FC2ブログ

ちょっとヨクナレ ~読書と日記~

自然科学、歴史、ノンフィクション等の読書記録

エキサイティングだからこそ、冷静な読みが必要な一冊。「下山事件完全版―最後の証言」  

下山事件完全版―最後の証言 (祥伝社文庫 し 8-3)
柴田 哲孝



平成も終わろうかという時代になって、下山事件本を読んでいる。
「下山事件」とは、1949年(昭和24年)7月5日に国鉄総裁・下山定則が出勤途中に行方不明になり、
翌7月6日未明に轢死体として発見された事件である。

当時、国鉄は大規模な人員整理を手掛けている最中。
下山総裁はその首切りのために総裁になったようなものであり、事件前日には3万700人の解雇通告を出している。

このため、自殺・他殺のいずれにも理由が成立すること、

現場で遺体を検分した八十島信之助監察医は自殺と判断した一方、
東京大学法医学教室主任の古畑種基教授は、遺体の切断面に生活反応が認められず死後轢断と判定したこと、

警察でも、自殺とみる捜査一課と他殺とみる捜査二課があり、結論がでないまま迷宮入りしたことなどから、
自殺説・他殺説が入り乱れる状況となっている。

他殺説としては、轢断地点より前に続く「血の道」を発見した、当時の新聞記者・矢田 喜美雄による「謀殺 下山事件 (祥伝社文庫)」、
GHQの関与と推測した松本清張の「新装版 日本の黒い霧 (上) (文春文庫)」などがあり、
その延長上にあるのが本書である。

本書の肝は、著者の祖父が務めていた「亜細亜産業」が鍵を握っている、という論。
亜細亜産業とは本書によれば、GHQ内のG2という組織とも関係していた、
諜報・防諜などを行う「矢板機関」の隠れ蓑である。

その関係者の写真等も口絵として収録されている一方、
これまでの「下山本」―特に他殺論―の問題点等も指摘し、
いわば「下山事件他殺論」の(現時点での)仕上げを意識しているような一冊である。

なるほど戦後の占領下の日本にはこんな組織が暗躍していたのか、とか、
これなら下山事件も他殺であろう、と納得する一冊となっている。

ただし、疑念もある。
例えば、亜細亜産業の存在は確実ではある(だろう)ものの、
その裏の顔については、その論拠を自身の身内と、当時の代表者・矢板玄の証言だけに拠っていること。
この点を、裏機関だから当然だ、とみるか、おかしいとみるかは、読者の姿勢によって変わるだろう。

このように様々な点について、読者は自身で判断しながら読む必要がある。

というのも、下山事件については、
どうしても「他殺論」がインパクトが強くメジャーであるため、
その論のための牽強付会が見過ごされがちであるのだ。

例えば、轢断位置よりも前方にあった血痕、いわゆる「血の道」が、
他殺論では遺体運搬の論拠となっている。

しかしながら、当時は列車から糞尿等が垂れ流しであったため、
女性の経血である可能性があること、
また同所では自殺もあり、その古い血が検出された可能性も指摘されている。
さらに、「血の道」発見に用いられたルミノールは、古い血でも反応すること、
また轢断地点から前方に、当時矢田記者らが入手できた量の範囲で調査されているだけであり、
実際に検出されたものが全てとは言い難い。
また、他の路線等での比較調査もなく、この現場特有の状況なのか否かも不明である。
また血液型にしても、下山氏のAMQ型といくつか一致したとされているが、
そもそもMN式およびQ式の血液型鑑定がABO式のそれに比べて困難であり(しかも昭和20年代である)、
そもそも下山氏のAMQ型というのも推測である。

このように、他殺論にとって不都合な事実は省略されているのが、
他殺論の諸本で指摘されている問題点である。

本書も一仮説として読む分には良いが、
この一冊や、前出の他殺論だけを読んで下山事件を理解するのは、危険だろう。

本書のように自殺論・他殺論が混在する事件については、
あくまで、自身で考える材料として、関係本をバランスよく読む必要があるだろう。

とはいえ、実のところ自殺論は、その内容が地味なために商業ベースに乗りづらく、
そもそも入手が困難である。

しかし、良質な解説サイトも公開されている。
全研究下山事件 

本書などの他殺論を読むときには、
あわせてこうしたサイトも確認しておきたい。



 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 事件・事故

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

2018.11.14-17 愛犬が臭い。ムカゴを採る。  

2018.11.14-17 愛犬が臭い。ムカゴを採る。

●11.14(水)
漫画の時間 (新潮OH!文庫)」を読了。
懐かしい漫画家がたくさん紹介されていて、とても楽しい。
中でも、吾妻ひでお氏だ。
いしかわじゅん氏と吾妻ひでお氏といえば、双方が漫画内でおちょくり合うのが定番だったが、
吾妻氏は一時、アル中になり失踪したりと(「失踪日記」に詳しい)、
漫画家どころか人としていかがなものか、という状態に陥っていた。
その吾妻氏が長い長い取材旅行(「失踪」という言葉も使っていない)から戻ってきたのが、
本作執筆時点。
そしていしかわ氏は、吾妻氏が再び漫画家として活動するのを、
「ぼくは、待っている」と綴る。涙無くして読めない一節である。

ところで昨晩、愛犬が散歩中に、休耕田でくるんくるん寝ころんでいた。
日も暮れていたし、何か気になるニオイがあったのだろうなぁ、と眺めていたのだが、
本日、とてつもなく臭い。
いったい何を体にこすり付けたのか。毛もカピカピになっているし。
もう鼻が曲がりそうである。全く撫でる気にならない、というか、
ちょっとでも触ると、その手が毒手になるのである。

●11.15(木)
まだまだ臭い。撫でるだけで指先が腐ったかのよう。
帰宅後、息子の協力を仰ぎ、お湯やウエットティッシュで愛犬を拭く。
汚れはとれたが、まだ臭い。
強烈な臭さは無くないものの、鼻を突く刺激臭は残っている。

さて、1979年(昭和54年)1月26日、三菱銀行北畠支店で銀行強盗が発生した。
犯人の安易な計画は、行員や警察官の予想外によりすぐ破綻。
客と行員30人以上を人質にし、警察官を含む4人を射殺。
籠城中には負傷者の耳を削がせたり、女子行員を全裸にして人間の盾にするなど、
常軌を逸した行動を行い、犯人は最終的には射殺された。
この、「三菱銀行人質事件」を起こした梅川昭美の生涯を追ったのが、
破滅―梅川昭美の三十年 (幻冬舎アウトロー文庫)」。本日読了。
徹底的な自己中心性、無計画性に唖然とする。
が、現時点からみれば、以降に起こった多くの犯罪も、梅川と同様のものが多い。
梅川の事件はこの時代においては特異点だったが、
以降の犯罪史から見れば、自己中心的な人間による、無計画な大量殺人の出発点だったと思われる。

●11.16(金)
珍獣の医学」を読了。
著者の獣医師の真摯さ、熱心さには頭が下がるのみ。
負けないくらい、ペットを飼う側が学び、律し、ペットを慈しまなければならない。
と思いつつ、まだ愛犬は、臭い。

●11.17(土)
早朝から鳥類標識調査で山へ。朝食は抜き。
青いルリビタキ、シロハラ、クロジなど冬鳥も確認でき、満足。待望のモズも。
撤収後、少しムカゴを採って帰る。帰宅は13時。
まだ元気が残っているので、愛犬を洗う。
15kg程度の雑種犬が、風呂場で逃げる逃げる。大変である。
だが、何とか臭いはとれた。一安心。!

ところで、明日は月一回の野鳥観察会。
香川県にお住いの方は、ぜひ9時に土器川生物公園へ!


 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:日々のこと

tb: 0   cm: 0

ここではない、何処かへ。「お父さん、フランス外人部隊に入隊します。 (廣済堂文庫)」  

お父さん、フランス外人部隊に入隊します。 (廣済堂文庫)
駒村 吉重



お父さん、フランス外人部隊に入隊します。契約は5年間です。申し訳ありません、どうしても言えませんでした。

愛媛で生まれ育った森本雄一郎氏が、大学の卒業旅行でアメリカに行くと称し、
実際はフランスへ渡り、外人部隊に入隊したのは、1995年(平成7年)のことである。

僕も同世代だったので覚えているが、ちょうど自分自身が学生の頃が、バブルであった。
高校・大学生の頃は、
好景気な世の中を見て羨ましいと思いながらも、
同時に、あまりにも浮かれている社会人を見ていると、
ちょっとその浅薄さが酷すぎるのでは、と感じることも在った。

そして、本書の主人公でもある森本雄一郎氏が育ったのは、愛媛県の旧城辺町。
愛媛県の南端に位置するそこは、陸の孤島とも言われるような地でもあり、
学校が地域の中心であるような旧い町である。

そこで雄一郎氏は、厳格な父の元、一家の長男として育つ。
その実直な性格とバブル景気は相容れる筈もなく、
日本と日本人に対する失望感が、雄一郎氏を「ここでない何処かへ」駆り立てる。
その先が、フランス外人部隊であった。

だが、一家の長男であること、
また旧い家・地域を思い返せば、家族の理解が得られる筈は、ない。

そのため雄一郎氏は、一人フランス外人部隊に入隊するための準備を行い、
上記の通り、アメリカに卒業旅行へ行くと偽ったまま、失踪してしまう。

そして冒頭の手紙は、入隊後の審査期間中、日本に帰国することとなった人に託した、
紙切れに書いた3行だけの手紙である。

この紙切れによって、父は雄一郎氏が、いつの間にか
身体的にも精神的にも、全く理解できない処に行ってしまっていることに気付く。

本書は雄一郎氏の失踪から、
フランス外人部隊を除隊するまでの5年間、父と雄一郎氏の間で交わされた手紙を中心とした、
父と子、家族と子の喪失と再生の物語である。

雄一郎氏の焦燥感と、家を守ることを自身の人生とした父。
その間にある溝は深く、
おそらく今もまた、多くの家庭に存在する溝だろう。

その溝が、何を破壊し、何を産んだのか。
本書はフランス外人部隊入隊という極めて特殊な事例乍ら、同時に極めて普遍的な物語でもある。

もちろんフランス外人部隊への入隊方法や審査内容、訓練状況など、
なかなか知ることができない内容もあり、読み物としても十分面白い。

だが、本書はそういう面を強調したキワモノではなく、
誰もが精一杯生きている家族の、
だからこそ生じた葛藤を記録した本である。

「ここでない何処かへ」という焦燥感に駆られている若い人、
そしてそうした子を持つ親。
それぞれの立場で、共感し、学ぶところが在る一冊だろう。


【目次】
手さぐりの対話
パリからの手紙
砕けた平穏
志願します!
父の煩悶
ケピ・ブラン
明るい知らせ
ギアナの暑熱
小市民的人生
桜花
除隊、それから
文庫のための短い終章 子わかれ
 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: ノンフィクション

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 0

2018.11.10-13 カレ玉うどんは美味い、そしてまた本を購入。  

2018.11.10-13 カレ玉うどんは美味い、そしてまた本を購入。

●11/10(土)
本来は野鳥の調査をしたいのだが、土日ともに朝は脚(車)が無くて不可。
しかたがないので、土曜日は家の風呂を掃除した。
数年前から、体が動く気になる春秋を掃除・片付け期間にしている。
もちろん年末に大掃除してピッカピカで新年を迎える方が運気的に良いと思うが、
年末は寒くて掃除なんかしたくない。
その他、片付けやこのブログ用の本の記録を3つ書き、愛犬の散歩に行ったら一日終了。

●11/11(日)
所用で高松、昼食は郷東のこだわり麺やへ。
郷東店は見た目がカフェ。この支店で一押し(たぶん)のカレ玉うどんを食す。美味。
無料でもらえる紙エプロンを付けていたら、やっぱりハネていた。
カレーうどんがハネるのには表面張力がうんたらかんたら、という難しい理論があった気がするが、
詳しい事を書いている本があるだろうか。

で、この郷東店の近くに、ブックオフ郷東店が在るのである。困ったものである。
当然寄り道。収穫は5冊。
ミュンヘン―オリンピック・テロ事件の黒幕を追え (ハヤカワ文庫NF)
1972年のミュンヘン・オリンピックの際、
パレスチナ武装組織「黒い九月」により、イスラエルの選手らが殺害された。
この事件の関連本として、チェック。

対談集 妖怪大談義 (角川文庫)」は、先日読んだ喜国雅彦氏の「本棚探偵の冒険 (双葉文庫)」に京極氏が出没していたので、見かけたのも縁と思い購入。
対談相手は水木しげる氏や養老孟司氏、かと思えば夢枕獏氏、宮部みゆき氏、小松和彦氏など。

発掘を科学する (岩波新書)」は、科学的な考古学調査の事例集のようなもの。
刊行が1994年と古いので、「過去の先進的な取り組み」を振り返るように読むことになるだろう。

日本の動物はいつどこからきたのか 動物地理学の挑戦 (岩波科学ライブラリー)」は、
大好物の「なぜ、この種がここにいるのか」という生物地理学の本。

そして「カビ博士奮闘記―私、カビの味方です」は、もちろんタイトル買いである。
カビなんてと普通は思うが、敬遠していて面白い話を読み逃す方が損。本書に期待。

●11/12(月)
昨日の購入により積読が20冊を超える。僕はだいたい週2冊ペースなので、年内の読了は無理。
よってぼちぼち積読解消期間にすべきのだが、
本日また「すごい進化 - 「一見すると不合理」の謎を解く (中公新書)」をポチる。

●11/13(火)
漫画の時間 (新潮OH!文庫)」を読了。この本のいしかわじゅんは、漫画家を育てようとするディレクターだ。

ところで最近、夕食時には、桜庭一樹の「お好みの本、入荷しました (桜庭一樹読書日記)」を1~2章ずつ読んでいる。
取り上げるジャンルは僕の志向とちょっと違うし、フィクション系が多いのだが、
桜庭氏の楽しく読んでいる姿を拝読していると、ついつい読みたくなってくる。
いずれにしても、淡々と、何も気負わず、ただただ日々の生活の一部として本を読み続けるこのシリーズ、大好きである。
それにしても、やっぱり小説家の読みと感性は違うなあ。

さて、今から筋トレ。で、今日は早く寝ようと決意。

















 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 雑記:日々のこと

thread: 日々のつれづれ - janre: 日記

tb: 0   cm: 0

人類史上最悪のインフルエンザ・ウイルスは、どこに在る。「四千万人を殺した戦慄のインフルエンザの正体を追う (文春文庫)」  

四千万人を殺した戦慄のインフルエンザの正体を追う (文春文庫)
ピート デイヴィス



様々な感染症のパンデミックが懸念されるが、
やはり最も馴染み深いのはインフルエンザだろう。

最近は通常レベルと体感されるインフルエンザばかりだが、
近くは、2009年に新型インフルエンザが世界的に流行している。

当時、我が家ではまず息子が罹り、息子が治ったと思ったら娘が感染。
まだ小学生だった娘の着替えを手伝っていて、
ふと気が付くと自身が39度。
翌日には妻も発症と、パンデミックとはこういうことか、と痛感した。
2009年の新型インフルエンザの死亡率は当初恐れられた程ではなかったから良かったものの、
これが1918-19年に世界で4000万人以上の死者を出したスペイン風邪と同様であれば、
我が家は全滅だっただろう。

スペイン風邪の猛威については、様々なインフルエンザ関連の文献に記載されている。
例えば日本の状況については 「日本を襲ったスペイン・インフルエンザ―人類とウイルスの第一次世界戦争」(レビューはこちら)が詳しいが、まさにバタバタと斃れるといった状態であったようだ。

そこまで人類を追い詰めたスペイン風邪とは、そもそも、如何なるウイルスだったのか。

実のところ、インフルエンザウイルスが分離される以前であったこともあり、
ウイルスそのものに対する知見は残っていない。

そのため、インフルエンザの危険性が見えていながらも、
最悪の事例については直接的な研究ができない状況にあった。

そこで思いつくのが、「当時のウイルスが何処かに残っていないか」ということである。

ただ、それは容易な話ではない。
時の経過によりウイルスの遺伝子自体が損傷することもあるが、
そもそもインフルエンザという感染症においては、
インフルエンザウイルスの量は感染後24~48時間にピークに達するが、
それ以降では急速に減少するためだ。
そのため、それ以降に合併症で亡くなった人の細胞には、
そもそもインフルエンザは殆ど含まれていない。

そうすると、感染後、極めて短期間に亡くなった患者を探し出し、
その感染組織の細胞が、何らかの形で数十年以上、良好に保存されている必要がある。

当時の死者が多かったとはいえ、そうした事例を見つけ出すことは困難だろう。

本書は、その困難に挑み、ついにスペイン風邪のウイルスを再発見するまでのドキュメントである。
チャレンジされた手法はいくつかある。

例えば本書で最初に紹介されるのは、
北極圏にあるスバールバル諸島において、当時インフルエンザで急死した7名の遺体が、
永久凍土層に埋葬されているらしい、という調査結果に基づき、
同地を発掘してみるというものだ。

永久凍土層に在るというのがポイントで、こうした凍結遺体には、
良好なウイルスが残っているだろうという推測が成り立つ。

そこで実際にチャレンジしてみるのだが、詳細は伏せるとして、
このプロジェクトは失敗に終わる。

それどころか、そのプロジェクトと並行してなされていた様々な試みから、
遂にスペイン風邪ウイルスが再発見されるのだ。

その経緯は、研究者間の確執や競争も如実に表れていて、
なかなか生臭い部分もある。
だが、スペイン風邪ウイルスという、人類史に残る疫病の正体を探るのであるから、
こうした争いも当然だろう。

本書では、こうした再発見に至るドラマを、じっくりと追体験することが可能となる。

スペイン風邪そのもの、またインフルエンザそのものや、
今後の感染症対策については、様々な本が刊行されている。
(本ブログでも何冊か紹介している。掲載本の一覧は、こちらや、検索窓から「インフルエンザ」で検索していただきたい。)

だが、現在のインフルエンザ研究の根幹の一部である、
スペイン風邪ウイルスの研究については、なかなか刊行されている本は少ない。
その中で、スペイン風邪ウイルスの再発見モノとしては、
おそらく本書が数少ない刊行書であり、容易に入手できるものである。


【目次】
第1章 香港でのちょっとしたできごと
第2章 新種の疫病
第3章 いのちのきわに
第4章 凍てつく海岸
第5章 ストレスは極限に
第6章 敬意と厳粛さ
第7章 生命のことば
第8章 三〇〇〇ドルとシャベル
第9章 おそろしく屈辱的なもの
第10章 プラグ・ドラッグ



 このエントリーをはてなブックマークに追加

category: 感染症

thread: 読んだ本の紹介 - janre: 本・雑誌

tb: 0   cm: 2

中の人

アクセス

RSSリンクの表示

最新記事

カレンダー

アクセスランキング

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム