ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

一人一人が身につけるべき、知識に対する公平なスタンス。「科学的とはどういう意味か」  

科学的とはどういう意味か
森博嗣



若い頃は「学校の勉強なんて役に立つのか」と思いがちだが、
何だかんだ言って、学校で学ぶようなベーシックな内容を、
社会人になってから「きちんと」学べる機会というのは、なかなか無い。

また、各人それぞれに学問的嗜好や得意分野も異なる。
さらに、自身に適した勉強方法というのも、異なる。

今から振り返れば、学校―特に高校半ばまでは、
人類が積み重ねてきた数々の知識のうち、ベーシックかつエッセンスとなる知識の獲得を通して、
それぞれの一生を通じて活用すべき「学ぶスキル」を身につける時期ではないか、と思う。

そして重要なのは、
「人類が積み重ねてきた数々の知識のうち、ベーシックかつエッセンスとなる知識」
が、極めて限られた範囲で、かつ随時更新されていくということだ。

そのため、一人の人間の短い人生においても、
学校で学んでいない知識、
学校で学んだ知識の最新状況など、常に確認し、更新していく必要がある。

ただ、「忙しいから、そんなことしてられない」という人も多い。

しかしそういう人ほど、日常で必須なごく基礎的な知識すら確認・更新せず、
自身や周囲の人を困らせがちだと、僕は感じている。
正直、僕はそういう人を「ワシが正しい星人」と認識しており、できればお近づきになりたくないと考えている。

しかし、残念なことに(程度の差はあれ)「ワシが正しい星人」が多いと、
世の中はその方向に動いてしまう。

また同時に、高度な知識が複雑に絡み合う現代社会においては、僕自身も、常に正しい知識・判断が可能なわけではない。
誤解や思い込みも当然ある。
社会は、それを集合知によって正しい方向に修正するメカニズムであると、期待したい。

では、その「学ぶスキル」、「集合知」とは、具体的には何か。

それが「科学」という「方法」であると、著者は示す。

そして重要なのは、著者は「科学知識」ではなく、科学という「方法」が鍵であるとしていることだ。


何が分かっていて、何が分からないのかを明確にすること。
誰もが共通に理解できる「数値」を用いること。
客観性や再現性を確認すること。
公平であり、知識に対して慎重であること。

上手くエッセンスを伝えられないが、
これらは人類が長い試行錯誤の歴史を経て、ようやく入手した科学的な知識の蓄積方法そのものだ。

これを個々人が身につけ、生活の手段とする。
それによって、初めて人はホモ・サピエンスという名前に相応しい存在になれるのではないだろうか。

著者は語る。

大勢の人が非科学的な思考をすれば、それが明らかに間違っていても、社会はその方向へ向かってしまう。ファッションや流行のように、個人的に避けられるものは良いけれど、エネルギィや防災の問題など、すべての人の生活に直結するようなものだってある。


自分や大切な人を守るために、必須の「方法」がある。
それを示すのが、本書である。

【目次】
どんなことでも少し科学的に考えてみませんか?
・算数、数学、物理、化学は他の科目と何が違うか
・子供の算数離れが加速する理由
・「幽霊はいると思いますか?」という質問の怪
・言葉を頭にインプットしすぎると考えたくなくなる
・「東京ドームの◯倍」という表現で本当に体積や面積を把握できるか
・難しいのは「問題の解決」ではなく「問題の発見」
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: エッセイ

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

二人の「思い付き」から、何を掴み取れるだろうか。 「虫眼とアニ眼」  

虫眼とアニ眼
養老 孟司,宮崎 駿



昆虫採集を通して日本の移ろいを実感している、解剖学者・養老氏。
異世界を描きながら、日本人の共通的な「懐かしさ」で魅せる、宮崎駿氏。
この二人を対談させるとは、なんと見事な「思いつき」か。

ただ、本書はその「思いつき」の結実に過ぎない。
両者ともに、ある程度達観している部分があるだけに、
本書は良質の放談の域を出ず、それがおそらく本書の全てである。

戦後、日本はいかなる道を歩んだのか。
「懐かしさ」とは、どのようなモノに感じるのか。
日本人の子どもの、また大人の感性を取り戻すには、いかなる道があるのか。

本書では様々な「思いつき」が語られている。

読み手それぞれが、それぞれの体験と立場によって、
二人の「思い付き」から何かを掴み取ることができるだろう。

例えば、日本人は有史以来、自然を破壊し続けていたが、
日本の自然がそれに耐えられるほど丈夫だった(相当年数が必要としても、復活できた)。
ところが、近年の大規模な土木工事による破壊は、さすがの日本の自然力でも回復困難なのだ、という指摘がある。

この点、多くの人も誤解しているだろう。
現状よりも戦前、戦前よりも江戸時代と、時代を遡るほどに緑豊かになるだろう、と。

だが、例えば香川県の琴平山に続く峰は「象頭山」という。
琴平街道から見た山容が象の頭のようだったからというが、現在の緑豊かな輪郭からはそう感じられない。
実は長い歴史では、当山も薪炭林として伐採され続けていたようだ。
(江戸時代の絵図を見れば、禿山のようにすら見える。)
その時代、もっと山容は鋭角な輪郭を示し、なるほど象のようだったのだろう。

一般的に里山は薪炭林であり、熱エネルギーも建材も全て木材が源だったのだから、
森林は持続可能な程度に伐採し続けられていた。
過去のほうがより緑豊かだったというのは幻想であり、
日本の森林の回復力が世界的に稀なほど強力だったのだ。

そうすると、現在行われる開発が、いかに不可逆的な破壊なのかが実感できる。

また、様々な事故・災害に際して、「人のせい」と追及すること。
自然災害に対してさえ、誰のせいかを追及すれば足りるという思考は、
極めて都会的な感覚だろうという指摘もある。

その他、本書には様々な指摘や思い付きが散りばめられているが、
もちろんその全てが正しいと立証されているものでもなく、
また無批判に受け入れる必要はない。
(おそらく両者とも、そういう受け入れ方を最も否定するだろう。)

だが、自身の信じる道を歩み続けた先達が示した手掛かりであることは、間違いない。
なかなか有りえない組み合わせによって生み出されたヒントを、
うまく今後に生かしたいものだ。

【目次】
養老さんと話して、ぼくが思ったこと(宮崎駿)
『もののけ姫』の向こうに見えるもの
 対談1 1997
 対談2 1998
『千と千尋の神隠し』をめぐって
 対談3 2001
見えない時代を生き抜く―宮崎アニメ私論(養老孟司)
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: エッセイ

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

考える視点のヒント。「ルリボシカミキリの青―福岡ハカセができるまで 」  

ルリボシカミキリの青―福岡ハカセができるまで
福岡 伸一



科学者による定期的なエッセイというのは、なかなか少ない。

もちろん科学者たるもの、本業で成果を出すのが第一だ。
でも、本業に関連する一般向けの書籍も出版してほしい。
科学の第一線は、やはり科学者自身によって語られることが最も面白いからだ。
通常、それすら行う時間も労力も無いのだが、無責任な第三者としては、
さらに科学者が日常的にどのように考え、どんな問題意識を持っているかという点についてのエッセイも望みたい。
というのは、やはり科学者の「視点・思考」というのは、独特だからである。

他者を知ることは自分を知ること(もしく、自分が何を知らないかを知ること)だと思うが、
特に科学者のエッセイからは、自身に欠けている視点を多く学ぶことができる、と考える。

特に昨今、トンデモ科学に陥りやすい人々が増加している。
個人的には「ゆとり教育」の弊害云々ではなく、むしろ高度成長期以降の実学志向、
「役に立つ知識・技術の取得・確立が第一」という考え方が蔓延し、
「自分の知識の限界を知ること(自分が「知らないこと」ばかりであること)」と、
それを解決するための情報探索と思考のトレーニングが欠けているからではないかと思う。
このままでは、ますます地に足のついた思考ができる人と、トンデモ思考の二極化が進むだろう。

これを解決する一助として、科学的知識の普及ではなく、その科学的思考のプロセスを学ぶことが重要だ。

ところが、本業に関連するものはともかく、普遍的なテーマを対象とし、科学者ならではの視点を加味したエッセイを定期的に出す科学者は少ない。
養老孟司氏、ミステリも関連するが森博嗣氏(推理小説作家、元工業大学)、ちょっとマイナーなのが須藤靖氏(東京大学)。
本ブログでも取り上げたり、僕がすぐ思いつくのはその程度だ。

・森博嗣氏
封印サイトは詩的私的手記 I Say Essay Everyday」とか、「MORI LOG ACADEMY〈1〉 (ダ・ヴィンチ ブックス)」とか色々ある。
日記系よりも、考察系の方が今となっては良い。

・須藤靖氏
人生一般ニ相対論 」(レビューはこちら )や、「三日月とクロワッサン」(レビューはこちら)がある。独特の視点が楽しいのだが、残念ながらどんどん新刊が出ているという訳ではない。

そして本書の著者、福岡伸一氏もそうした科学者の一人である。本ブログでは、「生命と記憶のパラドクス―福岡ハカセ、66の小さな発見」(レビューはこちら、ずいぶん昔だなあ)を紹介しているが、本書もその流れを組むもの。

時代としては村上春樹の「1Q84」が刊行された頃であり、それにまつわる話題も多い。
本書後書きにも書かれているが、福岡氏としては「隠しテーマ」があり、それを踏まえて再読すると、新たな発見も多いだろう。

しかしむしろ、僕としてはこの頃「脳死移植」が話題となり、人の死はいつの時点かという議論が盛んだったが、
福岡氏が逆に「ヒト」としての誕生はいつの時点かという点についても同様に議論が必要であること、
そして現代の議論は、再生医療への展開を促進する一方で、
ヒトとしての「生命の時間」を狭めている(肉体の死から脳死へ、また「脳始」という観点から受精時よりも受精後24~27週へ)
という指摘が興味深かった。

また人が第一言語はどんな言語でも覚えてしまうように、
デジタルツールについても、それが第一に出会うものならそれがスタンダードとなるという指摘。
これも昨今の「スマホやタブレットは使えるがPCは使えない」という、
MSXとかX1とかPC8801mk-IIとかを見てきた世代からすると嘘だろうという世代が生じていることにも繋がり、
これから生きていく上で意識しなければならないと思う。
そういえば我が家の子供たちも、スマホやタブレットは使えるが、PCは使えないんじゃないだろうか。問題である。

【目次】
第1章 ハカセの研究最前線
第2章 ハカセはいかにつくられたか
第3章 ハカセをいかに育てるか
第4章 理科的生活
第5章 『1Q84』のゲノムを解読する
第6章 私はなぜ「わたし」なのか?
第7章 ルリボシカミキリの青

 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: エッセイ

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

自分で考えてみることの大切さ。「人生一般ニ相対論」  

人生一般ニ相対論
須藤 靖



三日月とクロワッサン」(レビューはこちら)が面白かったので、
同著者の本を入手。順番としては、こちらが先の刊行である。

三日月とクロワッサン」で考察が含められている「クロワッサン問題」の走りも収録されているため、
やはり順番としてはこちらを先に読んだ方が楽しめる。
といっても、国ごとによる正答・誤答に対する◯×の記載方法の違いや、
「ガリレオ・ガリレイ」の名前の問題、
シュレディンガーの猫で有名な「シュレーディンガー」の表記の問題(「ー」が違う)など、
ちょっとしたテーマに関する掘り下げ・考察が、軽妙な文章で楽しめる。

通底に流れているのは「相対論」。
ただ、実際の相対論というよりも、
「立ち位置(国、言語、世代等)によってモノの見方は変わるよね」というものだ。
本書は、具体的な何かを学ぶというものではなく(失礼)、
「モノの見方の多様性を楽しむ」というものだろう。

なお、本文は横書きなので、ちょっと最初は馴染みにくいかもしれない。

【目次】
基礎編
 海底人の世界観
 外耳炎が誘う宇宙観の変遷
 都会のネズミと田舎のネズミ ほか
応用編
 土曜の昼、午後3時半
 高校物理の教科書
 東京大学大学院理学系研究科物理学専攻 ほか
問題編(復習問題25)
ちょっと長いあとがき
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: エッセイ

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

出会いは一期一会。「杏のふむふむ」  

杏のふむふむ




スタートはモデルとのことだが、
最近はTVドラマに出ていることも多いようである(子どもが見ているのを横目で拝見)。

そこかしこで伝え聞くお話では、本好き・歴史好きとのこと。

特に興味があったわけではないが、古本屋でふと本書の文庫版を手に取ったところ、
その文章が読みやすく、それでいて独自の個性があることに惹かれた。
ちょっとニュアンスは違うけれども、明るい軽妙さ、というところ。

読みやすい文章を書く人は多いが、そこに個性を盛り込むのはなかなか難しい(と思う。自戒を込めて)。

また、その題材が芸能界のよしなし事というドーデモ良いことではなく、
一人の本好き・歴史好きの方が、様々な人との「出会い」を大切に語るというものだ。

文は人なりというが、文章・題材共に、とても魅力的な雰囲気が感じられた。

僕が読んだのは単行本、どうも文庫版にはムラカミハルキが解説を寄せているようで、
どってかというとそちらが良い。
だが、本の佇まいとしては、単行本の方が似合っている。

杏氏の個人的な出会いのエピソードだし、
それこそが本書の愉しみなので、詳しくは語らない。

ただ、
・陶芸とマタギの旅
・出会えなかった出会い
には、一期一会という言葉を再度噛みしめさせられるものがあるし、
・穂高成人式
には、手に汗握る思いだった。

また、
・フィレンツェ・ラビリンス
では、イタリアに興味がある者として、さっそく章中で触れられている本を手配したことは、言うまでもない。
(また紹介したいが、興味深い本だった。「前世への冒険 ルネサンスの天才彫刻家を追って (知恵の森文庫) 」(レビューは後日))

モデルという職業は華やかだが、
外国で職業とするには、とてもハードでタフな世界だ。
そこを自ら切り開いた杏氏だからこそ、
様々な経験を、素敵な記憶に昇華できるのだろう。

そこかしこに散りばめられたイラストからも、杏氏の楽しさと明るさが伝わってくる。

単なる「タレント本」として見過ごすのは勿体ない一冊であった。

【目次】
大切な思い出
仕事での出会い
出会いは広がる
おまけ
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: エッセイ

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム