ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

見積不十分、訓練不十分。組織の犠牲となって死亡した199名。「八甲田山 消された真実」  

八甲田山 消された真実
伊藤薫



だが、それよりも重大なのは、誰一人として田代新湯を知らないし、田代街道もよくわかっていなかったことにある。ここでの訓練や偵察はやっていないし、地図もないのだから経路がわかるはずがない。経路がわからなければ遭難するのは当たり前である。



冬山遭難は残念ながら絶えることがないが、
中でも未曽有の規模で語り継がれるのが、八甲田における日本陸軍の雪中行軍遭難事件である。
1902(明治35)年1月、青森を出発した歩兵第5連隊は、極寒、準備不足、判断ミス等々を重ね、
ついに参加者210名中199名、実に約95%が死亡するという事態に至った。

これほどの事故でありながら、それが明治時代に起きたためか、
現在容易に入手できる文献は極めて少ない。
僕もそうだが、大半の方は、新田次郎の「八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)」で知り、それしか知識として持っていないのではないだろうか。

確かに同書は記録文学として著名であり、その絶望感・悲壮感を十二分に伝えてくれている。
ただ、これも1971年(昭和46年)9月に書き下ろしたものであり、
事件からは70年近く経過していることから、十分な取材があったとは言い難い。
また小説家である新田次郎が書く以上、そこにある程度の脚色が生じることもやむを得ない。

だが問題は、それによって「八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)」が史実であると、
僕自身もそうだが思い込んでしまうことだ。

本書は、新田次郎のネタ元である、小笠原孤酒という人物による調査記録「吹雪の惨劇」を始め、
当時の報道や大臣報告等の一次史料等も踏まえ、
しかも自身が元自衛官として八甲田の演習にも参加した経験を存分に活かしながら、
「八甲田山雪中行軍遭難事件」の実像に迫る力作である。

本書では、豊富な資料から、
この第5連隊の雪中行軍演習が、
同様に雪中行軍を計画していた歩兵第31連隊に対する、第5連隊の津川連隊長のライバル意識から、
短絡的な思い付きで実施されたものであると指摘する。
しかもその準備は小説よりももっと杜撰なものであることを、次々と明らかにしていく。

・連隊の誰も、目的地どころかその道中の地理を知らなかった。
・地図すら持っていなかった。
・第5連隊は1泊演習しか経験がなかった。
・事前演習もほんの近郊まで行っただけであった。
・神成大尉が指揮する第5中隊による演習であるにも関わらず、
 その上官である山口少佐が参加し、同大佐が指揮していたため、隊の指揮系統が破綻していた。
・第5連隊は遭難事故を全く想像しておらず、事故発生後の救出活動も後手後手に回るものだった。

そして、これらを隠蔽すべく、当時の報告等は大量に嘘・粉飾がなされていたのである。

また、新田次郎の小説では対照的に描かれている歩兵第31連隊の雪中行軍についても、
陸軍の権威を振りかざし、経由地の人々に饗応(接待)を求め、
地元民に案内を強制させ、最終的にはその案内者を切り捨てるかのような行動をとっていたことを指摘し、
決して理想的な隊ではなかったことを明らかにする。

新田次郎の小説では、どちらかといえば、
八甲田山の悲劇とは、神成大尉というリーダーの力量不足が主原因であると感じさせがちである。

だが実は、第5連隊の組織的な過ちが主原因であり、それを全力で隠蔽したのである。

それは、新田次郎の「八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)」では欠落しており、
しかも、事件の本質を大きく変えてしまう程重大なポイントである。

八甲田山死の彷徨 (新潮文庫)」を読んだ方は、必ず本書を併せて読むべきだろう。

【目次】
第1章 現代の八甲田演習
第2章 遭難前史
第3章 行軍準備
第4章 行軍開始
第5章 彷徨する雪中行軍
第6章 捜索と救助
第7章 三十一聯隊の田代越え
第8章 山口少佐死因の謎


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 事件・事故

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

西洋博物学を支えた、伝説の標本商。「捕虫網の円光―標本商ル・ムールトとその時代 (中公文庫)」  

捕虫網の円光―標本商ル・ムールトとその時代 (中公文庫)
奥本大三郎



昆虫標本商というと常人には馴染みがないが、
世界に昆虫がいて、そして虫屋が遠く離れた世界の虫に夢を抱く限り、決して消滅しない職業である。

もちろん現代日本にも存在するし、現代でも川村俊一氏の著作は見たことがない世界を垣間見せてくれた(「昆虫採集の魅惑 (光文社新書)」(レビューはこちら)、「昆虫標本商万国数奇譚」など)。

だが、標本商が大活躍するのはやはり18世紀から20世紀前半、ヨーロッパ諸国による世界「発見」ブームの時期だろう。
西洋博物学が、文字通り未開拓の国に出会う時期。標本商にとって、これほど活躍できる時代は無かった筈だ。

そして本書はまさしく、20世紀前半、西洋諸国が様々な国に植民地を得て、
ブラックホールのようにその地の全てを吸い込んでいた時代に活躍したフランスの標本商、
ウジェーヌ・ル・ムールト(1882年-1967年)の評伝である。

ル・ムールトはフランス生まれではあるものの、父の仕事のために南アメリカに渡った。
そこで多種多様な昆虫に出会い、そしてそれらを捕る術を覚えた彼は、
成人後、自身もギアナ植民地の刑務所の官吏として着任し、思う存分昆虫を採る。
その後、フランスに戻り屈指の標本商として名をあげるようになる。

ル・ムールトについては、もちろん清廉潔白・高潔高邁という訳ではなく、
稀代の虫好きであり、虫を中心に生活するというタイプだ。
当たり前に生活のトラブルもあり、世俗的な欲求もある。

だが、1930~40年代、英・仏・独の多数の標本商が世界中の植民地等を舞台に活躍していた時代に、
奥本氏によれば
「とくに著名な標本商をあげるならば、ドイツのシュタウディンガー商会、フランスのル・ムールトとデロール、イギリスのワトキンス・アンド・ドン・カスター紹介、というとになるであろうか。」
とまで成るのは、やはり南米での採取屋との強固にパイプと、
ル・ムールト自身の虫屋としての創意工夫によるのだろう。

本書はそうした立志伝の物語であるのだが、よくある伝記とは全く異なる楽しさがある。
それは、著者自身が名うての虫屋であり、かつフランス文学者でもある奥本大三郎であることだ。

そのおかけで伝記の時代背景等については諸文献を踏まえて詳しく、
また昆虫に関する知識についても、見事な口絵とあわせて、損失がない。

このテーマにしてこの著者ありというか、世界中でもこれ以上のル・ムールト伝はないだろう。

そして、標本商に興味がない方であっても、
20世紀初頭のフランスおよびフランス植民地の状況を知るうえでも、恰好の一冊である。

対象であるル・ムールトに対する優しい視線、昆虫及びフランス近現代史に関する詳しい知識と、
まさに読むことが楽しい伝記である。

【目次】
序 最晩年の肖像
1 ブルターニュの石頭
2 南米との出会い
3 採集人になる
4 二度目のギアナ
5 パリの学生生活
6 モルフォ大作戦
7 昆虫界半世紀の蝶瞰図



 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 昆虫

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 1

色って、何?「光と色彩の科学―発色の原理から色の見える仕組みまで (ブルーバックス)」  

光と色彩の科学―発色の原理から色の見える仕組みまで (ブルーバックス)
斎藤勝裕



色って、何だ。
世界は色彩に溢れている。
だか、色とは実は何か、どのようなメカニズムで発色している(ように見える)のか等、
ごくごく基本的なことを、知らないままに生きている。

だが、「眼の誕生――カンブリア紀大進化の謎を解く」(レビューはこちら )に詳しいように、
現在の動物は、基本的に全て「見る」というトリガーによって進化してきた。
何を見るのかといえば、「色」だ。
もちろん形の認識もあるのだが、カモフラージュの例をみるまでもなく、
色を把握できなければ、フォルムの把握は困難である。

それほど動物にとって重要な「色」について、

その研究史、光のプリズム分解、マンセルの色立体や色度・色相環などの「色」を表す努力、
また眼や視神経の構造、電灯や蛍光灯、生物発光などのメカニズム、
構造色、そして色彩心理学等々、

とにかく色と光に関する基本的事項を、
僅か200ページ弱の一冊に、力技で網羅的に纏め上げたのが、本書である。

刊行は2010年であり、さほど内容も古くなっていない。
もちろんこれほどコンパクトに纏めたために、光子を中心として物理学的な解説はややおろそかになっているものの、
とにかく「色」の本質について知るために、最初に読むのには最適の一冊。
ブルーバックスの面目躍如といった本である。

この本を読んだうえで、構造色や生物進化、生物発光等の様々なテーマへ波及するのが、
色や光、視覚に関して知るためには、最も容易なコースだろう。

あくまで入門書に徹し、かつ、高いレベルに誘導する。そうしたスタンスとして、良書である。


【目次】
第1章 色彩学の基礎
第2章 色彩の生理学
第3章 光の科学
第4章 色彩の化学
第5章 構造色の科学
第6章 色彩の心理学
第7章 未来の光技術
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 技術

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

謎めいた魅力を持つ生物の、真の姿。「オウムガイの謎」  

オウムガイの謎
ピーター・D. ウォード



現生の巻貝とアンモナイトを見比べた時、真っ先に目に付くのが貝の巻き方である。
現生巻貝は螺旋状に山形になる(立体的に伸張する)のに対し、
アンモナイトは平面的に伸張する。

そして、この巻き方に類似するのが、オウムガイである。

ただ似てはいるが、アンモナイトではない。
また、オウムガイも「生きた化石」と呼ばれるくらい、古い時代からいるらしい。

いったいオウムガイって何なの、と長らく疑問を抱いていた。

本書は1995年刊行。今となっては20年以上前の本ではあるものの、
それまでのオウムガイ研究史を網羅した、これを読まなくては始まらないという一冊である。

そもそも、実はオウムガイ類が生まれたのは古生代。今から5億年くらい前である。
その後、オウムガイ類の祖先種からアンモナイト類が生まれた。
すなわち分類群としては、アンモナイトよりも古いのである。

そのアンモナイトとの共通なのは、殻の構造。
現生貝類では開口部から突端までが中空であり、軟体部はその全てのスペースを利用している。
一方オウムガイやアンモナイトでは、成長に従って隔壁が形成され、その中空部が幾つもの部屋で区切られる。
その中空部にはカメラル液とガスがあり、そのカメラル液の量を増減することよって浮力を調整する。

そしてこの浮力を調整するという能力により、実はオウムガイはかなり移動能力が高い。

実はオウムガイは日周的に海中を移動する。
著者がパラオで発信機をつけた個体は、日中は水深300~400mにいるが、夜間にはサンゴ礁づたいに水深60m程度まで上昇する。そして大好物のロブスターの脱皮殻を食べるのだ。

また、平面的な移動も大きく、別の研究者は標識調査によって、
1年足らずの間に150kmも移動した事例を確認した。またその移動力によって、数日間で何kmも移動することも少なくない。

本書で示されるこれらの事実には驚くが、本書の醍醐味はこれだけではない。

そもそも、オウムガイは謎だらけの生きものだった。
ヨーロッパから遠く離れた南太平洋を中心に生息するため、そもそも生きた個体をヨーロッパで見ることじたいが困難である。
だから、オウムガイがどのようにして浮くのか、
その殻にある隔室はどんな役割をするのか。
(実はヨーロッパには乾いた殻しか届かないため、そもそも隔室にカメラル液があるという事実すら把握できなかった。)
それを確かめるためには、南太平洋の島に行くしかない。

1894年、27歳で初めて南太平洋に向い、
初めて軟体部を詳しく調べたアーサー・ウィリー。

1960年、生きたオウムガイのX線写真を撮影し、カメラル液の存在を明らかにしたアンナ・ビダー。

1962年、隔室とそれをつなぐ連室細管の働きにより、浸透圧の変化によってカメラル液の量が増減することが浮力の鍵と解き明かしたエリック・デントンとジョン・ギルピン=ブラウン。

ニューカレドニアでオウムガイを研究できるヌメア水族館を創ったアーサー・マーティン。

1977年、極めて多数のオウムガイに標識を付し、その移動を把握したクロード・スピノサとブルース・ソンーンダズ。

そしてオウムガイの垂直移動を把握した著者。

こうした連綿とした研究史について、
それぞれの研究者の手記や当時者へのインタビューにより、極めて具体的に綴られていく。

オウムガイを求めて彷徨う日々。
工夫したワナ。それを設置する苦労、それでいて何度も失われるワナ。
サンゴ礁の真っただ中で故障する船のエンジン。
オウムガイを調査中に遭遇するサメ。
様々な苦労、挫折、人々の確執等々、
研究することの楽しさと苦しさが、この一冊に凝縮されている。

こうした長い研究により、オウムガイの浮力の謎は解明された。

また本書ではそれ以外にも様々なオウムガイの謎を解き明かしていく。

現生オウムガイは化石種のオウムガイとは異なること(だから種としては「生きた化石」ではない)、

世界のオウムガイは、少なくとも2つの生物地理学的グループ、
すなわち深海によって陸地から隔てられた島々に生息するオウムガイ(オウムガイ、パラオオウムガイ、オオベソオウムガイなど)と、
オーストラリアとニューギニアに生息するグループに分類されること。

というのも、オウムガイは高い移動力があるものの、
水深約360m以浅に長くいると浮力調整システムに支障をきたす一方、
水深600m以深だと殻が破壊される。
ところがオウムガイは、底が見えないところを長距離泳ぐことはできない(しない)ため、
ちょうど良い深さで続く海しか移動できないのである。

またその繁殖も、プランクトンのように海流で分布することはできず、
孵化時点で直径2.5cm程もある。
だから、幼体のうちに大きく分布を広げることもできないのだ。

これらの事実を踏まえたうえで、しかしオウムガイは種としては決して古くはない。
むしろ、現生オウムガイ類は種としては非常に新しく、むしろ種が拡散しつつある段階にあるという研究結果もある。

だが最終章、著者が調査に訪れたセブ島では、
サンゴ礁の破壊、土産物としてのオウムガイの乱獲、水質汚染等により、
かって大量に生息していたオウムガイは、ほぼ見られなくなっていた。

オウムガイと同時代に生きていることを喜び、そして次世代にもその喜びを味わってほしい。
その不思議な魅力的を伝える、素晴らしい一冊である。

【目次】
第1章 初期の航海
第2章 太平洋の大海原で
第3章 オウムガイの観察
第4章 オウムガイ類の浮力について
第5章 オウムガイの寿命
第6章 実証された成長率
第7章 浮力調節の役割
第8章 オウムガイの垂直移動
第9章 オウムガイは何種類いるのか
第10章 待望の受精卵
終章 一九八七年、フィリピン諸島
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 軟体動物

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

DNAに対する理解は、ここまで進んだ。「エピジェネティクス――新しい生命像をえがく (岩波新書)」  

エピジェネティクス――新しい生命像をえがく (岩波新書)
仲野 徹



エピジェネティックな特性とは、DNAの塩基配列の変化をともなわずに、染色体における変化によって生じる、安定的に受け継がれうる表現型である p21


DNAの二重らせん構造がワトソンらによって提唱されたのが1953年。
遺伝のメカニズムを解明する鍵を人類は手に入れた。
そして、キャリー・マリスがDNAの効率的な増幅方法であるPCR法を発表したのが1987年。
少量の分析試料を劇的なスピードで増幅させることで、DNA分析をごく限られた研究者の世界から、
一気に商業ベースへ引き込んだ。
その結果、DNAさえ分かれば全てわかるかのように思われていたが、
その背後で研究され、見出されたのがエピジェネティクスという仕組みである。

単純に言えば、
DNAに対して「修飾」がなされることで、
その遺伝子の発現が活性化されたり抑制されたりすることである。

従来の遺伝子だけだと、単に親から受け継いだ遺伝子を次世代に渡すのみだった。
だが実際には、ある個体が生きている間に、
様々な要因―栄養状態や環境圧等々―によりDNAに「修飾」が加えることによって環境に最適化したとき、
その活性化/不活性化という「修飾」も、遺伝子と共に次世代に受け継がれうる。

「親から受け継いだ遺伝子のみ」が遺伝されるのではない、という点で、
エピジェネティクスは極めて重要な知見なのである。

ただ誤解されやすいのは、ラマルクの用不用説の復活ではない、という点だ。
受け継がれるのが生殖細胞由来の遺伝子である(ただ、それに修飾が伴う)という点については変更がないため、生きている間に獲得した形質が、そのまま生殖細胞に修飾を及ぼすわけではなく、引き継がれもしない。
ただ、生殖細胞に及ぼされた修飾のみが影響し得るのである。

この点について、本書では、次のように説明している。

一方で、用不用的な獲得形質と、環境因子は区別して考える必要がある。薬物や栄養状態という外界からの影響は、体細胞だけでなく、同じような変化を生殖細胞に及ぼす可能性がある。このような場合には、生殖細胞に生じたエピジェネティックな変化が遺伝しうることが示されている。/略/しかし植物では少し話がちがってくる。生殖細胞のできるタイミングの違いとDNA脱メチル化のちがいから、獲得されたエピジェネティックな変化が比較的容易に次世代に伝わりうるのである。


エピジェネティクスの概念を理解するには、具体例でみる方が早い。
本書では「くわしく調べられているわけではない」が、たぶんエピジェネティクスによるものというちょっと弱い事例ではあるし、エピジェネティクスに依らずともに説明が可能なのでちょっと苦しいが、
一読して最も分かりやすいのが、ロバとウマ、ライオンとトラの異種間交配だ。

ロバとウマは、交雑が可能である。
ただ、
♂ロバ×♀ウマ=ラバ、
♀ロバ×♂ウマ=ケッティ と、呼び名が違う。

それは、次のような違いがあるからだ。
ラバ:ロバに似る。大きい。粗食に耐え、おとなしい。
ケッティ:ウマに似て、扱いにくい。

同様に、ライオンとトラも交雑可能であるが、これも
♂ライオン×♀トラ=ライガー
♀ライオン×♂トラ=タイゴン と、呼び名が違う。
ライガーはトラに似た模様で、ネコ科で最大サイズになるが、
タイゴンは両親よりも小さく、模様も様々である。

いずれもDNAの種としての比率は、
ロバ1/2 + ウマ1/2
ライオン1/2 + トラ1/2 と同じであるのに、
なぜ親が♂か♀かで、形質が異なるのか?

DNAのみで説明する場合、
♂の性染色体にのみ存在する遺伝子による限性遺伝の結果とも言えそうだが(もちろん僕の的外れな考えもしれない)、
これも生殖細胞時、ゲノムに対して何らかの情報の追加(ゲノム刷り込み)が♂♀で異なり、
それが表現型に影響を及ぼした、と考えられる。

本書では、こうしたエピジェネティクスについて、
執筆時点で判明しているメカニズムや事例等を踏まえながら解説していく。
ただ全体的に内容が専門的で、
特に第2章、エピジェネティクスの分子基盤としてメカニズムを解説している個所が、やや難儀。
正直なところ、1度はここで読むのを挫折した。

エピジェネティクスを理解するためには避けて通れず、
また以降の各事例を適切に読み取るにも欠かせないのだが、
メカニズムの説明はどうしても細かなDNAの分子レベルの話となるとともに、
まだ未解明な部分もあって、理解が追いつかない。
ただこれは著者のせいでなく、エピジェネティクスという分野そのものの問題だろう。

だが、遺伝やDNAを理解するうえでは、今後避けられないテーマでもあることから、
ぜひ読み飛ばしつつも、とりあえず一読することをお勧めする。

本書を読みつつ気になったのが、これも僕の読み間違いかもしれないが、
昨今話題の「遺伝子組み換え」。
DNAの組み替えはもちろん可能だが、こうしたDNA修飾についてはどこまで配慮しているのだろう。

【目次】
序章 ヘップバーンと球根
第1章 巨人の肩から遠眼鏡で
第2章 エピジェネティクスの分子基盤
第3章 さまざまな生命現象とエピジェネティクス
第4章 病気とエピジェネティクス
第5章 エピジェネティクスを考える
終章 新しい生命像をえがく
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 進化論

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム