊である。

なお、随所に「化石トーク」とか「古生物と人々」といったコラムページがある。
さほど専門的な話題でもなく、数冊近年の恐竜本を読んでいれば知っている話題も多い。
初心者向けと考えれば良いと思う。

ただ気になったのは、その紙質である。
化石紹介ページは、わりと厚いマット紙様であり、美しい。
だがコラムページはちょっと粗い紙質のものを用いている。
何という紙かは知らないが、上質なわら半紙のようなもの。
また、文字色も青一色とか赤一色であり、紙自体の色とあいまって、やや読みづらい。

「楽しい」とタイトルに冠するとおり、親しみやすさも狙っているのだろうが、
やや読みやすさと本としての価値を損なっているような気がする。残念。

なお、姉妹本に「楽しい植物化石」がある。こちらも楽しい。

【目次】
1 先カンブリア時代末と古生代(先カンブリア時代の動物たち
カンブリア紀の動物たち
オルドビス紀の動物たち
シルル紀の動物たち
デボン紀の動物たち)
2 中生代(三畳紀の動物たち
ジュラ紀の動物たち
白亜紀の動物たち)
3 新生代(古第三紀の動物たち
新第三紀の動物たち
第四紀の動物たち)


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 恐竜

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

日進月歩の恐竜研究。なおさら分かった「ティラノサウルスはすごい」!!  

ティラノサウルスはすごい
土屋 健



本書を紹介するものの、実は僕は、トリケラトプスが好きだ。あの巨体と、フリルが良い。
尻尾ハンマーのアンキロサウルスも好きであり、どうも鈍重ながら迫力のある種が好きな気がする。

今尋ねてみると、息子はやはりティラノサウルスであった。
しかしながら、「好きな恐竜は?」などという質問が成立するのは、おそらく限られた層だけであろう。
数千万年以上前に生息していた動物の好き嫌いなど、人生で考えたこともない人が大多数と思う。

それでも、やはり尋ねられれば、ティラノサウルスと答える人が多いのではないか。

恐竜にはロマンが溢れているが、ティラノのような圧倒的に「恐い竜」が発見されていなければ、おそらくこれほど多くの人間を引き付けることはなかったと思う。
そして昨今、良質な化石の発見と、おそらく発掘・クリーニング・研究方法の進展により、恐竜研究は日々進んでいる。

とすれば、最も多くの人々を惹きつけるティラノサウルスの研究が進まない筈はない。

本書刊行は2015年。
現在の日本の恐竜研究を牽引する小林快次氏と土屋健氏のお馴染みペアによる、最新のティラノサウルス学である。
2016年の夏にNHKスペシャルで「完全解剖ティラノサウルス~最強恐竜 進化の謎~」が放映されたが、おそらくはそのタネ本である。

最近のティラノサウルスの復元映像では、羽毛もしくは体毛が表現されていることも多い。
また前傾姿勢であり、尾を水平に上げて疾走する。
これだけでも、僕の子供の頃からとは大きな違いだ。

本書はこうしたティラノサウルスそのものの研究成果もさることながら、なぜ進化の過程で、ティラノサウルスが現在の身体的機能を持つ生物となったのか、という点に焦点をあてる。
いきなりティラノサウルス的生物が生じるはずもなく、そこには長い環境(自然環境も捕食関係も含む意味での)の変化に対する適応の歴史があったはずだ。

しかし僕らは、つい「ティラノサウルス」という単独の種のみに注目しがちだ。

十分な化石資料が無かった20世紀ならいざ知らず、現在はティラノサウルスの進化史を見渡すほどに研究が進展した。

ティラノサウルスの祖先は、どこで誕生したのか。
どのような環境変化が、祖先種からティラノサウルスへ進化するトリガーとなったのか。
ティラノサウルス誕生以前の肉食恐竜との関係。
ティラノサウルスの成長変化。
世界中に分布するティラノサウルス類の多様性。

本書が示すところは、恐竜の代表としてのイメージ的な「ティラノサウルスはすごい」ではない。

地球における長い進化史と、同時代における全世界的な広がりの中で、
究極的な回答として到達した生物としてのティラノサウルス。
その凄さを、現時点で判明している信頼できる情報を元に伝えるものだ。

残念ながら、生物として考えた時、おそらく「トリケラトプスはすごい」も「アンキロサウルスはすごい」は成立だろう。
そしてただ、ティラノサウルスのみが「すごい」と言い切れる。

その理由を辿る楽しみに溢れた一冊である。

【目次】
第1章 世界で最も愛されている恐竜
第2章 ティラノサウルスはどのように描かれてきたか
第3章 覇者の身体能力
第4章 覇者の生態
第5章 ティラノサウルス類の旅
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 恐竜

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

「◯◯リュウ」を巡る、様々なドラマ。「ニッポンの恐竜」  

ニッポンの恐竜
笹沢 教一



化石はロマンだ。言い切ってしまおう。
アンモナイト
就職し、自身の稼ぎで自由にモノが買えるようになった頃。僕は化石を買った。

本ブログでもいくつか紹介しているが(例えばこのレビューの回)、
前掲のアンモナイトの他、下の三葉虫、その他恐竜の骨等々、よく見かける種類はおおむね購入している。
そういえば糞化石も購入していたのに、いつの間にか無くなっているのが悲しい。
たぶん引越し時に、誰かにただの石と思われたのだろう。残念。

Flexicalymene ouzregui(フレキシカリメネ ウーズレグイ)
Flexicalymene ouzregui フレキシカリメネ

だが、やはり自身で発掘したい。それは無理だろうと思っていたが、実は香川県にも和泉層群という化石産出層がある。
今は下火となっているが、数十年前の砕石が盛んだったころには、多数の化石が採集されている。
塩江では、カメ化石Mesodermochelys undulatus も発掘されている。
カメのきた道―甲羅に秘められた2億年の生命進化 (NHKブックス)レビューはこちら に詳しいし、「香川県高松市塩江町の上部白亜系和泉層群より産出したオサガメ科化石」という報告も読める。


そうすると、「やってみる」べきだろう。
化石をやっている知人はいないので、過去の文献、地質図、ネット情報等々で場所を探り探り、今のところいくつか見つけることができている(と思っている)。
IMG_9357
(部分拡大はこちら)
IMG_9356

IMG_9351

化石 甲殻類化石?

化石 ウニ類?

他、植物化石もいくつか得ている。
下手の横好きに過ぎないが、香川県産のアンモナイトを見つけたいところだ。

かように、「化石なんて日本では難しい」というのは、先入観に過ぎない。
まずは探すことだ。
そしてその結果、発見されるのは、貝や植物だけではない。
ロマン中のロマン、恐竜も発見され得る。

日本各地には熱心なアマチュアも多く、奇しくも本年、四国で相次いで恐竜化石の発見ニュースが続いた。
(うち一つは、再発見とでもいうものだ。)

◯香川県初の発見となる恐竜化石(胴体の背骨1個)
(大阪市立自然史博物館のプレスリリース)
中生代白亜紀後期カンパニアン期(約8300~7200万年前)の地層(和泉層群)から、ハドロサウルス類の背骨の一部が発見された。
この化石は、1986年10月21日、金澤芳廣氏(丸亀市在住)によって、香川県さぬき市の山中で発見された。
2013年からの大阪市立自然史博物館と金澤氏との和泉層群の共同化石調査を契機に、2015年9月に金澤氏の標本一式が寄贈され、その中で発見されたもの。
金澤氏も骨化石とはわかっていたが、恐竜とまでは確認できていなかったとのこと。

金澤氏は化石探索の状況をYOUTUBEにもアップされていて、いつもワクワクして拝見している。

別の骨化石も発見されているようだ。


◯徳島・勝浦町で最古級恐竜化石">徳島・勝浦町で最古級恐竜化石
(徳島新聞の報道) 
白亜紀前期(約1億3千万年前)の地層から、草食恐竜ティタノサウルス形類の歯の化石が発見された。
これは、阿南市在住の田上親子が、2016年7月3日に勝浦川支流植物化石を採集中に発見したもの。

こうした恐竜、かつては「◯◯リュウ」という愛称で呼ばれた。
国立科学博物館のフタバスズキリュウはその白眉と言えるものだ。
DSC_0698.jpg
だが、そうした「◯◯リュウ」の多くは、過去に発掘された恐竜等であり、
多くは最初に発掘され、そして唯一の個体である。

そのため、近年の恐竜ブームにあっても、羽毛恐竜などの世界的にも新しいトピックに関する本は多いが、
こうした「◯◯リュウ」の物語は、かなり少ない。

その中で、本書は「◯◯リュウ」にのみ着目し、その発見から現在に至るまでを記録するという、非常に価値の高い仕事の成果である。

本書では、様々な「◯◯リュウ」が紹介されるが、それぞれが不思議な物語を背負っている。
タイプ標本が行方不明とになっている「イナイリュウ」。
恐竜と騒がれたものの、後にモササウルス類と判明したが、初期に恐竜として天然記念物指定してしまったために
混乱が続いているエゾミカサリュウ。
上掲のとおり、1968年の発見以降、国立学博物館の「顔」とも言うべき存在になっているにも関わらず、
記載論文は何と38年後の2006年となったフタバスズキリュウ。
知っている(と思っている)、町おこしで陳腐化した感もある「◯◯リュウ」それぞれに、
知られざる物語があったのだ。

また同時に本書は、こうした「◯◯リュウ」の研究について、日本の研究基盤が非常に脆弱であることも示す。
しっかりした研究機関や自然史博物館の不足。資金不足。研究者不足。
それによる研究の遅延が、恐竜等を研究することの評価の低迷に繋がり、予算不足となる。
その結果、研究機関等が不足するという悪循環のスパイラルだ。

自然史系でも、基礎系のいわゆるナチュラル・ヒストリーにおいては、
標本を収集し、それを研究することが大前提だ。
だが標本の収蔵・管理には物理的なスペースと、継続的な予算が必要である。
それが不足している現在、全国有数の研究者やハイ・アマチュアのが所有している標本は、ともすれば散逸しがちだ。

現実に、香川県の自然史標本は県外へ流出しており、この夏も香川県産化石を徳島県立博物館で観覧した。
そして上記のとおり、ハイ・アマチュアである吉澤氏が採集したコレクションも大阪へ渡った。
香川県にはまだまだ多くの分野のハイ・アマチュアの方がおられるが、
これらの方々のコレクションが散逸すれば、香川県の自然史研究にとって測り知れない損失になる。
自然史に関係する標本は、まずは地元、少なくとも県レベルで統一して保管することが、生物分布を研究するうえでも重要だろう。
もちろん目玉的な標本であれば、「町おこし」として、資金が投入される可能性はある。
だがその観光資源としての価値が減じれば、「お荷物」になりかねない。

その例がエゾミカサリュウだ。
地域振興を担う行政的立場と研究者としての立場に苦しんだ三笠市立博物館の早川浩司氏は、
若くして博物館から退職した(その後、病により41歳で亡くなっている)。

彼は、「(化石研究は)決してまち起こしのためにやっているわけではありません」と遺している。

町おこしが主か、日本の古代世界の研究が主か。
こうした選択を一地方都市が強いられるのも、国が基礎研究に正しく経費を配分していないためではないだろうか。

経済発展、景気浮揚、社会福祉等々。それぞれの課題と予算は必要である。
だが、基礎的研究は、それらと単純にトレードオフされるべきものではない。

「◯◯リュウ」を巡る様々なドラマは、日本に眠る大きなロマンと、現実的な閉塞感を突きつけている。

【目次】
第1章 消えたイナイリュウ
第2章 日本最初の恐竜モシリュウ
第3章 もう一つの「日本初」ニッポンリュウ
第4章 エゾミカサリュウがたどった運命
第5章 リュウの昭和史とフタバスズキリュウ
第6章 手取層群と平成の恐竜たち
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 恐竜

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム